ジャニーズ事務所

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
株式会社ジャニーズ事務所
種類 株式会社
業種

株式会社ジャニーズ事務所(ジャニーズじむしょ)は、日本芸能プロダクション

社長による事務所所属タレントや研修生(ジャニーズJr.)との性的接待行為(ホモセックス行為)が海外で問題視されているが[1][2]、日本のメディア・警察は公然と無視している。


沿革・特色[編集]

名称の由来[編集]

ジャニー喜多川は渡米した時、劇場のステージマネージャーをしており、袖口から劇を見ていて感動したという。そして帰国後、知人が野球チームを作っていたために、これを真似て自らも「ジャニーズ少年野球団」というチームを作った。そして、この中から選んだ4名の少年でジャニーズを結成させ、ジャニーズ事務所の設立に繋がった。

当初はマネジメント渡辺プロダクションに委託していたが、1962年6月に独立して「ジャニーズ事務所」として創立。それ以降ジャニー喜多川と姉のメリー喜多川がジャニーズ王国を築き上げた。但し、元々は代表・ジャニー喜多川の個人事務所で正式名はなく“ジャニーズの所属事務所”の意でこの名を使用していた。

一般にはよくアイドルの事務所と誤解されるが、本来はミュージカル俳優の事務所である。

女性タレントの在籍[編集]

数多くの男性タレントを輩出しており、男性タレント専門事務所とも認識されているが、1980年代中頃まで女性も在籍していたことがある(スリー・ヤンキーズJOHNNY'Sジュニア・スペシャルオレンジ・シスターズ)。過去には女性のジュニアもいたが脚光を浴びることはなかったため、現在、女性所属者はいない。

所属タレント全体でのスケジュール管理[編集]

現在は同じ事務所の所属芸能人が同時間帯で別々の番組に出演する事も珍しくないが、ジャニーズ事務所では現在も司会、ゲスト出演なども同じ事務所同士でぶつからないようになっている。この為、ジャニーズの所属タレントがレギュラー出演している番組の裏番組には、改編期などその番組が休止時にしか出演しない(月・火曜日の番組を除く)。ただし、最近はバラエティ番組ドラマでぶつかることも見られており、2009年には『中居正広の金曜日のスマたちへ』と『必殺仕事人2009』。『SmaSTATION!!』と『33分探偵』『魔女裁判』で主演俳優と冠番組のメインMCが同時間帯でぶつかる事例も起こっている。また、TBSの番組編成により、『うたばん』と『世界の果てまでイッテQ!』が重なっている。2009年5月23日には、MR.BRAINが拡大されたため、ザ・クイズショウと約30分だけ重なった。

放送曜日・時間 番組名 出演者
月曜12時 森田一義アワー 笑っていいとも! 香取慎吾
月曜20時 世界まる見え!テレビ特捜部 植草克秀東山紀之
月曜22時 SMAP×SMAP SMAP
月曜23時 NEWS ZERO 櫻井翔
月曜24時 嵐の宿題くん
月曜24時 リーダー'S ハウ トゥ Book 城島茂
火曜12時 森田一義アワー 笑っていいとも! 中居正広
火曜22時 魔女たちの22時 山口達也
火曜23時 「ぷっ」すま 草彅剛
火曜24時 タイノッチ 国分太一井ノ原快彦
火曜24時12分 ありえへん∞世界 村上信五丸山隆平安田章大
火曜25時 百識王 井ノ原快彦岡本圭人ジャニーズJr.
水曜21時 ザ!世界仰天ニュース 中居正広
水曜24時 カートゥンKAT-TUN KAT-TUN
水曜24時45分 堂本剛の正直しんどい 堂本剛
木曜22時 ひみつのアラシちゃん!
木曜23時 5LDK TOKIO
木曜24時 バース・デイ 東山紀之
金曜12時 森田一義アワー 笑っていいとも! 草彅剛
金曜19時 ぐるぐるナインティナイン 国分太一
金曜21時 中居正広の金曜日のスマたちへ 中居正広
金曜23時 解体新ショー 国分太一
金曜23時 VivaVivaV6 V6
金曜24時35分 新知識階級 クマグス V6
金曜25時35分 チョナン・カン2 草彅剛
土曜12時59分 VS嵐
土曜16時 Can!ジャニ 関ジャニ∞
土曜17時 裸の少年 ジャニーズJr.
土曜18時 Hi! Hey! Say! Hey! Say! BEST小山慶一郎
土曜19時 天才!志村どうぶつ園 相葉雅紀
土曜23時 SmaