クイズ!ヘキサゴンII

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
クイズ!ヘキサゴンII
QUIZ!HEXAGONII
放送局 Flag of Japan.svg 日本
ジャンル クイズ番組
放送期間 2005年10月19日 -
放送時間 フジテレビ水曜夜7時枠毎週水曜19:00 - 19:57 57
制作局 フジテレビジョン
企画/PD 西雅史、神原孝
監督/総指揮
演出 奥村達哉、神原孝
原作
脚本
出演者 島田紳助(司会)
中村仁美(アシスタント)
牧原俊幸(出題ナレーター)
(解答者はこちらを参照
音声 ステレオ放送
ナレーション
字幕 文字多重放送
データ放送
オープニング nil「hate beat」
エンディング アラジン陽は、また昇る
公式サイト フジテレビ
特記事項:
「クイズパレード」は2005年6月15日から。
テンプレート

クイズ!ヘキサゴンIIは、フジテレビ系列で毎週水曜日の19:00 - 19:57(JST)に放送されているクイズ番組である。2006年2月8日からハイビジョン放送、字幕放送

本項では『クイズ!ヘキサゴン』の末期で、2005年6月15日から10月12日まで毎週水曜日の19:57 - 20:54(JST)に放送されていた『クイズ!ヘキサゴン 今夜はクイズパレード!!』についても記述する。

目次

『クイズ!ヘキサゴンII』の概要[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

『クイズ!ヘキサゴン』の移り変わり[編集]

前番組『クイズ!ヘキサゴン』が視聴率低迷の為、2005年6月15日放送分から「今夜はクイズパレード!!」をサブタイトルにリニューアルし、6名×3チーム戦となった。2005年10月19日から『ヘキサゴンII クイズパレード!!』とタイトルが変わり、放送時間が1時間早くなった。正式なタイトルは『クイズ!ヘキサゴンII』だが、番組中でのロゴやタイトルコールは『ヘキサゴンIIクイズパレード!!』となっている。ちなみに、この「パレード」とは、スーパーバイザーの道蔦岳史が『ヘキサゴン』司会の島田紳助が同じく司会を務めている日本テレビ系列の人気番組『行列のできる法律相談所』の「行列」から来ている。[要出典]

おバカタレント[編集]

詳細は おバカタレント を参照

クイズにおいて珍解答をするタレントを「おバカタレント」と呼び、それが広く知られるようになったのはこの番組に因る。番組の醍醐味の一つとして、おバカタレントの珍解答と、島田紳助のおバカタレントいじりが挙げられる。

2007年中盤からその色は強まり里田まいつるの剛士木下優樹菜スザンヌ上地雄輔野久保直樹の「おバカ6人組」を中心に番組が進行されるようになり、後に女性3名はPabo、男性3名は羞恥心というユニットが結成され、CDデビューを果たした。

2008年7月にPaboと羞恥心の合体ユニット・アラジンを結成してCDを発売するに至る。

番組の進行[編集]

番組開始前に出演者に対して50問のクイズからなる予選ペーパーテストが行われる。番組のオープニングで予選ペーパーテストの結果発表が行われ、順位に基づいて知識レベルが均等な3つのチームが編成される。この3チームが賞金獲得をかけてさまざまなクイズで争い、全ステージを終えて得点が最も多いチームが優勝となる。

席順表[編集]

番組開始時の席順表[編集]

順位は「街角アンケート」による予選ペーパーテストの予想順位を示す。

18人参加の通常放送時(座席の色は2008年後期のもの)
第18位・第17位 第12位・第11位 第6位・第5位
第16位・第15位 第10位・第9位 第4位・第3位
第14位・第13位 第8位・第7位 第2位・第1位
  • 向かって右側の席に予想順位の上位、中央に中位、左側に下位の解答者が着席する。
  • 21人参加時は前から3列目に3人ずつ、24人参加時は前から2列目と3列目に3人ずつ着席する。

なお、この番組開始時に出演者が着席している場所は、行列早抜け!リレークイズ、21人(18人・24人)で一斉早押し!早抜けクイズ、嫌でもクイズに答えよう(早押し)ご指名クイズなどで正解した解答者が着席する場所やもちろんクイズ、ちゃんと出題できるかな!? アナウンスクイズなどでクイズをやっていないチームが待機する場所としても使われている。

解答者の席順表(チーム編成表)[編集]

番組のオープニングで司会の島田紳助が予選ペーパーテストの結果を1位から順に発表し、解答者は番組開始時の席から解答者席に一人ずつ移動する。予選ペーパーテストの点数が同点の場合は、五十音順で順位をつける。

18人参加の通常放送時(チームの色は2008年後期のもの)
水色チーム ピンクチーム オレンジチーム
第18位 第17位 第16位
第13位 第14位 第15位
第12位 第11位 第10位
第7位 第8位 第9位
第6位 第5位 第4位
第1位 第2位 第3位

最前列左から1、2、3位、2列目右から4、5、6位、3列目左から7、8、9位…のように、各チームの知識レベルが均等になるよう、成績順でジグザグに着席する。これは解答者数やチーム数が変わった場合も同様である。

Wぅ杯 番組交流戦スペシャル』の『はねるのトびら』チームのように、1チームのメンバーを固定した場合は、残りのメンバーの成績順でジグザグに着席する。FNSの日の中の企画として行われる本番組のスペシャル放送では、メイン司会者(中居正広香取慎吾明石家さんま)は「都合によりテストを受けることが出来なかった」として自分のチームの一番うしろの席(16位の席)に着席している。余談だが、2008年3月5日の放送では上地がテストを受けられなかった為、18位扱いになった。

この席順は予選ペーパーテストの結果発表時のほか、

といったコーナーのスタート時などで使用される。なお、「電撃4択クイズ どっちカニ〜!?」のスタート時は、この基本形とは逆にチーム編成はそのままで成績の悪い者が前になるように着席する。

全体のルールの変遷[編集]

  • チームカラーの組み合わせが「黄・緑・橙」(2005年 - 2006年)、「黄・緑・桃」(2007年)、「黄・桃・橙」(2008年10月15日まで)、「青・桃・橙」(2008年10月22日-)とほぼ1年単位で変わっている。例外として、2006年12月27日放送分は4チーム対抗戦により「桃・黄・緑・橙」であった。また、収録日と放送日の関係で、2007年1月24日放送分は「黄・緑・橙」、2008年1月9日放送分は「黄・緑・桃」と前年度の組み合わせのままであった。
  • 「クイズパレード」開始 - 2006年5月3日放送分まではチームごとにリーダーが決められ、チーム名がリーダーの名前で呼ばれていた。翌週の2006年5月10日より後述の「もちろんクイズ」において、代表者が問題毎に入れ替わるようになったことによって、チームリーダーの制度を廃止し、チーム名が色の名前で統一され、現在に至る。稀にチームの先頭に対し、リーダーと呼ぶ事もある[1]
  • 2007年5月から賞金をかけて争われるようになった。
  • 番組の進行中に島田紳助個人の判断で一時ルールが変更されることがある。

放映データ[編集]

放送時間[編集]

  • 毎週水曜日19:00 - 19:57(2005年10月19日 - )
    • 2005年6月15日から同年10月12日までは毎週水曜日19:57 - 20:54だった。
    • トリプルネット局のテレビ宮崎も同時ネット
    • テレビ大分(FNS・NNSクロスネット局)毎週木曜日16:55 - 17:53(22日遅れ、ただし週によっては土日に移動もしくは未放送、スペシャルは別時間)
    • 青森放送(NNS系)火曜日24:29 - 25:26(不定期放送、本来ネットしている『めちゃ×2イケてるッ!』がFNS系で特番による休止の場合に、穴埋めとして放送。スペシャルは1~2ヶ月遅れで土曜に放送されるが、未放送になる場合もあり)
    • 山梨放送(NNS系)土曜日16:00 - 17:00(不定期放送、青森放送と同様のパターン。最近はスペシャルも土日の昼間に放映する場合もある)
    • テレビ山口(JNN系)毎週日曜日15:00 - 15:58(約5ヶ月遅れ、ただしTBSのスポーツ中継の時は、休止もしくは時間変更の場合あり)
    • 四国放送(NNS系)不定期放送(テレビ朝日系列の特番が休止の場合のみ穴埋めとして放送。スペシャルのみを2ヶ月遅れで休日に放送されるが、未放送になる場合もあり。)

出演者[編集]

進行[編集]

主な解答者[編集]

以下は全て五十音順。

男性タレント[編集]

女性タレント[編集]

その他の出演者はクイズ!ヘキサゴンIIの出演者を参照のこと。

番組で結成されたユニット[編集]

2007年に番組内でPaboが初めて番組発ユニットとして結成されて以来、数々のユニットが結成された。「ヘキサゴンファミリー[2]」という総称がついており、2008年10月22日にアルバム『WE LOVE ヘキサゴン』をリリースする。

羞恥心
  • つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹
Pabo
  • 里田まい、スザンヌ、木下優樹菜
ラクダとカッパ
  • クリス松村、山根良顕
misono&ヒロシ
  • 品川祐、misono
AIR BAND
  • 岡田圭右、庄司智春、波田陽区、金剛地武志、山根良顕、田中卓志
里田まい with 合田兄妹
  • 里田まい、藤本敏史、misono、神戸蘭子(2009年3月11日放送分より加入)
アラジン
  • つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜
南明奈とスーパーマイルドセブン
  • 南明奈、崎本大海、波田陽区、小島よしお、藤本敏史、原西孝幸、クリス松村
トモとスザンヌ
  • 庄司智春、スザンヌ

出演者の記録[編集]

最年長出演

  • 74歳 大橋巨泉(男性)
  • 69歳 中村玉緒(女性)

最年少出演

  • 14歳 菅澤美月(女性)
  • 18歳 木村了(男性)

最長ブランク出演

  • 2年11ヶ月 磯野貴理(2005年6月29日~2008年5月21日)
  • 2年9ヶ月 山崎弘也(2005年8月17日~2008年5月14日)
  • 2年9ヶ月 柴田英嗣(2005年8月17日~2008年5月14日)

最多連続出演

  • 更新中 misono(2007年11月28日・初登場~2011年9月28日・最終回)※計159回連続出演・スタジオ見学出演も含む
  • 2008年~2011年まで4年連続で1回も休むことなく唯一の皆勤賞
  • misono・予選ペーパーテスト得点順位«トップ5»
  • 1位・20点(2010年5月12日・自身最高点数)
  • 2位・18点(2009年10月28日・スタジオ見学出演第1位&2009年最高記録)
  • 3位・17点(2009年10月14日・2009年第2位)
  • 4位・16点(2010年3月10日・2010年第2位)
  • 5位・15点(2010年12月15日・2010年第3位)

予選ペーパーテスト[編集]

ルール[編集]

18人(スペシャルの時は21人か24人のこともある)の芸能人・有名人が本番前に50問(1問1点、50点満点)の「予選ペーパーテスト」を行う。問題は小学校・中学校レベルの一般常識問題から最新の時事問題まで多ジャンル。このペーパーテストの制限時間は15分で、本番収録が行われるスタジオで実施される。

記録集[編集]

事項

  • 27(26)時間テレビの成績も含む(ただ、参加したが予選ペーパーテストを受けなかった中居正広、香取慎吾、明石家さんまは除外)。
  • 2008年8月6日放送分のドラマSPも含む。
  • 2007年9月26日放送分の沖縄合宿SP、2008年3月5日放送分の京都合宿SP、2009年3月25日放送分の宮古島合宿SPも含む(但し、予選ペーパーテストを受けなかった京都合宿での上地雄輔と宮古島合宿SPでの山根良顕、田中卓志、ダンディ坂野、小島よしお、波田陽区、元木大介、大沢あかねは除外)。
  • 2006年2月8日放送分で途中参加した香田晋、村上ショージ、若槻千夏、2007年9月26日放送分で途中参加した麻木久仁子、西川史子、山本モナ、2008年1月2日放送分で途中参加した麻木久仁子、山根良顕、田中卓志、2009年3月25日放送分で途中参加した麻木久仁子、西川史子、友利新は除外。
  • 2008年2月20日放送分、2008年9月17日放送分、2008年10月22日放送分は予選ペーパーテストを行わなかったので除外。

1位記録[編集]

1位獲得回数

|style="text-align;"|19||1||梶原しげる
順位 回数 出演者
1 35 ラサール石井
2 22 山本モナ
3 16 麻木久仁子
4 14 山根良顕
4 14 渡辺正行
6 11 水野裕子
7 7 高木美保
8 6 矢部太郎
8 6 湯浅卓
10 5 松尾貴史
11 4 宮川俊二
12 3 石原良純
12 3 江守徹
12 3 金剛地武志
15 2 石田純一
15 2 伊集院光
15 2 サンプラザ中野
15 2 デーモン小暮閣下
15 2 西川史子
19 1 アジャ・コング
19 1 大橋巨泉
19 1 ガダルカナル・タカ
19 1 叶美香
19 1 川合俊一
19 1 河村たかし
19 1 小林はるか
19 1 田中卓志
19 1 たむらけんじ
19 1 ダンディ坂野
19 1 本田聖嗣
19 1 三宅正治
19 1 宮崎美子
19 1 森永卓郎 -|}

最多得点

  • パーフェクト50点
    • 麻木久仁子のみ(2009年4月22日放送分)
  • 49点
    • デーモン小暮閣下(2005年10月19日放送分)
  • 48点
    • ラサール石井(2011年6月11日放送)
  • 47点
    • 麻木久仁子(2006年7月16日放送分、2008年4月9日放送分)
    • 宇治原史規(2009年12月9日放送分)
    • 山根良顕(2007年9月12日放送分)
    • 山本モナ(2007年9月12日放送分)
    • ラサール石井(2006年5月24日放送分)
  • 46点
    • 麻木久仁子(2008年6月25日放送分、2008年11月5日放送分、2009年3月4日放送分)
    • 石田純一(2006年3月15日放送分)
    • 高木美保(2007年4月18日放送分、2007年10月24日放送分)
    • 松尾貴史(2007年10月31日放送分)
    • 水野裕子(2007年9月12日放送分、2008年11月19日放送分)※2007年9月12日放送分は3位
    • 宮川俊二(2008年2月6日放送分)
    • 山根良顕(2009年3月18日放送分)
    • 山本モナ(2007年8月1日放送分、2007年12月12日放送分、2008年5月28日放送分)
    • ラサール石井(2006年5月3日放送分、2008年9月10日放送分、2009年1月21日放送分、2009年4月8日放送分)
  • 45点
    • 麻木久仁子(2008年10月1日放送分、2008年11月26日放送分)
    • サンプラザ中野(2007年8月8日放送分)
    • 山根良顕(2008年1月9日放送分、2008年5月21日放送分)
    • 山本モナ(2008年4月16日放送分)
    • ラサール石井(2008年5月28日放送分、2008年11月5日放送分)※共に2位
    • 渡辺正行(2008年11月19日放送分)※2位

1位最低得点

  • 25点
    • 山本モナ(2008年3月5日放送分)※このテストは30点満点
  • 32点
    • 湯浅卓(2005年8月31日放送分)
    • 矢部太郎(2007年5月16日放送分)
  • 33点
    • ガダルカナル・タカ(2006年6月28日放送分)
    • 西川史子(2006年7月5日放送分)
    • 山根良顕(2006年7月5日放送分)
  • 34点
    • 宮川俊二(2005年12月21日放送分)
  • 35点
    • 湯浅卓(2005年11月9日放送分)
    • たむらけんじ(2007年2月21日放送分)

同点1位記録者(左の人物が1位)

  • 山根良顕、ラサール石井(2005年11月16日放送分・40点、2009年2月18日・41点)
  • 麻木久仁子、宮崎美子(2006年5月10日放送分・40点)
  • 西川史子、山根良顕(2006年7月5日放送分・33点)
  • 高木美保、ラサール石井(2006年8月9日放送分・41点)
  • 石原良純、渡辺正行(2006年9月13日放送分・39点)
  • 江守徹、高木美保(2006年11月22日放送分・38点)
  • 江守徹、山本モナ(2007年3月7日放送分・43点)
  • 矢部太郎、山本モナ(2007年7月18日放送分・44点)
  • 山本モナ、ラサール石井(2007年8月15日放送分・44点)
  • 山根良顕、山本モナ(2007年9月12日放送分・47点、2008年3月19日放送分・43点、2008年5月14日放送分・39点)
  • 水野裕子、山本モナ(2007年10月17日放送分・44点)
  • ダンディ坂野、渡辺正行(2008年8月13日放送分・38点)

最年長獲得

  • 74歳 大橋巨泉(2006年11月15日放送分)

最年少獲得

  • 22歳 小林はるか(2008年8月27日放送分)

初獲得までの所用期間

  • 50回 田中卓志(2005年10月19日放送分~2008年10月15日放送分)

最長ブランク

  • 2年11ヶ月 石田純一(2006年3月15日放送分~2009年2月11日放送分)

1位獲得者の最低順位

  • 12位 田中卓志(2006年2月15日放送分)

女性3人が第1解答者を占めた放送分(成績順)

  • 叶美香、水野裕子、デヴィ・スカルノ(2005年10月12日放送分)
  • 山本モナ、麻木久仁子、眞鍋かをり(2007年8月1日放送分)
  • 麻木久仁子、斉藤慶子、友利新(2008年4月9日放送分)
  • 山本モナ、高木美保、小林はるか(2008年7月2日放送分)

最下位記録[編集]

順位 回数 出演者
1 37 misono
2 25 上地雄輔
3 21 里田まい
4 13 スザンヌ
5 11 木下優樹菜
6 9 野久保直樹
7 7 若槻千夏
8 4 大沢あかね
9 3 安倍麻美
9 3 香田晋
9 3 さとう里香
9 3 つるの剛士
9 3 夏川純
9 3 間寛平
9 3 福田沙紀
16 2 小倉優子
16 2 クロちゃん
16 2 鈴木拓
16 2 たいぞう
16 2 南明奈
16 2 三船美佳
16 2 三又忠久
16 2 安めぐみ
16 2 山田花子
16 2 梨花
26 1 阿井莉沙
26 1 赤井沙希
26 1 井岡弘樹
26 1 大桑マイミ
26 1 熊田曜子
26 1 倉田大誠
26 1 小泉瑠美
26 1 斉藤慶太
26 1 斉藤祥太
26 1 サエコ
26 1 坂田利夫
26 1 ジミー大西
26 1 ジャガー横田
26 1 時東ぁみ
26 1 中村玉緒
26 1 はなわ
26 1 早美あい
26 1 松野明美
26 1 松本康太
26 1 三津谷葉子
26 1 元木大介
26 1 矢口真里
26 1 安田美沙子
26 1 ロッシー

最低得点

  • 0点
    • 小泉瑠美(2007年5月16日放送分)
    • misono(2010年10月20日放送分)
    • 辻希美(2011年9月28日放送分・最終回)
  • 1点
    • 鈴木拓(2006年6月14日放送分)
    • 若槻千夏(2005年11月23日放送分、2007年8月1日放送分)
    • misono(2010年7月7日放送分)
  • 2点
    • 大沢あかね(2005年11月6日放送分、2006年3月22日放送分)
    • 上地雄輔(2007年9月5日放送分)
    • 木下優樹菜(2007年3月28日放送分)
    • 香田晋(2005年1月18日放送分)
    • スザンヌ(2007年5月9日放送分)
    • 若槻千夏(2005年11月6日放送分、2006年11月29日放送分、2007年2月21日放送分)
    • 辻希美(2009年6月10日放送分、2009年8月5日放送分、2009年8月12日放送分)
    • ローラ・チャン(2009年11月4日放送分)
    • 具志堅用高(2010年3月17日放送分)
    • misono(2010年10月27日放送分)
  • 3点
    • 阿井莉沙(2006年7月5日放送分)
    • 安倍麻美(2006年12月27日放送分)
    • 里田まい(2006年11月1日放送分、2007年5月16日放送分)※2007年5月16日放送分は17位。
    • ジミー大西(2008年7月26日放送分)
    • スザンヌ(2007年5月2日放送分、2007年6月20日放送分)
    • 鈴木拓(2006年12月27日放送分)
    • 中村玉緒(2008年7月26日放送分)
    • 具志堅用高(2010年8月4日放送分)

最下位最高得点

  • 16点
    • さとう里香(2009年2月18日放送分)
  • 15点
    • 安田美沙子(2005年11月2日放送分)
    • 小倉優子(2007年1月24日放送分)
    • 上地雄輔(2008年12月10日放送分、2011年4月20日放送分)
    • 具志堅用高(2011年4月20日放送分)
    • RYOEI(2011年4月20日放送分)
  • 14点
    • 木下優樹菜(2009年3月25日放送分)
    • 辻希美(2009年10月28日放送分)※自身最高得点
  • 13点
    • はなわ(2006年1月15日放送分)
    • 福田沙紀(2007年7月19日放送分、2006年8月16日放送分)
    • misono(2009年1月2日放送分)
    • 山田親太朗(2009年7月15日放送分、2010年3月3日放送分)
  • 12点
    • 矢口真里(2005年10月19日放送分)
    • ジャガー横田(2005年10月26日放送分)
    • 倉田大誠(2006年2月8日放送分)
    • 三船美佳(2006年5月3日放送分)
    • つるの剛士(2007年10月17日放送分)
    • 木下優樹菜(2008年10月1日放送分、2009年4月8日放送分)
    • 上地雄輔(2008年10月15日放送分)
    • 里田まい(2008年10月15日放送分)
    • 元木大介(2009年4月8日放送分)
  • 11点
    • 坂田利夫(2005年6月22日放送分)
    • 松野明美(2005年7月6日放送分)
    • 三津谷葉子(2005年9月14日放送分)
    • 三船美佳(2006年3月1日放送分)
    • 松本康太(2006年9月6日放送分)
    • 浜田翔子(2007年1月31日放送分)
    • 斉藤慶太、斉藤祥太(2007年2月7日放送分)
    • 野久保直樹(2008年3月19日放送分)
    • つるの剛士(2008年3月26日放送分)
    • 上地雄輔(2008年5月28日放送分)
    • misono(2008年6月11日放送分、2008年8月27日放送分、2008年11月12日放送分)
    • スザンヌ(2008年6月18日放送分)
  • 10点
    • 元木大介(2009年4月22日放送分)

同点最下位獲得者(右の人物が最下位)

  • 大沢あかね、若槻千夏(2005年11月6日放送分・2点)
  • 安倍麻美、鈴木拓(2006年12月27日放送分・3点)
  • 斉藤慶太、斉藤祥太(2007年2月7日放送分・11点)
  • 上地雄輔、野久保直樹(2007年8月29日放送分・4点、2008年1月30日放送分・10点)
  • たいぞう、野久保直樹、早美あい(2007年2月6日放送分・7点)
  • 里田まい、misono(2008年3月5日放送分・5点)
  • 上地雄輔、木下優樹菜(2008年7月16日放送分・5点)
  • ジミー大西、中村玉緒(2008年7月26日放送分・3点)
  • 上地雄輔、里田まい(2008年10月15日放送分・12点、2009年3月18日放送分・8点)
  • 木下優樹菜、スザンヌ(2009年2月4日・8点)
  • 木下優樹菜、元木大介(2009年4月8日・12点)
  • 辻希美、RYOEI(2010年2月3日・5点、2010年3月3日・7点、2010年3月10日・9点)
  • misono、山田親太朗(2010年12月1日・9点)
  • 上地雄輔、具志堅用高、RYOEI(2011年4月20日・15点)

最年長獲得

  • 69歳 中村玉緒(2008年7月26日放送分)

最年少獲得

  • 16歳 福田沙紀(2006年5月24日放送分)

初獲得までの所要期間

  • 20回 つるの剛士(2005年7月6日放送分~2007年10月17日放送分)

最長ブランク

  • 1年1ヶ月 木下優樹菜(2007年4月18日放送分~2008年5月21日放送分)

最下位獲得者の最高順位

  • 3位 安田美沙子(2009年10月28日放送分)
  • 4位 つるの剛士(2010年12月8日放送分)

男性3人がアンカーを占めた放送分

  • 間寛平、ワッキー、香田晋(2006年1月18日放送分)
  • 薬師寺保栄、輪島功一、井岡弘樹(2006年9月20日放送分)
  • 野久保直樹、つるの剛士、上地雄輔(2007年7月11日放送分)
  • つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹(2007年7月25日放送分)
  • つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔(2007年9月5日放送分)
  • たいぞう、野久保直樹、上地雄輔(2008年1月2日放送分)
  • つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹(2008年1月30日放送分)
  • 元木大介、森公平、山田親太朗(2009年12月16日放送分)
  • 山田親太朗、森公平、具志堅用高(2010年2月10日放送分)
  • 上地雄輔、森公平、RYOEI(2010年3月10日放送分)
  • 森公平、山田親太朗、松岡卓弥(2011年3月2日放送分)
  • 上地雄輔、具志堅用高、RYOEI(2011年4月20日放送分)
  • 森公平、山田親太朗、松岡卓弥(2011年8月3日放送分)

その他の記録[編集]

最大順位差

  • 35位差
    • 上地雄輔(最高6位、最低41位)
    • 41位(2009年10月28日・42名中)«15点»※2009年最低記録
    • 6位(2010年8月4日・25名中)«22点»※2010年最高記録
  • 20位差
    • つるの剛士(最高4位、最低24位)
  • 14位差
    • 野久保直樹(最高9位、最低23位)
  • 13位差
    • 神戸蘭子(最高4位、最低17位)
    • 波田陽区(最高2位、最低15位)
  • 12位差
    • 後藤輝基(最高3位、最低15位)
    • 庄司智春(最高6位、最低18位)
    • 長州小力(最高6位、最低18位)
    • 香田晋(最高8位、最低20位)
    • ほしのあき(最高8位、最低20位)
    • スザンヌ(最高11位、最低23位)
    • 里田まい(最高11位、最低23位)
    • 上地雄輔(最高12位、最低24位)
    • 木下優樹菜(最高12位、最低24位)
    • misono(最高12位、最低24位)
  • 11位差
    • 田中卓志(最高1位、最低12位)
    • 品川祐(最高3位、最低14位)
    • 増田英彦(最高4位、最低15位)
    • クリス松村(最高5位、最低16位)
    • 安田美沙子(最高7位、最低18位)
    • 大沢あかね(最高10位、最低21位)

同点が3人いた記録

  • 笑福亭笑瓶、野々村真、山本圭壱(2005年6月22日放送分・24点)
  • 魚住りえ、角田信朗、西川史子(2005年7月6日放送分・34点)
  • 彩輝直、井ノ原快彦、金子貴俊(2005年8月10日放送分・19点)
  • 小沢真珠、勝俣州和、波田陽区(2006年5月3日放送分・23点)
  • 井上聡、城之内早苗、堤下敦(2006年6月14日放送分・27点)
  • 小杉竜一、後藤輝基、千原ジュニア(2006年8月2日放送分・25点)
  • 陣内智則、中澤裕子、村上ショージ(2006年12月27日放送分・20点)
  • 大沢あかね、香田晋、マリエ(2006年12月27日放送分・12点)
  • ゴルゴ松本、トシ、藤本敏史(2007年5月30日放送分・33点)
  • 岡田圭右、小杉竜一、吉田敬(2007年8月1日放送分・36点)
  • 飯沼誠司、香田晋、中澤裕子(2007年10月10日放送分・21点)
  • 飯沼誠司、波田陽区、増田英彦(2008年1月2日放送分・25点)
  • たいぞう、野久保直樹、早美あい(2008年2月6日放送分・7点)
  • 赤井沙希、木下優樹菜、スザンヌ(2008年2月13日放送分・6点)
  • 松尾貴史、ラサール石井、渡辺正行(2008年3月26日放送分・41点)
  • 小島よしお、田中卓志、増田英彦(2008年3月26日放送分・32点)
  • アグネス・チャン、クリス松村、野久保直樹(2008年3月26日放送分・28点)
  • 香田晋、里田まい、南明奈(2008年8月6日放送分・17点)
  • 岡田圭右、小島よしお、田中卓志(2008年8月27日放送分・33点)
  • 岡田圭右、波田陽区、原西孝幸(2008年10月8日放送分・32点)
  • 小島よしお、品川祐、藤本敏史(2008年11月12日放送分・30点)
  • 上地雄輔、木下優樹菜、misono(2009年1月28日放送分・10点)
  • 岡田圭右、田中卓志、原西孝幸(2009年2月18日放送分・33点)
  • 野久保直樹、南明奈、矢口真里(2009年2月25日放送分・13点)
  • 上地雄輔、木下優樹菜、元木大介(2009年2月25日放送分・8点)
  • 神戸蘭子、クリス松村、つるの剛士(2009年4月8日放送分・26点)
  • 里田まい、misono、元木大介(2010年3月10日放送分・16点)
  • 上地雄輔、具志堅用高、RYOEI(2011年4月20日放送分・15点)

第1ステージのクイズコーナー[編集]

ちゃんと出題できるかな!? アナウンスクイズ[編集]

ルール
制限時間内に各チームの予選ペーパーテスト成績最下位者が問題文を読み、残るメンバーが解答する。ただし問題文の漢字や英単語には振り仮名が振っていない為、漢字や英単語を正しく読めるかが勝負の決め手となる。残りのメンバーは出題者が問題文を読み終えた後、早押しで解答(問題文を全て読み終えた後でないと早押しボタンは反応しない)。1問正解につき10点獲得。
解答者はどうしても正解が導き出せない場合はパスすることが出来る。なお、出題者の出題ぶりを見て紳助が強制的にパスさせたり、出題者の方がパスを勧めたのでパスした例もある。
実施時期
初登場は2006年9月13日放送の「秋の爆笑ノンストップ3時間スペシャル」で、レギュラー放送での初登場は2007年2月28日放送分。
過去の形式
2007年4月11日放送分からパスは1チームにつき3回までと制限された。使い切るとこれ以上パスできない。
備考
  • 出題者が問題を完全に読めることが少ないため、後述の「問題文の続きと正解を当てよう 早押し!大正解クイズ!!」と同じく、問題文を推測して回答を導き出すクイズとなる。
  • 各チーム問題終了後には「問題文おさらい」として出題者が読んだ問題文を読み直し、中村アナが正解を教えるというコーナーが行われる。
  • テレビの画面には問題文が表示されていたが、2007年5月16日放送分から、視聴者にも考えてほしいという配慮から、初めは漢字や英単語の部分が隠されるようになった。

記録・ハプニングなど[編集]

最高得点

  • 120点
    • 2008年2月6日放送分:野久保直樹(解答者:ラサール石井、関根勤、増田英彦、大沢あかね、小倉優子)
  • 110点
    • 2008年1月2日放送分:野久保直樹(解答者:田中卓志、渡辺正行、河本準一、波田陽区、ほしのあき、山川豊、misono、つるの剛士)
    • 2009年2月18日放送分:スザンヌ(解答者:ラサール石井、藤本敏史、田中卓志、クリス松村、大沢あかね)
  • 100点
    • 2008年4月30日放送分:木下優樹菜(解答者:山根良顕、岡田圭右、増田英彦、たむらけんじ、クリス松村、香田晋、つるの剛士)
    • 2008年5月14日放送分:上地雄輔(解答者:山本モナ、渡辺正行、後藤輝基、クリス松村、野久保直樹)
    • 2008年9月10日放送分:スザンヌ(解答者:ラサール石井、小島よしお、田中卓志、庄司智春、上地雄輔)
    • 2008年10月1日放送分:木下優樹菜(解答者:麻木久仁子、ダンディ坂野、品川祐、村田満、木下浩、野久保直樹、さとう里香)
    • 2008年10月15日放送分:野久保直樹(解答者:小林はるか、渡辺正行、世界のナベアツ、波田陽区、つるの剛士)
    • 2009年1月21日放送分:南明奈(解答者:ラサール石井、増田英彦、品川祐、スザンヌ、野久保直樹)

最低得点

  • 10点
    • 2007年2月28日放送分:マリエ(解答者:ラサール石井、千原靖史、千原ジュニア、庄司智春、アグネス・チャン)
    • 2007年5月16日放送分:里田まい(解答者:矢部太郎、徳井義実、増田英彦、松本伊代、近藤春菜)
    • 2007年5月16日放送分:金田美香(解答者:山本モナ、福田充徳、岡田圭右、八田亜矢子、大桑マイミ)
    • 2007年6月27日放送分:上地雄輔(解答者:山根良顕、品川祐、波田陽区、アグネス・チャン、庄司智春)
    • 2009年4月8日放送分:元木大介(解答者:ラサール石井、板東英二、藤本敏史、クリス松村、つるの剛士、矢口真里、里田まい)
  • 20点
    • 2007年4月11日放送分:山田花子(解答者:魚住りえ、ヨネスケ、品川祐、波田陽区、ほしのあき)
    • 2007年5月30日放送分:スザンヌ(解答者:渡辺正行、レッド吉田、ゴルゴ松本、真矢、白石みき)
    • 2007年10月17日放送分:つるの剛士(解答者:水野裕子、田中卓志、高橋英樹、メッセンジャー黒田、加藤沙耶香)
  • 30点
    • 2007年2月28日放送分:大桑マイミ(解答者:山根良顕、高木美保、田中卓志、波田陽区、磯山さやか)
    • 2007年5月16日放送分:小泉瑠美(解答者:山根良顕、田中卓志、波田陽区、佐藤弘道、箕輪はるか)
    • 2008年1月2日放送分:たいぞう(解答者:麻木久仁子、山本モナ、岡田圭右、増田英彦、井上聡、香田晋、里田まい、木下優樹菜)
    • 2008年2月6日放送分:たいぞう(解答者:矢部太郎、岡田圭右、田山涼成、安田美沙子、スザンヌ)
    • 2008年10月15日放送分:里田まい(解答者:田中卓志、野々村真、村田満、庄司智春、スザンヌ)
    • 2009年1月21日放送分:上地雄輔(解答者:板東英二、波田陽区、つるの剛士、庄司智春、元木大介)

脳解明クイズ![編集]

ルール
各チームの予選テスト下位2名の計6名(13-18位の挑戦者)が小学校レベルの計算問題にフリップで解答する。解答者席にはお互いの解答が見えないように仕切りが設けられ、解答者はお互いの会話が聞き取れないようにヘッドホンを装着する。シンキングタイムの前には「質問コーナー」が設けられ、解答者は出題された問題について、司会の紳助に質問することが出来る。その際、質問者のみヘッドホンを外して質問することが許され、他の5人はヘッドホンを着用しているので質問も質問の答えも聞こえない。計算式と答えが両方正解なら30点獲得、答えのみ正解なら10点獲得となる。但し、計算式を正解出来ても答えが不正解、もしくは勘だけで正解を書いて式が出来ていない場合は得点獲得はない。
実施時期
初登場は2007年4月25日放送分。
過去の形式
初登場の2007年4月25日放送分のみ、各チームの予選テスト最下位解答者(16位・17位・18位)の3名だけが参加。1人ずつ巨大な電卓を使って、「1800円の2割引きはいくらでしょう?」という問題を解いていった。得点は1回の計算式で正解できれば50点、計算過程にロスがあれば50点から減点されていくというルールだった。また、他の者が解答している際に残る解答者はお互いの計算方法が見えないようにスタジオに作られた、密閉された待合い室で待機していた。
備考
  • 問題自体は簡単な算数の文章題であるが、解法に関係のない数字や裏設定などが文中に散りばめられている。そのため、後述の「質問コーナー」とも絡めて、この設定に解答者がどう引っかかるかも見所となっている。
  • コーナー最初のCM明けの問題説明で流れる音楽は『ママとあそぼう!ピンポンパン』の番組内で歌われた「ピンポンパン体操」で、「質問コーナー」で流れる音楽はイエロー・マジック・オーケストラのファイアークラッカー。

戦績[編集]

解答者は成績順。

2007年4月25日放送分
  • 解答者は大沢あかね、松井絵里奈、里田まい。
  • 大沢、里田は不正解。松井は答えは当たっていたが、手間がかかったため20点だけ獲得。
2007年5月23日放送分
  • 解答者は岩佐真悠子、安田美沙子、中澤裕子、小倉優子、木下優樹菜、時東ぁみ。
  • 安田、小倉が正解。木下は不正解。岩佐、中澤、時東は式はあっていたが、答えが間違っていたので不正解。
2007年6月13日放送分
  • 解答者は陣内智則、ほしのあき、内山信二、大沢あかね、つるの剛士、里田まい。
  • 陣内は正解。ほしの、内山、大沢、つるの、里田は不正解。
2007年6月20日放送分
  • 解答者は長州小力、香田晋、間寛平、岡田唯、里田まい、スザンヌ。
  • 香田は正解。寛平は答えだけ書いていたので10点だけ獲得。小力、岡田、里田、スザンヌは不正解。
2007年7月4日放送分
  • 解答者は長州小力、山本梓、香田晋、里田まい、川田広樹、スザンヌ。
  • 山本は正解。川田は式が正確ではなかったがおまけで正解。小力、香田、里田、スザンヌは不正解。
2007年7月18日放送分
  • 解答者は熊田曜子、山田花子、木下優樹菜、里田まい、菅澤美月、スザンヌ。
  • 熊田は正解。里田、スザンヌは計算を直してなんとか正解。花子、木下、菅澤は不正解。
2007年7月25日放送分
  • 解答者はスザンヌ、里田まい、木下優樹菜、つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹。
  • スザンヌ、つるのが正解。里田、木下、上地、野久保は不正解。
2007年8月15日放送分
  • 解答者は飯沼誠司、安めぐみ、つるの剛士、木下優樹菜、野久保直樹、上地雄輔。
  • 飯沼、野久保が正解。安、つるの、木下、上地は不正解。
2007年8月29日放送分
  • 解答者は岩佐真悠子、つるの剛士、木村了、木下優樹菜、上地雄輔、野久保直樹。
  • 木村、上地が正解。岩佐、つるの、木下は不正解。野久保は答えは合っていたが、式が違っていたので不正解。
2007年9月12日放送分
  • 解答者はKABA.ちゃん、スザンヌ、つるの剛士、里田まい、木下優樹菜、上地雄輔。
  • KABA.ちゃんは正解。スザンヌ、つるの、里田、木下は不正解。上地は答えを2つ用意しており、その内の片方が正解だったので10点だけ獲得。
2007年10月10日放送分
  • 解答者はつるの剛士、里田まい、スザンヌ、野久保直樹、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 里田は正解。つるの、スザンヌ、野久保、木下、上地は不正解。
2007年10月24日放送分
  • 解答者は小倉優子、安倍麻美、上地雄輔、木下優樹菜、つるの剛士、スザンヌ。
  • 全員不正解。
2007年11月14日放送分
  • 解答者はつるの剛士、木下優樹菜、里田まい、スザンヌ、たいぞう、野久保直樹。
  • 全員不正解。
2007年11月28日放送分
  • 解答者はスザンヌ、たいぞう、里田まい、つるの剛士、misono、上地雄輔。
  • 里田は正解。misonoは答えだけ合っており10点だけ獲得。スザンヌ、たいぞう、つるの、上地は不正解。
2007年12月12日放送分
  • 解答者はつるの剛士、木下優樹菜、スザンヌ、里田まい、野久保直樹、上地雄輔。
  • つるの、里田、上地は正解。野久保は計算を直してなんとか正解。木下、スザンヌは不正解。
2007年12月19日放送分
  • 解答者はつるの剛士、時東ぁみ、野久保直樹、木下優樹菜、里田まい、上地雄輔。
  • 里田、上地は正解。つるの、時東、野久保、木下は不正解。
2008年1月2日放送分
  • 解答者はスザンヌ、つるの剛士、木下優樹菜、たいぞう、野久保直樹、上地雄輔。
  • 全員不正解。
2008年1月16日放送分
  • 解答者はT.AKIRA、木下優樹菜、里田まい、misono、上地雄輔、野久保直樹。
  • 全員不正解。
2008年1月30日放送分
  • 解答者は狩野英孝、夏川純、misono、つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹。
  • 上地は正解。狩野、夏川、misono、野久保は不正解。つるのは答えは正解だったが、勘で答えたことが発覚し不正解に。
2008年3月12日放送分
  • 解答者はスザンヌ、つるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜、misono、野久保直樹。
  • スザンヌ、つるの、上地、木下は正解。misono、野久保は不正解。
2008年3月19日放送分
  • 解答者は里田まい、上地雄輔、スザンヌ、木下優樹菜、つるの剛士、野久保直樹。
  • スザンヌ、野久保が正解。里田、上地は惜しい間違いだったため10点だけ獲得。木下、つるのは不正解。
2008年3月26日放送分
  • 解答者は里田まい、木下優樹菜、misono、上地雄輔、スザンヌ、つるの剛士。
  • スザンヌは正解。つるのは紳助の助けもあってなんとか正解。里田、木下、misono、上地は不正解。
2008年4月16日放送分
  • 解答者は野久保直樹、つるの剛士、岡田唯、里田まい、スザンヌ、上地雄輔。
  • つるのは正解。スザンヌは途中から絵だけ使って正解したので20点だけ、野久保、里田は全て絵を使って正解したので10点だけ獲得。岡田、上地は不正解。
2008年4月30日放送分
  • 解答者は南明奈、misono、つるの剛士、木下優樹菜、里田まい、上地雄輔。
  • 里田、上地は正解。南、misono、つるの、木下は不正解。
2008年5月7日放送分
  • 解答者は上地雄輔、松嶋初音、野久保直樹、スザンヌ、つるの剛士、misono。
  • 上地、松嶋、野久保、スザンヌ、つるのは正解。misonoは不正解。
2008年5月21日放送分
  • 解答者は海原はるか、野久保直樹、つるの剛士、里田まい、上地雄輔、木下優樹菜。
  • はるか、野久保、つるの、里田、上地は正解。木下は不正解。
2008年6月4日放送分
  • 解答者は里田まい、上地雄輔、池田夏希、つるの剛士、スザンヌ、misono。
  • 全員不正解。
2008年6月18日放送分
  • 解答者はつるの剛士、さとう里香、木下優樹菜、里田まい、上地雄輔、スザンヌ。
  • 里田は正解。上地は答えは違っていたが単なる書き間違いだったので特別に正解。スザンヌは答えは間違っていたが、途中までの式は合っていたので10点だけ獲得。つるの、さとう、木下は不正解。
2008年7月2日放送分
  • 解答者は村上ショージ、野久保直樹、つるの剛士、里田まい、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 上地は正解。野久保、木下は不正解。ショージ、つるの、里田は答えは正解だったが式が間違っていたので不正解。
2008年7月23日放送分
  • 解答者はつるの剛士、木下優樹菜、里田まい、misono、上地雄輔、赤井沙希。
  • 木下、里田、上地、赤井は正解。つるの、misonoは不正解。
2008年8月13日放送分
  • 解答者はつるの剛士、さとう里香、上地雄輔、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜。
  • つるの、さとう、上地、里田、スザンヌは正解。木下は不正解。
2008年9月3日放送分
  • 解答者はスザンヌ、赤井沙希、里田まい、上地雄輔、misono、木下優樹菜。
  • スザンヌ、赤井は正解。里田、上地、misono、木下は不正解。
2008年10月1日放送分
  • 解答者はさとう里香、つるの剛士、misono、上地雄輔、スザンヌ、木下優樹菜。
  • つるの、上地、スザンヌ、木下は正解。さとう、misonoは不正解。
2008年10月8日放送分
  • 解答者はスザンヌ、里田、上地雄輔、南明奈、木下優樹菜、misono。
  • 里田、misonoは正解。南はある程度の式は合っていたため10点だけ獲得。スザンヌ、上地、木下は不正解。
2008年10月29日放送分
  • 解答者は里田まい、スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔、misono、さとう里香。
  • misonoは正解。スザンヌは答えだけ合っていたので20点だけ獲得。里田、木下、上地、さとうは不正解。
2008年11月12日放送分
  • 解答者は里田まい、上地雄輔、木下優樹菜、さとう里香、スザンヌ、misono。
  • 里田、スザンヌ、misonoは正解。上地、木下、さとうは不正解。
2008年11月26日放送分
  • 解答者は野久保直樹、スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔、里田まい、misono。
  • 野久保、スザンヌ、里田、misonoは正解。木下、上地は不正解。
2008年12月17日放送分
  • 解答者はスザンヌ、里田まい、南明奈、上地雄輔、木下優樹菜、misono。
  • スザンヌ、里田、南、上地は正解。misonoは答えだけ正解したので10点だけ獲得。木下は不正解。
2009年1月14日放送分
  • 解答者は上地雄輔、野久保直樹、木下優樹菜、スザンヌ、misono、さとう里香。
  • 上地、野久保は正解。木下、スザンヌ、misono、さとうは不正解。
2009年1月28日放送分
  • 解答者は赤井沙希、スザンヌ、上地雄輔、木下優樹菜、misono、里田まい。
  • 上地、misono、里田は正解。赤井、スザンヌ、木下は不正解。
2009年2月11日放送分
  • 解答者は上地雄輔、野久保直樹、元木大介、西岡剛、木下優樹菜、misono。
  • 上地、野久保、木下は正解。元木、西岡、misonoは不正解。
2009年2月25日放送分
  • 解答者は矢口真里、スザンヌ、上地雄輔、木下優樹菜、元木大介、里田まい。
  • 矢口、上地は正解。スザンヌ、木下、元木、里田は不正解。
2009年3月11日放送分
  • 解答者は上地雄輔、元木大介、木下優樹菜、misono、スザンヌ、野久保直樹。
  • 今回は期末テストなので、2問正解したものから抜けていくので、木下、スザンヌ、misono、元木&野久保の順に勝ち抜け。
2009年4月1日放送分
  • 解答者は野久保直樹、上地雄輔、里田まい、木下優樹菜、misono、スザンヌ。
  • 野久保、上地、里田、misonoは正解。木下、スザンヌは不正解。
2009年4月8日放送分
  • 解答者は里田まい、南明奈、misono、スザンヌ、木下優樹菜、元木大介。
  • 今回はテーマに沿ったテストなので、4問中4問正解したら200万の予定でしたが、misonoと木下が3問正解したので、100万ウォン獲得。

第2ステージのコーナー[編集]

みんなで跳ぼう! 縄跳びクイズ![編集]

ルール
6人1組で行う「縄飛びクイズ」。縄飛びを飛びながら1人ずつクイズに答える。正解すればそのまま飛び続け、不正解ならチームの後ろにもう1度並ぶ。全部で2セット行い、最も多く飛べたセットがチームの得点になる。得点は飛んでいた人数×10点。さらに、「ヘ」「キ」「サ」「ゴ」「ン」とコールをしながら5回飛ぶとボーナスとして100点になる。知力と体力の両方が要求されるクイズ。
実施時期
  • 初登場は2009年1月2日放送分。レギュラー放送での初登場は2009年1月14日放送分。
備考
  • レギュラー化のきっかけは、このクイズでヘキサゴンメンバーの運動不足が露呈され、そんな状況を悲観した紳助がレギュラー化を宣言した事から。ちなみに初期のルールでは8人チームの為、8人全員正解した時点で100点が加算された。
  • このクイズは縄跳びを飛ぶ順番を自由に決めることができる。順番が最初の人は誰かが失敗、または全員成功するまで飛び続けなくてはならないので、ペーパーテストの成績に関係なく体力のある人が最初になることが多い。
  • 2セット目を行うとき、1セット目に順番が最初の人は体力を温存するために順番が最後になることが多い。
  • なお、女性でミニスカートを履いている人はその下に赤いジャージを着用する。</ref>(但し、飛んでも下着が露にならないものだったら、そのままの格好でクイズに挑戦する)。
  • 最後のチームが挑戦し終えた後に、縄跳びが苦手な回答者の為に特訓タイムを設ける事がある。
  • ルール説明時のBGMは円広志の『夢想花』で、各チーム紹介のBGMはAIR BANDの『アブラゼミ♂ 東京バージョン』。

記録・ハプニングなど[編集]

パーフェクト達成
  • 2009年1月2日・水色チーム(ラサール石井、岡田圭右、波田陽区、品川祐、庄司智春、野久保直樹、スザンヌ、misono)
  • 2009年1月21日・水色チーム(ラサール石井、増田英彦、品川祐、スザンヌ、野久保直樹、南明奈)
  • 2009年1月21日・桃色チーム(水野裕子、小島よしお、岡田圭右、矢口真里、里田まい、misono)
  • 2009年2月11日・橙色チーム(春日俊彰、若林正恭、庄司智春、鼠先輩、元木大介、西岡剛)
  • 2009年2月25日・水色チーム(渡辺正行、小島よしお、岡田圭右、南明奈、矢口真里、里田まい)
  • 2009年2月25日・橙色チーム(崎本大海、ダンディ坂野、庄司智春、つるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜)
  • 2009年3月11日・水色チーム(水野裕子、岡田圭右、棚橋弘至、赤井沙希、上地雄輔、野久保直樹)
  • 2009年3月11日・橙色チーム(渡辺正行、藤本敏史、神戸蘭子、つるの剛士、木下優樹菜、misono)
  • 2009年4月1日・水色チーム(ラサール石井、藤本敏史、原西孝幸、矢口真里、野久保直樹、スザンヌ)

第3ステージのクイズコーナー[編集]

行列早抜け!リレークイズ[編集]

ルール
各チームが予選ペーパーテスト順に並び、早押しクイズをリレー形式で答える。6人全員が正解したチームは勝ち抜け。1位抜けチームは100点・2位抜けチームは50点獲得。原則として解答権は1問1回のみ。但し、間違いではあるが「非常に惜しい」解答だったときに言い直すことが認められることがある。問題のレベルは徐々に下がっていく。
実施時期
2005年6月15日放送の第1回から実施。
備考
  • このクイズは後述のスペシャル放送の番外編を除き毎回行われており、また必ず最後に行われている。
  • このクイズの開始時に、「今のところ点差がついていないのでこのクイズで勝ったチームが優勝」、「○○チームが優勝するためにはまずこのクイズを1位で抜けた上で××チームが2位で無いとダメ」などと各チームが優勝する条件が確認される。この時点までに大きく点差が開いた場合には、最下位のチームが「このチームが優勝する可能性はありません。」などと言われることもある。
  • このクイズ独自のルールとして、各チームのアンカー解答者は、司会の紳助が「問題!」とコールした後と出題の牧原アナが問題を読み上げる前の間に「ヘキサゴン!」とコールしないと、正解しても勝ち抜けることができない。この「ヘキサゴン!」コールを忘れて、正解していたのに勝ち抜けできなかった解答者が何人もいる(下記参照)。なお、アンカーでない解答者が必要ないのに誤って「ヘキサゴン!」コールをすることがたまにあるが、特にペナルティーを課せられることはない。
  • このクイズで出題される問題は「Aランク」「Bランク」「Cランク」「Dランク」の4ランクに分かれている。Aランクは最新の時事問題や普通の大人でも正解しにくい問題が多い。逆に「Dランク」は、番組内では「小学校3年生レベル」となっているため滅多に登場せず、最下位争いで詰まったときに登場する。
  • 「居残り復習クイズ」として、その回に出題された問題がもう1度出題されることがある。このようにもう一度同じ問題を出題する際司会の紳助は、例えば「Aランクの1問目の問題」を出題する時は「A-1の問題」というようにコールする。
  • このクイズでは獲得得点が変更される場合がある。これは全チームに優勝の可能性を残し、得点調整をするためである。
  • このクイズを終了した時点で最も得点の多いチームが複数あったときは各チームのアンカー解答者により「サドンデス」を行って優勝チームが決定される。

2013年から ソモサンセッパ でもやっている ルールは同じ コールもヘキサから セッパに変更されている 2014年4月からペケポンでもやっている 問題はリレーになっている 現在はネプリーグで主にスペシャルの時にやっている。余談であるが2016年6月27日は八田亜矢子が出ていた

記録・ハプニングなど[編集]

サドンデス(太字が勝者)

  • 2005年6月29日放送分 若槻千夏 VS 小金沢昇司
  • 2005年11月30日放送分 若槻千夏 VS 香田晋 VS 磯山さやか
  • 2006年3月1日放送分 三船美佳 VS 庄司智春
  • 2006年3月15日放送分 山田花子 VS 三船美佳
  • 2006年5月24日放送分 福田沙紀 VS 村上ショージ
  • 2006年9月6日放送分 松本康太 VS 三船美佳
  • 2006年12月27日放送分 鈴木拓 VS マリエ
  • 2007年1月31日放送分 大桑マイミ VS 福田沙紀
  • 2007年2月28日放送分 マリエ VS 大桑マイミ
  • 2007年6月13日放送分 里田まい VS 大沢あかね
  • 2007年7月11日放送分 つるの剛士 VS 野久保直樹
  • 2008年5月28日放送分 上地雄輔 VS 里田まい
  • 2008年10月15日放送分 上地雄輔 VS 野久保直樹
  • 2009年1月7日放送分 上地雄輔 VS 木下優樹菜
  • 2009年3月11日放送分 スザンヌ VS misono

最終ステージの時点で優勝がなくなったチーム

  • 2005年11月16日放送分・黄色チーム(山根良顕、千原ジュニア、波田陽区、堀ちえみ、松本康太、若槻千夏)
  • 2006年6月14日放送分・緑色チーム(ほっしゃん。、渡辺正行、城之内早苗、陣内智則、国生さゆり、香田晋)
  • 2007年1月10日放送分・桃色チーム(たむらけんじ、ふかわりょう、波田陽区、ワッキー、黒沢かずこ、大桑マイミ)
  • 2007年7月4日放送分・黄色チーム(松尾貴史、藤崎奈々子、小杉竜一、野々村真、長州小力、スザンヌ)
  • 2007年8月1日放送分・黄色チーム(山本モナ、田中卓志、岡田圭右、増田英彦、田村裕、つるの剛士、スザンヌ、若槻千夏)
  • 2007年8月15日放送分・桃色チーム(矢部太郎、西川史子、ほんこん、野々村真、つるの剛士、木下優樹菜)
  • 2007年11月21日放送分・黄色チーム(ラサール石井、岩尾望、千原せいじ、椎名法子、香田晋、ロッシー)
  • 2008年2月6日放送分・橙色チーム(矢部太郎、岡田圭右、田山涼成、安田美沙子、スザンヌ、たいぞう)
  • 2009年1月21日放送分・橙色チーム(板東英二、波田陽区、つるの剛士、庄司智春、元木大介、上地雄輔)
  • 2009年2月25日放送分・桃色チーム(神保悟志、板東英二、品川祐、野久保直樹、スザンヌ、元木大介)
  • 2009年3月4日放送分・橙色チーム(ラサール石井、高橋茂雄、つるの剛士、クリス松村、上地雄輔、里田まい)

「ヘキサゴン」コールをし忘れて抜けられなかった解答者

  • 山田花子(2005年10月26日放送分)
  • 間寛平(2006年1月18日放送分)
  • 小倉優子(2007年5月9日放送分)
  • 木下優樹菜(2008年7月2日放送分)

解答席に立つことなく終わってしまった解答者

  • 三倉茉奈、庄司智春(2005年6月29日放送分)
  • 加藤茶、松野明美(2005年7月6日放送分)
  • 三津谷葉子(2005年8月10日放送分)
  • 城咲仁(2005年8月17日放送分)
  • 松本康太、夏川純(2005年11月9日放送分)
  • 山田花子、三又忠久(2005年12月14日放送分)
  • 井上聡、村上ショージ(2006年3月1日放送分)
  • マギー審司(2006年3月8日放送分)
  • 村上ショージ(2006年3月15日放送分)
  • 香田晋(2006年4月26日放送分)
  • 劇団ひとり、庄司智春、磯山さやか(2006年5月3日放送分)
  • 香田晋(2006年5月10日放送分)
  • 夏川純(2006年5月17日放送分)
  • 香田晋(2006年5月24日放送分)
  • 山田花子、里田まい(2006年7月12日放送分)
  • 佐田真由美(2006年7月19日放送分)
  • はなわ、中島はるみ(2006年8月16日放送分)
  • ルー大柴、福田沙紀、野沢直子(2006年8月30日放送分)
  • ほしのあき、矢口真里(2006年10月18日放送分)
  • 波田陽区、西川のりお、三船美佳、松村邦洋、香田晋、夏川純(2006年10月25日放送分)
  • 大沢あかね(2006年12月13日放送分)
  • 安倍麻美(2006年12月27日放送分)
  • 香田晋、デーブ・スペクター、福田沙紀、里田まい(2007年1月17日放送分)
  • 大沢あかね(2007年2月14日放送分)
  • 大桑マイミ(2007年3月14日放送分)
  • 木下優樹菜(2007年7月29日放送分 27時間テレビ)
  • つるの剛士(2007年10月31日放送分)
  • スザンヌ(2008年5月14日放送分)
  • つるの剛士(2008年5月28日放送分)
  • つるの剛士、木下優樹菜(2008年7月16日放送分)
  • misono(2008年8月27日放送分)
  • 南明奈(2008年12月10日放送分)
  • 元木大介(2009年2月25日放送分)
  • 野久保直樹(2009年3月11日放送分)
  • スザンヌ、里田まい(2009年5月20日放送分)
  • misono(2009年6月24日放送分)
  • 上地雄輔(2009年10月28日放送分)
  • RYOEI(2010年3月10日放送分)
  • misono(2010年3月17日放送分)
  • 木下優樹菜(2010年5月12日放送分)
  • 辻希美(2010年7月7日放送分)
  • 山田親太朗(2010年10月20日放送分)
  • 里田まい(2011年7月27日放送分)

優勝決定後に居残りクイズが行われた解答者(順番は成績順)

  • 山崎弘也、はなわ、さくら(2005年6月22日放送分)
    • 山崎、はなわの順に勝ち抜け。
  • 間寛平、大沢あかね(2005年8月31日放送分)
    • 大沢が勝ち抜け。
  • 村上ショージ、間寛平、山田花子(2005年10月26日放送分)
    • 誰も答えられないまま終了。
  • 香田晋、田丸麻紀、安田美沙子(2005年11月2日放送分)
    • 香田、安田の順に勝ち抜け。
  • タカ、村上ショージ、間寛平、安めぐみ(2006年2月15日放送分)
    • タカ、安、ショージの順に勝ち抜け。
  • 香田晋、鈴木拓(2006年6月14日放送分)
    • 香田が勝ち抜け。
  • 野沢直子、間寛平、大沢あかね、若槻千夏、中居正広(2006年7月16日放送分 26時間テレビ)
    • 寛平、中居、大沢、若槻の順に勝ち抜け。
  • 堀ちえみ、井上聡、ルー大柴、福田沙紀、香田晋(2006年8月2日放送分)
    • ルー、堀、井上、香田の順に勝ち抜け。
  • 薬師寺保栄、輪島功一(2006年9月20日放送分)
    • 薬師寺が勝ち抜け。
  • 山口もえ、小倉優子、里田まい(2006年11月1日放送分)
    • 山口、里田の順に勝ち抜け。
  • 熊田曜子、里田まい(2006年11月8日放送分)
    • 熊田、里田の順で勝ち抜け。
  • 後藤輝基、タカ、長州小力、メッセンジャー黒田、アグネス・チャン、福田沙紀、大桑マイミ(2006年11月22日放送分)
    • タカ、アグネス、後藤、小力、黒田、大桑の順に勝ち抜け。
  • 野久保直樹、若槻千夏(2006年11月29日放送分)
    • 野久保が勝ち抜け。
  • 奈津子、松井絵里奈、斉藤祥太(2007年2月7日放送分)
    • 奈津子、松井、祥太が勝ち抜け。
  • 香田晋、小倉優子(2007年3月7日放送分)
    • 香田が勝ち抜け。
  • 西村知美、山田花子、つるの剛士(2007年4月11日放送分)
    • 西村、花子、つるのの順に勝ち抜け。
  • 熊田曜子、木下優樹菜、若槻千夏(2007年4月18日放送分)
    • 熊田、木下の順に勝ち抜け。
  • 松井絵里奈、大沢あかね(2007年4月25日放送分)
    • 松井が勝ち抜け。
  • 高部あい、スザンヌ(2007年5月9日放送分)
    • 高部、スザンヌの順に勝ち抜け。
  • ゴルゴ松本、真矢、白石みき、山田花子、スザンヌ(2007年5月30日放送分)
    • ゴルゴ、花子、真矢、スザンヌの順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、上地雄輔(2007年6月27日放送分)
    • 上地が勝ち抜け。
  • ルー大柴、山本梓、川田広樹、スザンヌ(2007年7月4日放送分)
    • スザンヌ、ルー、川田の順に勝ち抜け。
  • 山田花子、木下優樹菜、里田まい、菅澤美月(2007年7月18日放送分)
    • 菅澤、木下、里田の順に勝ち抜け。
  • 里田まい、上地雄輔、野久保直樹(2007年7月25日放送分)
    • 里田、上地、野久保の順に勝ち抜け。
  • 河本準一、大沢あかね、里田まい、スザンヌ(2007年8月8日放送分)
    • 河本、大沢、里田の順に勝ち抜け。
  • つるの剛士、野久保直樹(2007年9月5日放送分)
    • つるのが勝ち抜け。
  • スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔(2007年9月12日放送分)
    • スザンヌ、木下、上地の順に勝ち抜け。
  • 木下浩(木下優樹菜の父)、飯沼誠司、ほしのあき、つるの剛士、里田まい、木下優樹菜、上地雄輔(2007年10月10日放送分)
    • 木下父、つるの、上地、飯沼、木下、里田の順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、つるの剛士(2007年10月24日放送分)
    • 木下、つるのの順に勝ち抜け。
  • たいぞう、野久保直樹(2007年11月14日放送分)
    • 野久保が勝ち抜け。
  • 里田まい、上地雄輔(2007年12月12日放送分)
    • 里田が勝ち抜け。
  • 庄司智春、スザンヌ、つるの剛士、野久保直樹、木下優樹菜、上地雄輔(2007年12月19日放送分)
    • 木下、スザンヌ、上地、つるの、野久保の順に勝ち抜け。
  • 嵯峨百合子、木下優樹菜、上地雄輔、野久保直樹(2008年1月16日放送分)
    • 嵯峨、木下、野久保、上地の順に勝ち抜け。
  • 里田まい、スザンヌ、たいぞう(2008年1月23日放送分)
    • 里田、スザンヌ、たいぞうの順に勝ち抜け。
  • 小倉優子、野久保直樹(2008年2月6日放送分)
    • 野久保が勝ち抜け。
  • つるの剛士、松井絵里奈、赤井沙希、木下優樹菜、上地雄輔(2008年2月13日放送分)
    • 赤井、つるの、木下、松井、上地の順に勝ち抜け。
  • たいぞう、里田まい、misono(2008年3月5日放送分)
    • 里田、misonoの順に勝ち抜け。
  • 上地雄輔、スザンヌ、木下優樹菜、つるの剛士(2008年3月19日放送分)
    • つるの、スザンヌ、上地、木下の順に勝ち抜け。
  • クリス松村、大沢あかね、里田まい、misono、上地雄輔、つるの剛士(2008年3月26日放送分)
    • クリス、大沢、里田、misono、つるのの順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、misono、野久保直樹、上地雄輔(2008年4月9日放送分)
    • misono、野久保、木下、上地の順に勝ち抜け。
  • 村田満、野久保直樹、上地雄輔、スザンヌ、木下優樹菜(2008年4月23日放送分)
    • 村田、野久保、木下、上地、スザンヌの順に勝ち抜け。
  • 上地雄輔、つるの剛士、misono(2008年5月7日放送分)
    • misono、上地の順に勝ち抜け。
  • 野久保直樹、つるの剛士、里田まい、上地雄輔(2008年5月21日放送分)
    • つるの、上地、里田の順に勝ち抜け。
  • 里田まい、つるの剛士、misono(2008年6月4日放送分)
    • 里田、つるのの順に勝ち抜け。
  • 小倉優子、上地雄輔、misono(2008年6月11日放送分)
    • 小倉、misono、上地の順に勝ち抜け。
  • さとう里香、木下優樹菜、里田まい、上地雄輔(2008年6月18日放送分)
    • さとう、上地、里田の順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、スザンヌ、上地雄輔、misono(2008年6月25日放送分)
    • スザンヌ、木下、上地の順に勝ち抜け。
  • 村上ショージ、上地雄輔(2008年7月2日放送分)
    • ショージ、上地の順に勝ち抜け。
  • 波田陽区、木下優樹菜、里田まい、上地雄輔、スザンヌ(2008年7月9日放送分)
    • 波田、木下、スザンヌ、里田の順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、misono、上地雄輔(2008年7月23日放送分)
    • 上地、misonoの順に勝ち抜け。
  • 浅田美代子、野久保直樹、上地雄輔、木下優樹菜、ジミー大西、明石家さんま(2008年7月26日放送分 27時間テレビ)
    • 浅田、野久保、上地、木下、さんまの順に勝ち抜け。
  • 井上公造、つるの剛士、上地雄輔、サヘル・ローズ、スザンヌ、さとう里香(2008年7月30日放送分)
    • つるの、スザンヌ、さとう、上地、井上、サヘルの順に勝ち抜け。
  • スザンヌ、木下優樹菜(2008年8月13日放送分)
    • 木下、スザンヌの順に勝ち抜け。
  • 野久保直樹、つるの剛士、赤井沙希、里田まい、上地雄輔、misono(2008年9月3日放送分)
    • 野久保、つるの、misono、上地、里田の順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、野久保直樹(2008年9月10日放送分)
    • 木下が勝ち抜け。
  • 木下浩(木下優樹菜の父)、野久保直樹、さとう里香、上地雄輔、木下優樹菜(2008年10月1日放送分)
    • 野久保、木下父、さとう、上地の順に勝ち抜け。
  • 上地雄輔、南明奈、misono(2008年10月8日放送分)
    • misono、南の順に勝ち抜け。
  • つるの剛士、木下優樹菜、上地雄輔、さとう里香(2008年10月29日放送分)
    • つるの、上地、さとうの順に勝ち抜け。
  • 野久保直樹、里田まい、木下優樹菜、さとう里香、misono(2008年11月12日放送分)
    • 野久保、木下、里田、さとうの順に勝ち抜け。
  • 野久保直樹、スザンヌ、里田まい、misono(2008年11月26日放送分)
    • misono、スザンヌ、野久保の順に勝ち抜け。
  • さとう里香、里田まい、南明奈、上地雄輔、木下優樹菜(2008年12月17日放送分)
    • 南、里田、木下、上地の順に勝ち抜け。
  • 西岡剛、上地雄輔、木下優樹菜(2009年1月2日放送分)
    • 西岡、木下の順に勝ち抜け。
  • つるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜、スザンヌ、さとう里香(2009年1月14日放送分)
    • 上地、さとう、スザンヌ、木下の順に勝ち抜け。
  • 里田まい、元木大介、上地雄輔、misono(2009年1月21日放送分)
    • 里田、misono、上地の順に勝ち抜け。
  • 美月優、赤井沙希、スザンヌ、misono、里田まい(2009年1月28日放送分)
    • スザンヌ、里田、赤井、美月の順に勝ち抜け。
  • さとう里香、南明奈、スザンヌ(2009年2月4日放送分)
    • スザンヌ、さとうの順に勝ち抜け。
  • 上地雄輔、西岡剛、misono(2009年2月11日放送分)
    • 西岡、misonoの順に勝ち抜け。
  • つるの剛士、上地雄輔、南明奈、野久保直樹、さとう里香(2009年2月18日放送分)
    • つるの、野久保、さとう、南の順に勝ち抜け。
  • 木下優樹菜、さとう里香、スザンヌ、上地雄輔(2009年3月18日放送分)
    • スザンヌ、上地、さとう、木下の順に勝ち抜け。
  • 里田まい、木下優樹菜、スザンヌ(2009年4月1日放送分)
    • 木下、スザンヌの順に勝ち抜け。

最後に残った一人に特別に問題が出された解答者

  • 香田晋(2005年10月19日放送分)2問目で正解
  • 長州小力(2006年5月3日放送分)4問目で正解
  • 里田まい(2006年11月8日放送分)1問目の6回目の解答で正解
  • 斉藤祥太(2007年2月7日放送分)2問目で正解
  • 里田まい(2007年3月14日放送分)3問目で正解
  • つるの剛士(2007年4月11日放送分)4問目で正解
  • スザンヌ(2007年5月9日放送分)3問目で正解
  • 野久保直樹(2007年7月25日放送分)1問目で正解
  • 上地雄輔(2007年8月29日放送分)4問目で正解
  • 上地雄輔(2007年9月12日放送分)3問目で正解
  • つるの剛士(2007年10月24日放送分)1問目で正解
  • ロッシー(2007年11月21日放送分)2問目で正解
  • 上地雄輔(2008年1月16日放送分)2問目で正解
  • たいぞう(2008年1月23日放送分)1問目で正解
  • 上地雄輔(2008年2月13日放送分)2問目で正解
  • 木下優樹菜(2008年3月19日放送分)1問目で正解
  • 上地雄輔(2008年4月9日放送分)1問目で正解
  • スザンヌ(2008年4月23日放送分)1問目で正解
  • 上地雄輔(2008年6月11日放送分)1問目で正解
  • 上地雄輔(2008年7月2日放送分)1問目で正解
  • ジミー大西(2008年7月26日放送分 27時間テレビ)答えれぬまま終了
  • サヘル・ローズ(2008年7月30日放送分)2問目で正解
  • スザンヌ(2008年8月13日放送分)1問目で正解
  • misono(2009年1月28日放送分)答えれぬまま終了
  • 木下優樹菜(2009年3月18日放送分)1問目で正解

過去にレギュラー放送で行われていたクイズ[編集]

仲間を救え!底抜けドボンクイズ![編集]

ルール
チームの1名がプールの上に立ち、残りのメンバーが簡単な計算などの問題に順番に解答する。解答者は環状に走る針付きの模型列車が通り道にある風船を割らないよう、風船を守りながら解答しなければならない。正解したら次の人に交代し、2分以内で指定された問題数を正解した場合30点を獲得。ただし時間切れになった場合(絵しりとりは時間切れの場合、しりとりを繋げることが出来なかった、あるいは完璧に繋げていてもメンバー全員がその描かれた絵全てを理解していない場合)や、途中で針付き列車が風船を割ってしまった場合は、プール上のメンバーがプールに落とされる。
問題ジャンル
絵しりとり(6問) - その名の通り絵を描いてしりとりで繋いでいく(ただし1文字の言葉はNG)。紳助が例として挙げたものは書くことができないため、紳助がわざと「たとえば猫とかね。」など勝手に言い、出演者が「やめて」というのがお決まりである。なお、最後の長音は無視するルールが適用される(例 - 「ミキサー」→「サンドバッグ」)。また、濁点は取ることができない(例 - 「サンドバッグ」→「車」はNG)。最後に代表者が最初から答え合わせをして初めてクリアとなる。
計算問題(10問):2桁の足し算や引き算の問題を解答する。
穴埋め言葉(10問):単語の一部が開いているのでそこを埋める(例:ヘキ?ゴン→ヘキサゴン)。
鏡時計(10問):アナログ時計が鏡に映った状態になっているので、そこから正確な時刻を当てる。
ペア探し(10問):縦4×横3マスの12個あるアルファベット・ひらがな等の中から同じ物が2つあるものを探す。
写真名前当てクイズ(10ポイント)写真の人物や物の名前を、口頭で答える(フルネームで答える指定があった場合は、フルネームで答えないと不正解)。1問正解1ポイント、パスをした場合はマイナス1ポイント。このクイズだけ制限時間が2分30秒で、時間内に10ポイントに達して、且つストップボタンを押せば一応クリアだが、ボーナス点を狙ってそのままクイズを続けても良い。時間切れになった時点で11ポイント以上であった場合は、30点に加えて(獲得ポイント-10)×10点のボーナス点が加算されるが、9ポイント以下であった場合は救出失敗、クリアの30点も取り消しとなる。また、ボーナスチャレンジ中に時間切れとなった場合は点数は1点引かされるため、仮に10点だった場合は9点となり、失敗になる。
実施時期
初登場は2008年2月13日放送分。2009年1月7日放送分で終了。
過去の形式
初登場の2008年2月13日放送分のみ、チームメイト1名をパートナーに選んでもらい、各チームの成績最下位のみが簡単な計算問題に挑戦していた。
備考
  • 初回のみタイトルが「仲間を救え!底抜け計算クイズ!」であった。2008年3月19日放送分からタイトルが現在の「仲間を救え!底抜けドボンクイズ!」に変更された。
  • 落とされる形はどのように失格になったかで異なる。風船が割られると即刻プールへと落とされるが、時間切れや絵しりとりで不成立の場合は紳助が右手を挙げて落とすようになっている(この場合、右手をなかなか挙げなかったりするが、例外もある)。
  • 中にはチームメンバーの1人が右手を挙げるとプールに落ちるというルールに変更する事がしばしばあり、さらに紳助がスイッチを入れる場合を除いて、アウト以外のチームメンバーが右手を挙げるとセーフになるロシアンルーレット方式に変更された。
  • 落とされるメンバーは、当初リアクションに強い芸人から選ばれることが多かったが、ここ最近は意外性を狙っているのか女性タレント、中堅俳優、スポーツ選手など他の番組ではあまり考えられない選出が多い。
  • この時に落とされたときには、次のクイズは緑色のジャージに着替える。女性タレントはプールに落ちたときに肌が露にならないよう赤いジャージを着用する。
    • 2月13日放送分の松井絵里奈と3月12日放送分の優木まおみはそのままの服装でプールの上に立った(結局2人とも落ちなかった)。男性タレントでジャージを着けてプールに落ちたのは1月23日放送分のクリス松村、2008年11月5日の世界のナベアツ、2008年11月12日放送分の村上ショージの3人(ナベアツは後のリレークイズもジャージを着ていた)。
    • 例外としては小島よしおはネタ披露の時のブーメランパンツを、ダンディ坂野は一時期色違いのタキシードを着用しているが8月からはジャージを着用。3月26日放送分の岡田圭右は着替えを持ってきたからか、別の服装に着替えていた。6月4日放送分のつるの剛士、上地雄輔、野久保直樹はジャージの下に羞恥心のTシャツを着けていた。また、6月18日放送分のはるな愛は緑色ではなく、赤色のジャージであった。
  • 紳助が代表者にならない理由は、若手時代に明石家さんまと二人で八瀬遊園のプールに営業に行った際、何をしても全く客に受けなく、業を煮やしたさんまが思いつきで、紳助を『引田天功の弟子』と称し、ロープで縛ってプールに叩き込み、無論縄抜けなど紳助に出来るはずが無く溺れ、係員に救助されたが、張本人のさんまは心配どころか爆笑していた、という苦い思い出があったため。
  • ルール説明時のBGMはゴダイゴの『銀河鉄道999』で、問題発表時のBGMはTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』。

戦績[編集]

2008年2月13日放送分
  • 黄色チームの代表者は松井絵里奈、解答者は上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は山根良顕、解答者はスザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は後藤輝基、解答者は木下優樹菜。
  • 山根、後藤はプールに落下。松井は落下を免れた。
2008年3月19日放送分
  • 黄色チームの代表者は原西孝幸、解答者は山根良顕、藤本敏史、安田美沙子、里田まい、野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は香田晋、解答者は山本モナ、田中卓志、波田陽区、上地雄輔、つるの剛士。
  • 橙色チームの代表者は村上ショージ、解答者は小林はるか、石田純一、杉浦太陽、スザンヌ、木下優樹菜。
  • 原西は山根が時間をかけたため、ショージは小林が風船を割ってしまったためプールに落下。香田は落下を免れた。
2008年4月9日放送分
  • 黄色チームの代表者は野々村真、解答者は麻木久仁子、増田英彦、スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は斉藤慶子、解答者は岡田圭右、波田陽区、安田美沙子、つるの剛士、里田まい。
  • 橙色チームの代表者は友利新、解答者は品川祐、クリス松村、庄司智春、misono、野久保直樹。
  • 野々村は木下が、友利はクリスが時間をかけたためプールに落下。斉藤は落下を免れた。
    • 友利を落としてしまったクリスは、責任を取る形でプールに落とされた。
2008年4月23日放送分
  • 黄色チームの代表者は小島よしお、解答者はラサール石井、波田陽区、香田晋、村上ショージ、つるの剛士。
  • 桃色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は山根良顕、品川祐、村田満、野久保直樹、木下優樹菜。
  • 橙色チームの代表者は庄司智春、解答者は西川史子、田中卓志、クリス松村、上地雄輔、スザンヌ。
  • 小島はショージが、ダンディは木下が風船を割ってしまったため、庄司は上地が時間をかけたためプールに落下。
    • ショージのあまりの不甲斐無さに紳助は「プールの上やったら出来るんちゃう」とショージをプールの上に立たせて問題を解かせたが結局出来ずにショージはプールに落下した。
2008年4月30日放送分
  • 黄色チームの代表者は山本モナ、解答者は小島よしお、田中卓志、波田陽区、庄司智春、野久保直樹、南明奈、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は伊達みきお、解答者はラサール石井、富澤たけし、板東英二、品川祐、スザンヌ、misono、里田まい。
  • 橙色チームの代表者はたむらけんじ、解答者は山根良顕、岡田圭右、増田英彦、クリス松村、香田晋、つるの剛士、木下優樹菜。
  • モナは野久保が、たむけんはクリスが時間をかけたため、伊達は板東が風船を割ってしまったためプールに落下。
2008年5月14日放送分
  • 黄色チームの代表者は柴田英嗣、解答者は山根良顕、太田房江、田中卓志、里田まい、misono。
  • 桃色チームの代表者は渡辺正行、解答者は山本モナ、後藤輝基、クリス松村、野久保直樹、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は山崎弘也、解答者は岩尾望、大橋巨泉、波田陽区、つるの剛士、スザンヌ。
  • 柴田は里田が風船を割ってしまったため、渡辺は野久保が、山崎は巨泉が時間をかけたためプールに落下。
2008年5月21日放送分
  • 黄色チームの代表者は海原はるか、解答者は山根良顕、増田英彦、岡田圭右、海原かなた、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者は小林はるか、解答者はラサール石井、村田満、クリス松村、野久保直樹、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は磯野貴理、解答者は田中卓志、波田陽区、小島よしお、つるの剛士、里田まい。
  • はるかはかなたが風船を割ってしまったため、小林は上地が、貴理はつるのが時間をかけたためプールに落下。
2008年5月28日放送分
  • 黄色チームの代表者は畑山隆則、解答者は山本モナ、波田陽区、原西孝幸、野久保直樹、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は松澤一之、解答者はラサール石井、藤本敏史、岡田圭右、木下優樹菜、つるの剛士。
  • 橙色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は小島よしお、増田英彦、クリス松村、村上ショージ、里田まい。
  • 畑山は野久保が、松澤は木下が、ダンディはショージが時間をかけたためプールに落下。
2008年6月4日放送分
  • 黄色チームの代表者は野久保直樹、解答者は水野裕子、品川祐、クリス松村、里田まい、misono。
  • 桃色チームの代表者は上地雄輔、解答者は宮川俊二、波田陽区、真琴つばさ、マーガリン、スザンヌ。
  • 橙色チームの代表者はつるの剛士、解答者は斉藤慶子、山根良顕、庄司智春、熊田曜子、池田夏希。
  • 野久保は水野と品川が、上地は宮川とスザンヌが、つるのは熊田と池田が時間をかけたためプールに落下。
2008年6月11日放送分
  • 黄色チームの代表者は金剛地武志、解答者は西川史子、小島よしお、クリス松村、野久保直樹、misono。
  • 桃色チームの代表者は杉浦太陽、解答者は山根良顕、波田陽区、田中卓志、里田まい、つるの剛士。
  • 橙色チームの代表者は林家木久蔵、解答者はダンディ坂野、品川祐、庄司智春、小倉優子、上地雄輔。
  • 金剛地はクリスが、木久蔵は品川が時間をかけたためプールに落下。杉浦は落下を免れた。
2008年6月18日放送分
  • 黄色チームの代表者ははるな愛、解答者は山本モナ、原西孝幸、波田陽区、つるの剛士、スザンヌ。
  • 桃色チームの代表者は村田満、解答者は渡辺正行、岡田圭右、野久保直樹、さとう里香、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者はモト冬樹、解答者はアジャ・コング、藤本敏史、増田英彦、木下優樹菜、里田まい。
  • はるなはつるのが、村田は上地が時間をかけたため、モトは木下が条件の絵をかけなかったためプールに落下。
2008年6月25日放送分
  • 黄色チームの代表者は後藤輝基、解答者は麻木久仁子、波田陽区、つるの剛士、木下優樹菜、misono。
  • 桃色チームの代表者は野々村真、解答者は山根良顕、岩尾望、香田晋、スザンヌ、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は田中卓志、解答者はダンディ坂野、山咲トオル、クリス松村、野久保直樹、里田まい。
  • 後藤は波田が風船を割ってしまい、野々村は山根、岩尾、上地が時間をかけたためプールに落下。田中は落下を免れた。
2008年7月2日放送分
  • 黄色チームの代表者は長州小力、解答者は山本モナ、小島よしお、増田英彦、村上ショージ、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は棚橋弘至、解答者は高木美保、岡田圭右、庄司智春、野久保直樹、木下優樹菜。
  • 橙色チームの代表者は鈴木みのる、解答者は小林はるか、波田陽区、村田満、つるの剛士、里田まい。
  • 棚橋は岡田が風船を割ってしまったため、鈴木は自ら正解を出せなかったためプールに落下。小力は落下を免れた。
    • 棚橋を落とした岡田は、責任を取る形でプールに落とされた。
2008年7月9日放送分
  • 黄色チームの代表者は南明奈、解答者は水野裕子、増田英彦、岡田圭右、つるの剛士、野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は矢部太郎、解答者は西川史子、品川祐、アグネス・チャン、木下優樹菜、スザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は松澤一之、解答者は金剛地武志、村田満、波田陽区、里田まい、上地雄輔。
  • 矢部はアグネス、木下、スザンヌが、松澤は上地が時間をかけたためプールに落下。南は落下を免れた。
2008年7月16日放送分
  • 黄色チームの代表者はmisono、解答者は山本モナ、小島よしお、原西孝幸、つるの剛士、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者は藤本敏史、解答者は小林はるか、クリス松村、野久保直樹、里田まい、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者はさとう里香、解答者は山根良顕、田中卓志、波田陽区、安田美沙子、スザンヌ。
  • misonoはつるのと木下が時間をかけたため、藤本は上地が風船を割ってしまったため、さとうは安田が条件の絵をかけなかったためプールに落下。
2008年7月23日放送分
  • 黄色チームの代表者は赤井沙希、解答者は金剛地武志、波田陽区、岡田圭右、野久保直樹、つるの剛士。
  • 桃色チームの代表者は庄司智春、解答者は山根良顕、田中卓志、スザンヌ、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者はラサール石井、解答者は小島よしお、品川祐、村田満、里田まい、misono。
  • 赤井は金剛地が、庄司は木下が、石井はmisonoが時間をかけたためプールに落下。
2008年7月26日放送分(27時間テレビ)
  • 黄色チームの代表者は田中卓志、解答者はラサール石井、波田陽区、野久保直樹、上地雄輔、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者はほんこん、解答者は山根良顕、渡辺正行、つるの剛士、スザンヌ、里田まい。
  • 橙色チームの代表者は明石家さんま、解答者は浅田美代子、村上ショージ、間寛平、ジミー大西、中村玉緒。
  • 田中は石井が、ほんこんは里田が、さんまはジミーと玉緒が時間をかけたためプールに落下。
    • さんまが落ちる際、ショージが見せしめとしてプールに落とされた。
2008年7月30日放送分
  • 黄色チームの代表者は原西孝幸、解答者は渡辺正行、波田陽区、里田まい、野久保直樹、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者は後藤輝基、解答者は山本モナ、八田亜矢子、つるの剛士、上地雄輔、さとう里香。
  • 橙色チームの代表者は藤本敏史、解答者は小林はるか、ダンディ坂野、井上公造、サヘル・ローズ、スザンヌ。
  • 後藤はさとうが、藤本はスザンヌが時間をかけたためプールに落下。原西は落下を免れた。
2008年8月13日放送分
  • 黄色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は原西孝幸、庄司智春、大沢あかね、つるの剛士、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者はさとう里香、解答者は渡辺正行、高橋英樹、品川祐、野久保直樹、スザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は松澤一之、解答者は岡田圭右、藤本敏史、波田陽区、上地雄輔、里田まい。
  • ダンディは大沢が条件の絵をかけなかったため、さとうはスザンヌが時間をかけたため、松澤は藤本が紳助に邪魔され時間をかけたためプールに落下。
2008年8月27日放送分
  • 黄色チームの代表者はmisono、解答者は小林はるか、岡田圭右、小島よしお、つるの剛士、野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は水野裕子、解答者は山根良顕、田中卓志、クリス松村、スザンヌ、里田まい。
  • 橙色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は渡辺正行、増田英彦、波田陽区、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 水野はクリスが、ダンディは渡辺が風船を割ってしまったためプールに落下。misonoは落下を免れた。
2008年9月3日放送分
  • 黄色チームの代表者は神保悟志、解答者は渡辺正行、藤本敏史、水町レイコ、スザンヌ、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者は赤井沙希、解答者は英玲奈、ダンディ坂野、品川祐、つるの剛士、misono。
  • 橙色チームの代表者は里田まい、解答者は波田陽区、原西孝幸、平山美春、野久保直樹、上地雄輔。
  • 神保は渡辺とスザンヌが、赤井は英玲奈が時間をかけたためプールに落下。里田は落下を免れた。
2008年9月10日放送分
  • 黄色チームの代表者は上地雄輔、解答者はラサール石井、小島よしお、田中卓志、庄司智春、スザンヌ。
  • 桃色チームの代表者は野久保直樹、解答者は山根良顕、増田英彦、波田陽区、黒部進、里田まい。
  • 橙色チームの代表者はつるの剛士、解答者は小林はるか、岡田圭右、村田満、森次晃嗣、木下優樹菜。
  • 上地は小島が条件の絵をかけなかったため、野久保が黒部が時間をかけたため、つるのは森次が風船を割ってしまったためプールに落下。
2008年10月1日放送分
  • 黄色チームの代表者は木下浩(木下優樹菜の父)、解答者は麻木久仁子、ダンディ坂野、品川祐、村田満、野久保直樹、さとう里香、木下優樹菜。
  • 桃色チームの代表者はマーガリン、解答者は小林はるか、岡田圭右、田中卓志、キャサリン(スザンヌの母)、KAZUMI、つるの剛士、スザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は里田まい、解答者は山根良顕、渡辺正行、小島よしお、波田陽区、庄司智春、misono、上地雄輔。
  • 木下父はさとうが、マーガリンはKAZUMI、つるの、スザンヌが時間をかけたためプールに落下。里田は落下を免れた。
2008年10月8日放送分
  • 黄色チームの代表者は藤本敏史、解答者はラサール石井、増田英彦、野久保直樹、スザンヌ、misono。
  • 桃色チームの代表者は原西孝幸、解答者は大橋巨泉、斉藤慶子、つるの剛士、里田まい、木下優樹菜。
  • 橙色チームの代表者は松澤一之、解答者は岡田圭右、波田陽区、クリス松村、上地雄輔、南明奈。
  • 藤本は野久保、スザンヌ、misonoが時間をかけたため、松澤はクリスが電車を脱線させたのが原因でペースが乱れたため、原西は巨泉が時間をかけ、斉藤が「紳助が例としてあげたものは書けない」のルールを守らず、つるのが「一文字の絵は書かない」のルールを守らず、里田が条件の絵をかけなかったためプールに落下。
2008年10月15日放送分
  • 黄色チームの代表者は野々村真、解答者は田中卓志、村田満、庄司智春、スザンヌ、里田まい。
  • 桃色チームの代表者はさとう里香、解答者は山根良顕、関根勤、品川祐、小島よしお、上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は世界のナベアツ、解答者は小林はるか、渡辺正行、波田陽区、つるの剛士、野久保直樹。
  • 野々村は村田が時間をかけたためプールに落下。さとうとナベアツは落下を免れた。
2008年10月29日放送分
  • 水色チームの代表者は矢口真里、解答者は渡辺正行、原西孝幸、藤本敏史、里田まい、さとう里香。
  • 桃色チームの代表者は品川祐、解答者は山根良顕、波田陽区、野久保直樹、スザンヌ、misono。
  • 橙色チームの代表者は田中卓志、解答者は小島よしお、村田満、つるの剛士、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 矢口は里田が条件の絵をかけなかったため、品川は山根とスザンヌが時間をかけたため、田中は上地が風船を割ってしまったためプールに落下。
2008年11月5日放送分
  • 水色チームの代表者はスザンヌ、解答者は麻木久仁子、原西孝幸、波田陽区、野久保直樹、misono。
  • 桃色チームの代表者は世界のナベアツ、解答者はラサール石井、ダンディ坂野、つるの剛士、南明奈、里田まい。
  • 橙色チームの代表者は赤井沙希、解答者は岡田圭右、増田英彦、藤本敏史、庄司智春、上地雄輔。
  • 赤井は自ら正解を出せなかったためプールに落下。スザンヌとナベアツは落下を免れた。
    • 赤井がプールに落ちる際、赤井の希望により原西も一緒に落下した。
2008年11月12日放送分
  • 水色チームの代表者は野久保直樹、解答者はラサール石井、小島よしお、品川祐、里田まい、misono。
  • 桃色チームの代表者は村上ショージ、解答者は波田陽区、原西孝幸、藤本敏史、上地雄輔、スザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は後藤輝基、解答者は板東英二、庄司智春、つるの剛士、木下優樹菜、さとう里香。
  • 野久保は小島が、後藤は板東が時間をかけたため、ショージは藤本と原西が条件の絵をかけなかったためプールに落下。
    • ショージを落とした藤本と原西は責任を取る形でプールに落とされた。
2008年11月18日放送分
  • 水色チームの代表者はスザンヌ、解答者は水野裕子、藤本敏史、増田英彦、野久保直樹、里田まい。
  • 桃色チームの代表者ははなわ、解答者は渡辺正行、波田陽区、クリス松村、つるの剛士、矢口真里。
  • 橙色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は岡田圭右、原西孝幸、村田満、misono、上地雄輔。
  • はなわは波田とクリスが時間をかけたためプールに落下。スザンヌとダンディは落下を免れた。
    • はなわを落としたクリスと原因を作った波田は、責任を取る形でプールに落とされた。
2008年11月26日放送分
  • 水色チームの代表者は松澤一之、解答者は麻木久仁子、小島よしお、つるの剛士、野久保直樹、misono。
  • 桃色チームの代表者は高橋茂雄、解答者はラサール石井、増田英彦、富澤たけし、スザンヌ、里田まい。
  • 橙色チームの代表者は伊達みきお、解答者は岡田圭右、波田陽区、村田満、木下優樹菜、上地雄輔。
  • 松澤は小島が時間をかけたため、高橋は自ら正解を出せなかったためプールに落下。伊達は落下を免れた。
    • 松澤を落とした小島は責任を取る形でプールに落とされた。
2008年12月10日放送分
  • 水色チームの代表者は里田まい、解答者は水野裕子、ダンディ坂野、品川祐、大沢あかね、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は田中卓志、解答者は渡辺正行、クリス松村、庄司智春、野久保直樹、南明奈。
  • 橙色チームの代表者は元木大介、解答者は崎本大海、山根良顕、波田陽区、つるの剛士、スザンヌ。
  • 里田は水野、品川、大沢が時間をかけたため、元木は崎本が時間をかけたためプールに落下。田中は落下を免れた。
2008年12月17日放送分
  • 水色チームの代表者はダンディ坂野、解答者は麻木久仁子、波田陽区、野久保直樹、スザンヌ、misono。
  • 桃色チームの代表者はさとう里香、解答者は山根良顕、小島よしお、クリス松村、里田まい、木下優樹菜。
  • 橙色チームの代表者は田中卓志、解答者は渡辺正行、つるの剛士、大沢あかね、南明奈、上地雄輔。
  • ダンディは麻木以外の全員が時間をかけたため、さとうは里田が条件の絵をかけなかったためプールに落下。田中は落下を免れた。
2009年1月7日放送分
  • 水色チームの代表者はラサール石井、解答者は藤本敏史、波田陽区、矢口真里、野久保直樹、上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者はつるの剛士、解答者は崎本大海、増田英彦、品川祐、里田まい、misono。
  • 橙色チームの代表者はアグネス・チャン、解答者は岡田圭右、原西孝幸、庄司智春、スザンヌ、木下優樹菜。
  • つるのは崎本が時間をかけたため、アグネスは庄司が時間をかけたためプールに落下。石井は落下を免れた。

記録[編集]

※「アクションクイズ」も含む。

最多落下
順位 回数 出演者
1 7 藤本敏史
2 6 松澤一之
3 5 ダンディ坂野
4 4 小島よしお
4 4 後藤輝基
4 4 田中卓志
4 4 野久保直樹
4 4 原西孝幸
4 4 村上ショージ
10 3 赤井沙希
10 3 岡田圭右
10 3 クリス松村
10 3 さとう里香
10 3 たむらけんじ
10 3 つるの剛士
10 3 野々村真
17 2 上地雄輔
17 2 品川祐
17 2 庄司智春
17 2 ほんこん
21 1 明石家さんま
21 1 アグネス・チャン
21 1 磯野貴理
21 1 井上公造
21 1 海原はるか
21 1 木下優樹菜
21 1 小林はるか
21 1 金剛地武志
21 1 里田まい
21 1 柴田英嗣
21 1 神保悟志
21 1 鈴木みのる
21 1 たいぞう
21 1 高橋茂雄
21 1 伊達みきお
21 1 棚橋弘至
21 1 友利新
21 1 野村将希
21 1 畑山隆則
21 1 萩野崇
21 1 波田陽区
21 1 はなわ
21 1 林家木久蔵
21 1 はるな愛
21 1 板東英二
21 1 松尾貴史
21 1 水野裕子
21 1 misono
21 1 村田満
21 1 モト冬樹
21 1 元木大介
21 1 矢口真里
21 1 山崎弘也
21 1 山根良顕
21 1 山本モナ
21 1 ラサール石井
21 1 渡辺正行
最速落下
  • 17秒
    • 海原はるか(2008年5月21日放送分)
  • 19秒
    • 田中卓志(2008年12月17日放送分)
  • 20秒
    • 後藤輝基(2008年6月25日放送分)
    • 棚橋弘至(2008年7月2日放送分)
  • 25秒
    • 田中卓志(2010年3月3日放送分)
落下免れ
順位 回数 出演者
1 2 里田まい
1 2 スザンヌ
1 2 世界のナベアツ
1 2 田中卓志
5 1 T.AKIRA
5 1 香田晋
5 1 斉藤慶子
5 1 さとう里香
5 1 杉浦太陽
5 1 神保悟志
5 1 伊達みきお
5 1 長州小力
5 1 原西孝幸
5 1 堀江淳
5 1 松井絵里奈
5 1 misono
5 1 南明奈
5 1 優木まおみ
5 1 ラサール石井

おバカさん一斉アクションクイズ[編集]

ルール
予選ペーパークイズの各チームの成績最下位者が解答者となり、各チームのパートナーがプールの上に立つ。「…をしてください」という問題が出題され、解答者はそれぞれ指示に従いアクションを行う。解答者の間には仕切りがあり、お互いのアクションを見ることはできない。指示通りのアクションができれば正解。3問不正解で失格となり(5問のときもあった)、パートナーがプールに落とされる。失格したチームから3位、2位、1位となり、2人以上が同時に落ちた場合は、決着がつくまで問題が繰り返される。1位チームが50点、2位チームが30点、3位チームが10点を獲得する。
実施時期
初登場は2008年1月2日放送の「新春3時間スペシャル」で、レギュラー放送での初登場は2008年1月16日放送分。2008年5月7日放送分で終了。
備考
  • 失格となったチームのパートナーをプールに落とす時のスイッチは、右手を挙げる事になっているが、紳助がフェイントをかけるのがお約束となっている。
  • ルール説明の際に流れる音楽は『できるかな』のメインテーマ曲。

戦績[編集]

2008年1月2日放送分
  • 解答者は木下優樹菜、たいぞう、野久保直樹。
  • 3人ともプールに落下。
2008年1月16日放送分
  • 黄色チームの代表者はT.AKIRA、解答者は野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は藤本敏史、解答者は上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は田中卓志、解答者はmisono。
  • 藤本、田中はプールに落下、AKIRAは落下を免れた。
2008年1月23日放送分
  • 黄色チームの代表者は岡田圭右、解答者はたいぞう。
  • 桃色チームの代表者はクリス松村、解答者は上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者はたむらけんじ、解答者はスザンヌ。
  • 岡田、たむけんはプールに落下、クリスは落下を免れたはずだったが、紳助によって勝手に落とされた。
2008年1月30日放送分
  • 黄色チームの代表者は藤本敏史、解答者は野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は萩野崇、解答者は上地雄輔。
  • 橙色チームの代表者は品川祐、解答者はつるの剛士。
  • 3人とプールに落下。
2008年3月12日放送分
  • 黄色チームの代表者は板東英二、解答者は野久保直樹。
  • 桃色チームの代表者は松澤一之、解答者はmisono。
  • 橙色チームの代表者は優木まおみ、解答者は木下優樹菜。
  • 板東、松澤はプールに落下。優木は落下を免れた。
2008年3月26日放送分
  • 黄色チームの代表者は岡田圭右、解答者は里田まいとつるの剛士。
  • 桃色チームの代表者は堀江淳、解答者は木下優樹菜とスザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は松尾貴史、解答者はmisonoと上地雄輔。
  • 岡田、松尾はプールに落下、堀江は落下を免れた。
2008年4月16日放送分
  • 黄色チームの代表者は神保悟志、解答者は上地雄輔。
  • 桃色チームの代表者は小島よしお、解答者はスザンヌ。
  • 橙色チームの代表者は野村将希、解答者は里田まい。
  • 小島、野村はプールに落下、神保は落下を免れた。
    • 小島が落とされた後、小島のリアクションがうまくいかなかったのでたむらけんじが見本として落とされた。
2008年5月7日放送分
  • 黄色チームの代表者は藤本敏史、解答者はmisono。
  • 桃色チームの代表者はほんこん、解答者はつるの剛士
  • 橙色チームの代表者は井上公造、解答者はスザンヌ。
  • 3人ともプールに落下。

相手が書かない答えでシュート PKクイズ[編集]

ルール
事前に1チームが「攻撃チーム」、それ以外のチームが「守備チーム」に分かれる。正解が複数ある問題に対し、攻撃チームは守備チームが書きそうにない答えを、逆に守備チームは攻撃チームが書きそうな答えを1人1個解答する。攻撃チームのメンバーの答えを1人ずつ順番に(複数の解答者が同じ答えを書いていた場合は同時に)開けていき(「シュート」)、守備チームの解答と被っていなければ「GOAL!!」となり、攻撃チームはGOALした人1人につき10点獲得できるが、守備チームの中に同じ答えがあった場合は「シュート失敗」となり獲得得点はなしとなる。攻撃チームで書いた解答がテーマに当てはまらなかったり、誤字脱字であった場合は不正解となり、シュートできない。なお、攻撃チーム6人の全員シュート成功の場合、100点が獲得できる。
実施時期
初登場は2006年12月27日放送の「スーパークイズパレード2時間半SP」で、レギュラー放送での初登場は2007年1月17日放送分。2008年3月26日放送分で終了。
過去の形式
  • 当初、テーマは「1」-「9」の番号の中から、各チーム予選ペーパーテスト成績最上位の解答者が番号を1つ選択するシステムであったが、回を重ねるにうちに選択番号が「1」-「3」に変更され、やがて「日本人」「スポーツ」など問題テーマのジャンルが表示されるようになり、現在では最初から問題が表示されているようになっている。
  • 2007年5月2日放送分から(2007年5月9日放送分を除く)、シュートを止めた守備チームのメンバー1人につき10点が加算されるルールが追加された。
  • 2007年7月11日放送分からシンキングタイム後に発表された島田紳助が答えた解答がNGワードとなり、NGワードを書いた人は攻撃・守備チーム関係なく得点が10点減点される。NGワードは正解の中から選ばれるため、紳助の考えた答えが不正解の場合、書き直せる。
備考
  • 当初のタイトルは「PKクイズ ナイスシュート!!」であった。2007年2月7日放送分からタイトルが現在の「相手が書かない答えでシュート PKクイズ」に変更された。
  • スタート当初、解答はフリップに書いていたが、2007年3月28日放送分の「春の3時間スペシャル」から、解答がモニター式になったり、攻撃側のネームプレートが廃止されたり、赤を基調とした背景に電飾が付いて華やかなセットになるなど、クイズのセットが大きくリニューアルされた。
  • 問題テーマ発表時に流れるBGMは、サッカーを模したクイズということに因んで、かつてテレビ東京系列で放送されていたサッカー漫画『キャプテン翼』のオープニングテーマである「燃えてヒーロー」が使用されている。

記録・ハプニングなど[編集]

記録

  • 全てシュート成功
    • 2006年紅白歌合戦赤組出場歌手(2007年7月4日放送分)
      • 岡田圭右「ドリカム」
      • 関根勤「藤あやこ」
      • ほんこん「ドリカム」
      • 増田英彦「BoA」
      • 香田晋「てんどうよしみ」
      • 里田まい「GAM(GAM&モーニング娘。としてシュート)」
    • 小学校で習う「きへん」の漢字(2007年11月28日放送分)
      • 西川史子「橋」
      • 品川祐「林」
      • ほしのあき「柱」
      • 野久保直樹「村」
      • たいぞう「横」
      • misono「林」
  • 全てシュート失敗
    • 国民の休日(2006年12月27日放送分)
      • 水野裕子「建国記念の日」(塚地武雅、香田晋に止められる)
      • トシ「みどりの日」(福田沙紀に止められる)
      • 田中卓志「海の日」(山根良顕、岡田圭右、劇団ひとり、中澤裕子、里田まいに止められる)
      • 村上ショージ「けんこくきねん日」(水野と同じ)
      • ほしのあき「みどりの日」(トシと同じ)
      • 鈴木拓「みどりのひ」(トシ、ほしのと同じ)
    • 沖縄県の有人の島(2007年8月1日放送分)
      • 山本モナ「西表島」(里田まいに止められる)
      • 田中卓志「あかしま」(山根良顕に止められる)
      • 岡田圭右「イリオモテ」(モナと同じ)
      • 増田英彦「西表島」(モナ、岡田と同じ)
      • 田村裕「黒島」(波田陽区、ほしのあき、大沢あかねに止められる)
      • つるの剛士「みやこ島」(吉田敬、上地雄輔に止められる)
      • スザンヌ「くめじま」(香田晋に止められる)
      • 若槻千夏「いりおもて?」(モナ、岡田、増田と同じ)
  • 攻撃側全員不正解
    • 徳川幕府の将軍(2007年8月15日放送分)
      • 矢部太郎「徳川家忠」
      • 西川史子「徳川家長」
      • ほんこん「徳川ただよし」
      • 野々村真「とくがわよしみつ」
      • つるの剛士「みつむらかんき」
      • 木下優樹菜「とよとみひでよし」
  • 最多人数に止められる
    • 「イ」で始まる国名(2007年4月25日放送分)
      • 徳井義実「イスラエル」(松尾貴史、西川史子、大平サブロー、トシ、大桑マイミに止められる)
      • 品川祐「イタリア」(西川のりおに止められる)
      • 井上公造「イングランド」(不正解)
      • 野々村真「インドネシア」(里田まいに止められる)
      • 庄司智春「インドネシア」(野々村と同じ)
      • 松井絵里奈「インド」(タカ、真琴つばさ、大沢あかねに止められる)
    • 「ラ行」で始まる国名(2007年7月4日放送分)
      • 松尾貴史「ラトビア」(シュート成功)
      • 藤崎奈々子「リトアニア」(山本モナ、波田陽区、増田英彦、里田まいに止められる)
      • 小杉竜一「ラオス」(シュート成功)
      • 野々村真「レバノン」(吉田敬、川田広樹に止められる)
      • 長州小力「リトヤニア(「リトアニア」としてシュート)」(藤崎と同じ)
      • スザンヌ「ルーマルヤ(「ルーマニア」としてシュート)」(岡田圭右、ほんこん、ルー大柴、山本梓に止められる)
  • 最多不正解
    • 渡辺正行さんのお兄さんが経営するお店「やきとり みずほ」のメニュー(2007年11月28日放送分)
      • 渡辺正行「ラーメン」
      • 西川史子「砂肝」(メニューにないので不正解)
      • 波田陽区「枝豆」
      • 笑福亭笑瓶「ズリ」(メニューにないので不正解)
      • 品川祐「手羽先」(メニューにないので不正解)
      • ほんこん「心」(メニューにないので不正解)
      • 水町レイコ「手ばギョウザ」(メニューにないので不正解)
      • ほしのあき「しょうが焼き」(メニューにないので不正解)
      • 松井絵里奈「ぼんじり」(メニューにないので不正解)
      • 庄司智春「うずらの卵」(メニューにないので不正解)
      • 野久保直樹「普通予金」(メニューにないので不正解)
      • 木下優樹菜「紅しょうが」(メニューにないので不正解)
      • スザンヌ「ウインナー」(メニューにないので不正解)
      • たいぞう「にわとり」(メニューにないので不正解)
      • 里田まい「れんこんきんぴら」(メニューにないので不正解)
      • つるの剛士「ぼんちり」(メニューにないので不正解)
      • misono「ぽんじり(おしり)」(メニューにないので不正解)
      • 上地雄輔「ねぎま」(メニューにないので不正解)
  • 最多NGワード
    • 広辞苑に載っている「○○空」(2008年2月6日放送分)
      • 宮川俊二「うわの」
      • ラサール石井「寒(空)」
      • 矢部太郎「大空」(NGワード)
      • 岡田圭右「大空」(NGワード)
      • 関根勤「うわの」
      • 波田陽区「うわの空」
      • ほんこん「くもり」
      • 増田英彦「大」(NGワード)
      • 田山涼成「大」(NGワード)
      • 安田美沙子「大空」(NGワード)
      • 大沢あかね「くもり」
      • 香田晋「青空」
      • つるの剛士「恋空」
      • 小倉優子「星空」
      • スザンヌ「大空」(NGワード)
      • たいぞう「大空」(NGワード)
      • 野久保直樹「悟」
      • 早美あい「こい」

もちろんクイズ[編集]

ルール
各チームから事前に1人代表者を選出し、「■■といえばもちろん…?」というクイズに6人全員が解答する。問題は1チームにつき2-3問出題され、問題は3問共変わる。代表者以外の残りのチームメンバーと代表者の答えが合致していれば得点を獲得できる。現時点での獲得点数が少ないチームから1チームずつ解答する。
実施時期
初登場は2005年7月6日放送分。2007年8月29日放送分で終了。
過去の形式
  • 当初は1チームにつき3問出題され、問題ごとに代表者と同じ答えを書いたメンバーは「CLEAR」となり抜けていき、3問中何問目で5人全員が抜けたかによって獲得する得点が違うというルールだった。1問目で全員CLEARすると50点・2問目で30点・3問目で10点獲得。3問終わっても全員一致しない場合は得点はない。
  • 2005年11月16日放送分以降は、1チームに出題される問題数が3問から2問に変更。CLEARで正解者が抜ける制度が廃止され、2問共5人が参加するようになった。得点も「リーダーと同じ解答になったメンバー数×10点獲得」という方法になった。
  • 2006年5月10日放送分からはリーダー制が無くなり、1問目と2問目の代表者が変わるようになった。
  • 2007年2月28日放送分から、得点が「代表者と同じ答えを書いたメンバー数×20点」に変更された。これは今まで全員不正解で得点獲得なしという結果が多かったためである。さらに、問題数も各チーム2問から1問に変わり、基本的にペーパーテスト最下位の解答者が代表者になった。
  • 初登場の2005年7月6日放送分のみ、「チャレンジステージ 賞金チャレンジ・もちろんクイズ」として、優勝チームだけに実施された。ルールは通常と同じだが、チームには得点ではなく賞金額が賭けられた。1問目で5人全員クリアすると120万円、2問目で60万円、3問目で30万円獲得できるルールだった。3問中に5人抜けなければ視聴者にウィーン金貨のプレゼントとなった。
備考
  • 初期は「缶詰めといえばもちろん?」などという一般的な質問であったが、回を重ねるうちに、問題の内容が芸能人のプライベート・恋愛・金銭感覚に関わるようになってきた。そのため、「問題作成者は司会者の紳助なのでは?」という疑惑がたびたび出るようになり、2006年5月24日放送分から正式に「司会者・島田紳助が問題を作成」と発表されるようになった。
  • 2007年3月28日放送の「春の史上最高の爆笑連発祭3時間スペシャル」からは、初期の一般的な質問に変わったが、一応紳助が考えているという扱いになっている。

記録・ハプニングなど[編集]

パーフェクト達成

  • 2006年1月25日放送分:山下真司(解答者:八代英輝、千原ジュニア、堀ちえみ、川崎麻世、新垣結衣)
  • 2007年1月31日放送分:川島明(解答者:山本モナ、田村裕、西川晃啓、村上ショージ、福田沙紀)

1人のみ不正解

  • 2006年2月15日放送分:田中卓志(解答者:高木美保、トシ、増田英彦、堀ちえみ、三船美佳)※三船のみ不正解。
  • 2006年3月1日放送分:河本準一(解答者:ガダルカナル・タカ、西川史子、波田陽区、池谷幸雄、庄司智春)※波田のみ不正解。
  • 2006年3月22日放送分:武蔵(解答者:山根良顕、角田信朗、IKKO、河本準一、三船美佳、大沢あかね)※角田のみ不正解。
  • 2006年6月14日放送分:梶原雄太(解答者:堤下敦、塚地武雅、西野亮廣、板倉俊之、鈴木拓)※鈴木のみ不正解。
  • 2006年10月18日放送分:大鶴義丹(解答者:ラサール石井、水野透、野々村真、香田晋、里田まい)※里田のみ不正解。
  • 2007年1月31日放送分:山本モナ(解答者:川島明、田村裕、西川晃啓、村上ショージ、福田沙紀)※ショージのみ不正解。
  • 2007年2月14日放送分:矢部太郎(解答者:東原亜希、波田陽区、山口もえ、福田沙紀、安倍麻美)※波田のみ不正解。

電撃4択クイズ どっちカニ〜!?[編集]

ルール
各チームが予選ペーパーテストの成績が悪い順に階段席に並び、「A」と「B」の2つのテーマについての問題について、正解は「Aのみ」「Bのみ」「AB両方当てはまる」「ABどちらでもない」の4択で答える。正解すれば次のチームメイトにバトンタッチできるが、不正解だと「カニの天罰」という名の炭酸ガスが不正解者だけでなく後方のチームメイトも襲う。チームメイト全員が抜ければ勝利となる。1位勝利チームは100点・2位勝利チームには60点(1チームの解答者が7人の場合の2時間・3時間SPは70点)・3位勝利チームは正解者の人数×10点(例:5人正解の時には5人正解×10点=50点)の得点が与えられる。「カニの天罰」の内容は、女性はのみに電流が流れるが、男性には腕とお尻(解答者が座っている椅子)からも電流が流れる。
出題される問題は同じAとBのテーマが1-3問出題される。
実施時期
初登場は2005年10月12日放送「お引越し記念・クイズパレード女だらけの2時間SP」。2007年2月21日放送分で終了。
備考
初登場当時は電流の天罰がなかったため、タイトルは「行列恥かきクイズ どっちカニ〜!?」だった。電流の天罰が追加されたのは2005年11月16日放送「芸人vs新旧アイドル2時間スペシャル」で行われた2回目から。

日本列島(吹き矢)クイズの旅 この人だ〜れ?[編集]

ルール
司会の島田紳助が日本地図に吹き矢を吹き、その吹き矢が当たった場所にあらかじめ依頼された出演者2人が旅人として出かけ、それぞれの旅人が別々にそこの町の人へ問題を出題していく。町の人が正解できなかった場合は別の人に同じ問題を出題し続けなければならない。町の人が正解したら次の人から次の問題を出題することができる。問題は全部で3問で、内容は出場者(有名人)のフルネームを当てるもの。それぞれのチームは、3つの問題を正解させるまでに要した総人数が最も少ない旅人を予想する。正解得点は30点(最初の1回のみ旅人3人。1位得点には50点、2位には30点、3位には10点)。
実施時期
初登場は2006年3月8日放送分。2007年1月24日放送分で終了。
備考

問題文の続きと正解を当てよう 早押し!大正解クイズ!![編集]

ルール
各チーム3人が早押しクイズに参戦。司会者島田紳助がクイズを作成。問題の最初に問題文が読まれるが、解答者がボタンを押さなくても問題文が読まれるのは途中まで。解答チームは問題の続きを予想して、問題文の続きとその解答を当てる。問題文が当たっても解答が間違っていれば不正解。2005年7月6日放送分から問題文の予想がはずれその答えが合っている場合は「確かに」というブザーが鳴る。正解すると10点で全部で5問出題。
実施時期
2005年6月15日放送の第1回から実施。2005年11月9日放送分で終了。
備考
以前島田紳助が司会をしていた『特捜!芸能ポリスくん』にも同じ出題形式のものがあった。

3つのヒントクイズ[編集]

ルール
点数が少ないチームから順に1チームずつ解答。リーダーは「ヘ」「キ」「サ」「ゴ」「ン」「!」のパネルから1枚めくりお題を選ぶ。リーダー以外の5人がモニタに移されるお題をみて、それに関連する1単語のヒントをそれぞれ考える。ただし、NGワードがあり、「正解の一部が含まれる言葉」「企業名・商品名」「お題の言葉またはお題の言葉の一部を含む言葉を他の言語に翻訳したもの」「複合語(例:フリーダイヤル=フリー+ダイヤル)」「次につく言葉が確実に連想される言葉」のようなNGワードを書いたパネラーを指名しても見ることが出来ず解答しなければならない。リーダーはヒントを見る人3人を先に決め、その中から1人ずつ選んでヒントを見ることが出来る。また次に指名した人が以前開いた人と同じヒントを書いてる場合も新たに指名しなおすことは出来ずに解答しなければならない。1人目のヒントで正解すると50点、2人目のヒントで正解すると30点、3人目のヒントで正解すると10点。不正解は0点。解答権は1ヒントで1回のみ。
実施時期
2005年の6月15日放送の第1回から7月6日放送分まで、3回実施。

気になる言葉をお勉強! 予習・復習クイズ!![編集]

ルール
最初に18人全員で、今知っておきたい「気になる言葉」についての予習VTRを見る。その後、各チームからルーレットで代表者2名を選出。リニューアル前の「ヘキサゴン常識チェック!60秒クイズ」と同じ形式で6問の復習問題を解答する。但し「60秒クイズ」と違い、1問の解答時間は15秒。1問正解に付き10点。2人が全問正解すると120点となる。VTR中に重要と書いてある部分だけでなく、細かい数値や名称などもチェックしておくと高得点となる。
実施時期
2005年の6月29日8月31日放送分と10月12日放送「女だらけの2時間SP」の3回実施。

クイズ ナイスキャッチ!![編集]

ルール
チームの代表者がキャッチャー姿に着替え、ピッチングマシンからのボールを見事捕球できればクイズに挑戦ができる。速度は「70km/h」「100km/h」「140km/h」から選択できる。なお、8月24日放送分では、ボールの最高速度は130km/hだった。速度が遅いボールを捕球できれば難しい問題、速いボールは簡単な問題となる(紳助いわく「140km/hなら『信号で渡っていい色は?』だけど70km/hなら『信号を発明したのは誰?』ぐらいになる」)。正解すると20点獲得。8月24日放送分では代表者は1チームにつき2人で、挑戦権は1人1回だったが、8月31日放送分では代表者は1チームにつき1人で、挑戦権は1人2回だった。
実施時期
2005年の8月24日8月31日放送分の2回実施。

クイズ!街角恋人選び[編集]

ルール
芸能人であるAさんとBさんに恋人予想候補になってもらい、2つの場所で街行く女性に一方はAさんを含む6人の芸能人、もう一方はBさんを含む6人の芸能人から恋人にしたい人を選んでもらい、各チームはAさんとBさんのどちらが先に恋人に選ばれるかを予想してもらう。インタビューする女性は各場所で50人ずつ。恋人候補者の2人はインタビューのそばの車内でモニタリングをしていて、インタビュー後にドッキリで候補者本人が女性と対面する。予想が的中したチームが30点獲得。
実施時期
2006年の6月28日放送分から7月19日放送分まで、3回実施。

クイズ!恋人にしたくないのは誰?[編集]

ルール
上記の「街角恋人選び」とは逆に、3つの場所で街行く女性に芸能界のブサイク芸人6人の中から恋人にしたくない人を選んでもらうもの。各チームは6人の中で誰が一番票数を獲得するかを予想してもらう。インタビューする女性は各場所で50人ずつ(合計150人)。予想が的中したチームには30点獲得。
実施時期
2006年8月2日放送分のみ。

スペシャル放送[編集]

「タレントで構成される3チームがクイズで対抗する通常の1時間の番組」とは異なる放送が行われることがある。

  • 通常放送より放送時間が長くなり、参加者が増え、ステージ数が多くなる(拡大版)
    • 「歳末超クイズパレード2時間スペシャル!!」(2005年12月21日)、「4チームで対戦の回」(2006年12月27日)、「クイズ&スポーツパレード」(2007年5月2日)など
  • 参加者全員が特別なメンバーで占められる(変形版)
    • 「お笑い芸人大会」(2005年8月31日)
      • 湯浅卓、ほっしゃん。、ほんこん、河本準一、ノブ、レイザーラモンHG、オール巨人、波田陽区、竹山隆範、出川哲朗、大島美幸、井上聡、大悟、オール阪神、黒沢宗子、村上知子、間寛平、大沢あかねと湯浅と大沢を除く16人が芸人で占められた。
    • 「女だらけの2時間スペシャル!!」(2005年10月12日)
      • 叶美香、水野裕子、デヴィ・スカルノ、飯星景子、かねさだ雪緒、井上和香、アジャ・コング、杉田かおる、西川史子、中田彩、宮地真緒、三船美佳、松本伊代、山口もえ、堀ちえみ、北斗晶、磯山さやか、安めぐみと18人全員が助詞で占められた。
    • 「フジテレビアナウンサー大会」(2006年2月8日)
      • 三宅正治、山中秀樹、阿部知代、青嶋達也、佐野瑞樹、政井マヤ、高島彩、田淵裕章、田中大貴、平井理央、中村仁美、渡辺和洋、遠藤玲子、中野美奈子、内田恭子、戸部洋子、宮瀬茉祐子、倉田大誠と18人全員がフジテレビアナウンサーで占められた(山中、政井、内田は当時)。
    • 「特別編・頭を強く打っちゃった大会」(2006年9月20日)
      • アジャ・コング、角田信朗、ライオネス飛鳥、小倉隆史、水内猛、長州小力、畑山隆則、徳山昌守、秋山成勲、竹原慎二、渡辺久江、ガッツ石松、ジャガー横田、平仲明信、渡嘉敷勝男、薬師寺保栄、輪島功一、井岡弘樹と18人全員がスポーツ選手で占められた。
  • 特別なメンバーで占められる1チームがいつものメンバーによるチームと対戦する(対抗戦)
    • 「Wぅ杯 番組交流戦スペシャル」(2006年6月14日)
      • 堤下敦、塚地武雅、西野亮廣、板倉俊之、梶原雄太、鈴木拓の6人が「はねるのトびらチーム」として参戦。
    • 「26時間テレビスペシャル」(2006年7月16日)
      • 江守徹、板東英二、和田アキ子、円広志、間寛平、中居正広の6人が「中居正広チーム」として参戦。
    • 「27時間テレビスペシャル」(2007年7月29日)
      • 矢部太郎、小林隆、山本太郎、山口智充、山本耕史、香取慎吾の6人が「新撰組!!チーム」として参戦。
    • 「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」スペシャル(2007年8月29日)
      • 崎本大海、姜暢雄、高橋光臣、紺野まひる、岩佐真悠子、木村了の6人が「イケメンチーム」として参戦。
    • 「27時間テレビスペシャル」(2008年7月26日)
      • 浅田美代子、村上ショージ、間寛平、ジミー大西、中村玉緒、明石家さんまが「明石家さんまチーム」として参戦。
  • 「3チームがクイズで対抗する」という基本的な枠組みが崩れ、事実上別番組である(番外編)
    • 「沖縄合宿スペシャル」(2007年9月26日)、「京都旅行3時間スペシャル」(2008年2月20日、2008年3月5日)[3]、「南紀白浜合宿スペシャル」(2008年9月17日)

スペシャル放送のクイズ[編集]

21人(18人・24人)で一斉早押し!早抜けクイズ[編集]

ルール
各チームが予選ペーパーテストの成績順に並び、知識問題の早押しクイズに出場者21人(18人または24人)全員で解答する。解答権は1問につき1人1回。正解するとその解答者は勝ち抜け。チーム全員が勝ち抜ければ得点できる。1位勝ち抜けチームには100点・2位は50点・3位は30点獲得。1位50点・2位30点・3位10点の場合もある。
実施時期
初登場は2005年11月16日放送の「芸人vs新旧アイドル対決2時間スペシャル!!」。
備考
お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件』でも、最初の30分程度実施された。

ベルトクイズ!タイムショック!ショック![編集]

ルール
各チームから代表者1-2名を選出。代表者はランニングマシーンで走りながら1分間で1問につき5秒ずつ、12問のクイズに挑戦する。解答者はクイズがスタートする前に1-10番の中から問題番号を選択する。正解数に応じてチームは得点(一問につき10点)、解答者個人は賞金が獲得できる。しかし、不正解の度にランニングマシーンのベルトのスピードが除々に上がっていき、そのスピードに対応しきれずに解答者の後ろにある水のプールに落ちてしまうと、そこで途中でもクイズは終了。獲得した賞金はすべて没収となる。ただし得点については正解したところまでの点数が加算される。
実施時期
初登場は2006年3月22日放送の「春の3時間スペシャル」。2007年5月2日の「クイズ&スポーツ3時間SP」で終了。
備考
このクイズではテレビ朝日系列の『クイズタイムショック』とそっくりなセットが用意され、オープニングでは紳助が、『クイズタイムショック』の初代司会者である田宮二郎が発していたキャッチフレーズをこのクイズ用にアレンジしたキャッチコピーをコールする。また、クイズ中のBGMも前半は田宮司会時代の、後半は山口崇司会時代のBGMを模している。

嫌でもクイズに答えよう(早押し)ご指名クイズ[編集]

ルール
まず問題のジャンルが発表された後に読み上げられる問題を聞いて、各チームの代表者が早押しをし、チーム内で正解できそうなメンバーを指名する。指定したメンバーが正解すれば抜けていき、最後に代表者が正解すればクリアとなる。但し、代表者に指名されたメンバーは必ず答えなければならない。得点は、1抜けのチームは100点、2抜けチームは70点、3位は抜けた人数×10点。2007年5月2日と2008年1月2日の3時間SPは1位に50点、2位に30点、3位に10点。
実施時期
2007年3月28日放送の「春の3時間SP」と、2007年5月2日の「クイズ&スポーツ3時間SP」、2008年1月2日の「新春3時間SP」の3回実施。

クイズ フリースロー9[編集]

ルール
各チームごとに9つのリングがある、バスケットボールのフリースローに挑戦。1チームにつき、挑戦時間は60秒で、ゴールを決めると一旦タイマーは止まり、リングに書かれたジャンルの問題が出題される。その際、シンキングタイムの長さは決められていない。問題が終了するとタイマーが再開する。正解するとそのリングはクリアとなり、1つのジャンルに正解するごとに10点。不正解の場合は正解を発表せず続けてフリースローを行う。同じところに入れば同じ問題となる。1つのリングに1問しかなく、正解済みのリングに入れても無効となる。残り時間0-1秒時点で投げたものは時間経過後にゴールに入っても問題に挑戦できる。
実施時期
2005年11月16日放送の「芸人VSアイドル2時間SP」と、2005年12月21日放送の「歳末クイズパレード2時間SP」の2回実施。

16面パネルクイズ[編集]

ルール
4×4の16面のパネルにテーマが隠されていて、テーマに関する問題に各チームリレー方式で解答していく。問題に正解すると、そのテーマのパネルは正解したチームの色に変わり、他のチームの色のパネルを自分のチームの色のパネルの間に挟むと、そのパネルは自分のチームの色にすることができる。1問につき各チームの解答権は1回のみで、3チーム全員不正解の場合にはそのパネルは持ち越しとなる。獲得したパネルの枚数×10点が得点となる。
16面全てのパネルが埋まると、16面パネルを囲む20面のアルファベットのパネル(「A」-「T」)のパネルが現れ「アタックチャンス」というボーナス問題が出題される。これは各チーム予選最下位が解答者となり、問題に正解すると20面のパネルの好きなパネルを自分のチームの色にすることができる。無論、選択したパネルと自分のチームの色のパネルの間にある他チームの色のパネルは正解したチームの色に変わるというルールである。
1回のみ、「ハンターチャンス」と称した、すでに埋まっているパネル1枚を指名し、正解チームがそこをチームの色にできるチャンスがあった。通常問題とアタックチャンスの間に挟まれて実施。
実施時期
2006年2月15日放送の「ヘキサゴン100回突破記念2時間SP」と、2006年3月22日放送の「ヘキサゴン春の3時間SP」の2回実施。
備考
パネルクイズ アタック25』(テレビ朝日系列・朝日放送制作)とルールが似ており、実際に、パネル面が16面なので紳助は何度も「アタック、16」と叫んでいた。そのため出演者からは「パクリや」という声も飛んだ。ちなみに、紳助は関西ローカルの特別版(『クイズ!紳助くん』でのパロディ企画・朝日放送開局55周年記念特番・朝日放送新社屋移転記念特番)ではあるが実際に『アタック25』の司会を務めたことがある。

おいしいクイズ[編集]

ルール
予選ペーパーテストの成績下位者4名が40品の材料(果物だけでなく野菜や漬物などもある)の名前が書かれたプレートの中から一つずつ合計4品を選んでその材料でミックスジュース(ベースは牛乳)を作る。それを全員がコップ一杯分を1人10秒以内に飲み干し全員が「おいしい」と言えれば50点獲得。一人でも残してしまえば、得点獲得はない。
実施時期
2007年8月1日放送の「夏休み2時間SP」と、2008年1月2日放送の「新春3時間SP」の2回実施。
備考
材料名はすべて「桜桃」「鳳梨」「沢庵」「甘藍」など、漢字で書かれているため、漢字が読めないととんでもないミックスジュースになってしまう。

記録[編集]

後半4人が材料を選ぶ人、前半4人が見守る人。

2007年8月1日放送分
  • 黄色チーム(山本モナ、田中卓志、岡田圭右、増田英彦、田村裕、つるの剛士、スザンヌ、若槻千夏)
    • 選んだ材料は田村が「桜桃(サクランボ)」、つるのが「栄螺(サザエ)」、スザンヌが「韮(にら)」、若槻が「胡桃(くるみ)」。
    • モナ、田中、岡田、増田は飲みきれたが、若槻が飲めずに失敗。
    • 材料を選んだ人物は飲んでいなかったため、田村、つるの、スザンヌの3人にも飲ませたが、つるのとスザンヌは「マズい!」と言っていたのに対し、田村は「全然余裕!」と発言し飲みきった。貧乏時代の影響を残した形となった。
  • 緑色チーム(麻木久仁子、山根良顕、小杉竜一、杉浦太陽、陣内智則、香田晋、木下優樹菜、上地雄輔)
    • 選んだ材料は陣内が「無花果(いちじく)」、香田が「心太(ところてん)」、木下が「練乳(れんにゅう)」、上地が「パイナップル(鳳梨)」。
    • 8人全員が飲みきり成功。
    • あまりのおいしさにこのジュースは当時開催されていた「お台場冒険王」で一般に販売された。
  • 桃色チーム(眞鍋かをり、ラサール石井、吉田敬、波田陽区、ほしのあき、大沢あかね、野久保直樹、里田まい)
    • 選んだ材料はほしのが「杏(あんず)」、大沢が「黄粉(きなこ)」、野久保が「練乳」、里田が「苺(いちご)」
    • 石井、眞鍋、吉田、波田、ほしのは飲みきれたが大沢が飲めずに失敗。
    • 黄粉を選んだ張本人の大沢が「黄粉がのどに引っかかる」とコメントしたため他のチームメンバーから大ブーイングを受けていた。
2008年1月2日放送分
  • 黄色チーム(水野裕子、品川祐、飯沼誠司、クリス松村、水町レイコ、小倉優子、スザンヌ、上地雄輔)
    • 選んだ材料は水町が「栗金団(くりきんとん)」、小倉が「西瓜(すいか)」、スザンヌが「葡萄(ぶどう)」、上地が「甘藍(キャベツ)」。
    • 8人全員が飲みきり成功。
  • 桃色チーム(渡辺正行、河本準一、波田陽区、ほしのあき、山川豊、misono、つるの剛士、野久保直樹)
    • 選んだ材料は山川が「赤茄子(トマト)」、misonoが「柚子(ゆず)」、つるのが「西瓜」、野久保が「葡萄」。
    • 8人全員が飲みきり成功。
    • 山川の選んだトマトが味の妨げになったため、紳助が選んだ理由を聞くと、山川は「皆さんの体のためですよ」とコメントした。
  • 橙色チーム(山本モナ、岡田圭右、増田英彦、井上聡、香田晋、里田まい、木下優樹菜、たいぞう)
    • 選んだ材料は香田が「菴羅(マンゴー)」、里田が「鳴門(なると)」、木下が「柚子」、たいぞうが「獅子唐(ししとう)」。
    • 8人全員が飲みきり成功。
    • たいぞうが獅子唐を選んでしまったのが原因であまりにもマズいジュースになってしまい、特別ルールとして10秒の制限時間なしで全て飲み干せば得点獲得となった。
2009年1月2日放送分
  • 水色チーム(ラサール石井、岡田圭右、波田陽区、品川祐、庄司智春、野久保直樹、スザンヌ、misono)
    • 選んだ材料は庄司が「紅蘿蔔(にんじん)」、野久保が「杏仁(アーモンド)」、スザンヌが「金橘(きんかん)」、misonoが「蘋果(りんご)」。
    • 8人全員が飲みきり成功。
  • 桃色チーム(山根良顕、山田ルイ53世、田中卓志、ひぐち君、クリス松村、里田まい、南明奈、木下優樹菜)
    • 選んだ材料はクリスが「杏仁」、里田が「芒果(マンゴー)」、南が「蕎頭(らっきょう)」、木下が「洋葱(たまねぎ)」。
    • 山根、山田、ひぐち、クリス、里田、木下は飲みきれたが、田中、南が飲み干せずに失敗。
  • 橙色チーム(渡辺正行、藤本敏史、原西孝幸、小島よしお、つるの剛士、涌井秀章、西岡剛、上地雄輔)
    • 選んだ材料はつるのが「花椒(さんしょう)」、涌井が「杏仁」、西岡が「大蒜(にんにく)」、上地が「日本銀帯鯡(きびなご)」。
    • 渡辺、藤本、小島、涌井、上地は飲みきれたが、原西、つるの、西岡が飲みきれずに失敗。

前後を答えよう!2ショットクイズ[編集]

ルール
『罪』と『罰』」のような2つの言葉を答える問題に2人一組で早押しで答える。答えの前半は各チームの成績最下位以外のメンバー、後半は成績最下位者が答える。正解すれば、成績最下位以外のメンバーは順番で交代する。どちらかがボタンを押せばそのチームに回答権が回るため、成績最下位のメンバーがわかっていてもパートナーがわからないといったこともある。
 2008年3月26日放送では、両方正解して5点獲得。時間切れになるまで続いた(最終問題は10点)。
 2008年4月30日放送からは、他のメンバーが2巡したチームから抜けていき、1位50点、2位30点、3位10点だった。
実施時期
2008年3月26日放送の「春の3時間SP」と、2008年4月30日放送の「GW2時間SP」、2008年10月1日放送の「秋の3時間ファミリースペシャル」の3回実施。

その他[編集]

※スペシャル放送で一度だけ実施されたクイズ

  • 2005年10月12日放送の「お引越し記念女だらけの2時間SP」
    • 履歴書クイズ この人だぁれ?
      5人が歴史上の人物について履歴書を書き、解答者がそれが誰かを当てる。
    • 逆転クイズ これ何ですか?
      4つのジャンル・得点10-50点の項目から選び出てくる写真の名前を当てる。
  • 2006年2月15日放送の「ヘキサゴン100回突破記念2時間SP」
    • クイズ!あ〜誰だっけ?
      写真に出る人を見てそれが誰なのかを早押しで答える。
    • あいうえお短歌クイズ
      5人があるお題について短歌にし、解答者がそれが何かを当てる。
  • 2006年3月22日放送の「春の3時間クイズ祭り」
    • おさらい復習クイズ
      各チーム成績最下位の人が、過去に出題されたクイズに挑戦する。
  • 2006年5月3日放送の「GW超クイズパレード2時間SP!!」
    • 芸能人の常識チェック もちろんクイズスペシャル
      出演者21人全員にアンケートを実施し、その中からプライベート問題を穴埋め問題として出題。
  • 2006年9月20日放送の「特別編『頭を強く打っちゃった大会』」
    • クイズ!ここまで出てるでしょう
      5人のチームメイトが自転車をこぐ速度が上がると画像を隠しているパネルが開き、解答者は画像を見て問題に解答する。
  • 2006年11月1日放送の「衝撃解答続出緊急2時間SP」
  • 2007年3月28日放送の「史上最高の爆笑連発祭3時間SP」
    • クイズ!はじめてのおつかい!!
      里田まいに『山葵』などの漢字で書かれたメモを渡して「おつかい」に行ってもらい、5つのうちいくつ正しく買えるか予想する。
  • 2007年5月2日放送の「超クイズ&スポーツパレード3時間SP」
    • 片山右京に抜かれるな!カートレースクイズ
      5人の芸能人と50メートル以上のハンデをつけられた片山がカートで対戦し、5周で何人抜くかを予想する。
    • 奇跡を起こせ!ホールインワンクイズ
      プロゴルファーが100球でホールインワンに挑戦し、6人の芸能人のうちの誰がプロより少ない数でホールインワンを獲るかを予想する。プロがホールインワンを出さなかった場合、誰がプロよりもカップに近づけられるかを予想する。
  • 2007年9月26日放送の「沖縄合宿3時間SP」
    • おこづかい獲得!24人で早押し早抜けクイズ
      上記の一斉早押し!早抜けクイズの要領で、抜けた順番に合宿での所持金が決定する。
    • 昼食決め!早抜けビーチ穴掘りクイズ
      ビーチに埋められたカプセルを掘り起こして、正解した順番に昼食のメニューが決まる。ただし「ハズレ」のカプセルもある。
    • 夕食決め!お絵かきクイズ
      出演者全員がお絵かきをして、その絵を鑑定し、その順位により夕食のメニューが決まる。
      このとき鑑定したのが石坂浩二で、紳助と石坂が司会を務める『開運!なんでも鑑定団』をパロディにしており、鑑定中のBGMもこの番組で使用しているものを使った。
    • 宿泊決めクイズ!
      ここから参加する3名が各チームに1人ずつ合流する。その3人が代表回答者となり、5問先取の早押しクイズに挑戦し、最後に残った代表者のチームがホテルに泊まれない。
    • 朝食決め!真夜中クイズ!
      真夜中に2択のクイズを出し、正解・不正解で朝食のメニューが決まる。
    • 昼食決め!ウェイクボードクイズ
      4人がウェークボードに挑戦し、誰が3回までで立つことができるかを予想し、的中・ハズレでメニューが決まる。
    • 告白順決め!一斉早押しクイズ
      男性陣が早押しでクイズに答え、正解した順に女性陣の内の1人に告白し、成立した場合は沖縄美ら海水族館でデートできる(ただしデート中はずっと手をつないでいないといけない)。
  • 2007年10月10日放送の「父母参観&参戦!!2時間SP」
    • 生きる知恵クイズ
      出題された場面で、挑戦者3名がどの様に機転を効かせて対応し、それが別のスタジオにいる20人の審査員の採点で誰が多くの支持を集められるかを予想する。
      これに似たようなクイズが、かつて紳助が司会をしていた『島田検定!! 国民的潜在能力テスト』で出されていた。
  • 2008年3月5日放送の「冬の京都SP延長戦!!」
    • 木魚早押し!リレークイズ
      基本は行列早抜け!リレークイズと同じだが、スタジオではなく法輪寺を使い、早押しボタンも木魚ボタンとなった。不正解の場合、住職から警策で叩かれる。
    • 2008年9月17日放送の「夏の南紀白浜合宿3時間SP」
    • 2009年3月25日放送の「宮古島合宿3時間SP」

他番組への出演[編集]

FNSの日
2006年以後毎年コーナー企画としてメイン司会者を中心とする1チームと本番組の常連出演者2チームによる対抗戦を行っている。
めちゃ×2イケてるッ!
2007年6月2日に、香田晋里田まいがこの番組の「おバカさん解答者」を代表する形でやべっち寿司に出演している。
2007年8月25日に、香田晋とスザンヌがやべっち寿司に出演した。
2007年12月1日に、Paboがやべっち寿司に出演した。
2008年4月19日に、羞恥心色とり忍者に出演した。
魁!音楽番付
2007年9月12日に、Paboがヘキサゴンのセットをバックに島田紳助、中村仁美アナウンサーと共に出演した。
脳内エステ IQサプリ
2007年9月1日に、『ヘキサゴンII』からの挑戦状として山本モナ、香田晋、木下優樹菜上地雄輔、スザンヌ、つるの剛士が問題VTRの形で出演した。
2008年2月16日に、「IQサプリVSヘキサゴンII」としてアンガールズ、香田晋、波田陽区里田まい、スザンヌ、つるの剛士野久保直樹FUJIWARAがヘキサゴンチームとして出演し、島田紳助中村仁美がコーナー企画で登場した。
2008年3月22日に、上地雄輔、スザンヌ、木下優樹菜がチームヘキサゴンとして出演した。
ザ・ベストハウス123
2007年9月19日に、「ヘキサゴンII爆笑おバカ解答ベスト3」としてラサール石井がプレゼンし、石井の他にもつるの剛士上地雄輔野久保直樹が出演した。同番組内では里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の珍解答も放送された。その後に野久保が準レギュラーに。
新春かくし芸大会
2008年1月1日に、「ヘキサゴンミュージックパレード ?チンプン管プン元気よく?」として里田まい、木下優樹菜、スザンヌ、つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹KABA.ちゃんアンガールズ波田陽区、山本モナ、時東ぁみが出演した。
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP
2008年3月31日にPabo羞恥心が出演した際、ヘキサゴンから生まれたユニットとしてひとまとめにして扱われ、ヘキサゴンのセットをバックにした島田紳助がコメントを寄せている。
2008年6月30日に羞恥心とラクダとカッパが出演した。
2008年9月29日にAIR BANDが出演(アンガールズ田中卓志はねるのトびらのユニット悲愴感と掛け持ち)し、羞恥心がコメントをした。
一攫千金!日本ルー列島
2008年7月18日の3時間スペシャルに、Paboと羞恥心がヘキサゴンのセットをバックに、アラジンの「陽は、また昇る」の宣伝も兼ねてVTR出題者として出演。なおこの番組の後半に解答者として木下優樹菜が出演していたが、出題者となった問題については解答者として参加しなかった。また同日の後半には木下の他、司会の中村仁美、佐々木恭子生野陽子斉藤舞子(以上フジテレビアナウンサー)も解答者となって出場した。
とんねるずのみなさんのおかげでした
2008年7月31日に、Paboが「食わず嫌い」に出演した。
オールスター感謝祭
2008年秋の放送でアラジンを代表してスザンヌと野久保直樹、アンガールズ、FUJIWARA、一発屋2008等多数のヘキサゴンメンバーが出演。一発屋2008がライブを行い、スザンヌがコーラスとして参加した(木下優樹菜・里田まいは出演しなかったため代わりに等身大パネルが置かれた)。2008年春には品川祐が優勝を果たし、2位に安田美沙子、3位に庄司智春と上位3位を独占した。

コンサートへの出演[編集]

2008年7月16日放送分の番組内で、同年10月4日に国立代々木第一体育館で「ヘキサゴンファミリー」によるコンサートを開催することを発表した。出演者は司会者の島田紳助をはじめ、羞恥心、Pabo、クリス松村、ダンディ坂野、金剛地武志、岡田圭右(ますだおかだ)、FUJIWARA、品川庄司、波田陽区、アンガールズ、小島よしお、misono、高原兄。当日は本公演の前に公開リハーサル公演も行われた。

8月23日にはお台場冒険王特設ステージで10月のコンサートよりも一足先に公演を行った。

関連出版物[編集]

  • 『ヘキサゴンドリル』(扶桑社、2007年12月22日) ISBN 978-4594055578
  • 『ヘキサゴンドリルII』(扶桑社、2008年4月25日) ISBN 978-4594056339
  • 『ヘキサゴンドリルIII』(扶桑社、2008年10月8日) ISBN 978-4594057732
    本番組の予選ペーパーテストで使用されている問題をそのまま書籍にしたもの。Iは2006年3月22日放送分から2006年12月27日放送分までの中から選ばれた12回、IIでは2007年1月10日放送分から2007年6月27日放送分までの中から選ばれた12回の問題と正解、街角予想順位と実際の結果が収録されている。
  • 『里田まいのおバカ伝説』(竹書房、2007年11月7日) ISBN 978-4812433171
    全7章の内、「ヘキサゴン予選ペーパーテスト実例集」としてこの番組の予選ペーパーテストでの珍解答に1章が、「ヘキサゴン伝説」として番組内での珍解答に1章が割かれており、その他の章にもこの番組関係の記述がある。

スタッフ[編集]

過去のスタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

関連項目[編集]

  • 特捜!芸能ポリスくん:『ヘキサゴン』の始まる5年前に、TBSで水曜19:00~19:54に放映していた芸能人対抗のクイズ番組。
  • クイズ!ヘキサゴン
  • はねるのトびら
    『ヘキサゴン』の後番組で、『ヘキサゴンII』の同時ネット局とステブレレス編成となっている。
    アシスタントの中村アナがナレーションを務めている。
    この番組から羞恥心のパロディユニット、悲愴感が誕生している。
  • 脳内エステ IQサプリ(この番組と似た企画が放送される。羞恥心やPaboらがヘキサゴンチームとして対決した)
  • アイドリング!!!
    『ヘキサゴンII』番組プロデューサー及び演出の神原孝(「アイドリング!!!」チーフプロデューサーも担当している)の許可を得て、「ヘキサゴンごっこ!!!」としてやっていた。実際に放送で使った予選ペーパーテストを使ってチーム分けをしていた。
    『ヘキサゴンII』番組進行の中村アナは司会進行、番組ナレーターの牧原アナは出題ナレーターとして参加。
    2007年3月21・22日に「もちろんクイズ」と「行列 早抜け!リレークイズ」、2007年6月29日に「行列 早抜け!リレークイズ」を行っていた。
    『ヘキサゴンII』番組プロデューサー及び演出の神原孝から本家『ヘキサゴンII』の出演にアイドリング!!!代表として、1号・加藤沙耶香、2号・小泉瑠美、3号・遠藤舞、7号・谷澤恵里香、9号・横山ルリカ の5名が出演した。[5]
  • ヘキサな二人
  • 一攫千金!日本ルー列島
    当番組司会の紳助が総合司会を務めているクイズ番組。2008年1月に特番として放送され、同年4月にレギュラー化。
  • お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件
    2008年8月放送のスピンオフドラマ。
  • 年度検定
    『ヘキサゴンII』に出演しているタレントと一部のスタッフが精通している。ナレーターも牧原アナが担当。司会はくりぃむしちゅー生野陽子アナ。

いいとも。2013年9月13日 から沢山いたら答えられるかな というコーナーが放送されている 団結しながら一人ずつ解答する 一人ずつ解答するので リレークイズと酷似している 金曜日なので木下も出ている ソモサンセッパ 早抜けリレーやっている 司会が伊藤アナ ペケポン。2014年から早抜けやっている。並び方も同じ ミラクル9。テレビ朝日で同じく水曜日にやっている番組。具志堅が出ている。また2015年11月25日はスザンヌが登場した。4年振りに具志堅と共演した ネプリーグ。ピンポンフラッシュがはや抜けと酷似している。2016年6月27日は上記の通りに八田亜矢子が登場した

脚注[編集]

  1. 2008年5月28日放送分では、原西孝幸FUJIWARA)が「仲間を救え!底抜けドボンクイズ!」のクイズ選択時に山本モナに対して、「リーダーどうします?」と発言している
  2. 元々は「おバカさん」達を纏めて呼ばれていた名残
  3. この時はスペシャルとして3時間を使ってもとても収まりきらなかったとして2008年3月5日の通常放送枠を使用して「冬の京都スペシャル延長戦」が、さらにそれでも放送しきれなかったVTRがあるとして2008年4月1日の深夜に「ヘキサゴンII特別編京都で出会った人に感謝!全て見せますスペシャル!!」が放送された。
  4. 番組内でのクレジットはCD発売後「カシアス島田」に変更された。
  5. なお、9号・横山は2回出演している。

外部リンク[編集]

  • フジテレビ - フジテレビによる公式ページ。次回の出演者や見どころ、予告ムービーなどが見られる。
  • 完全データベース クイズ!ヘキサゴン - 「ヘキサゴン」のデータベース。毎回の放送データやヘキサゴン用語集・名場面集、さらに、毎回携帯サイトのみ掲載されている予選ペーパーテストが掲載されている。
フジテレビ系 水曜19時台(2005年10月以降)
前番組クイズ!ヘキサゴンII次番組
爆笑問題☆伝説の天才-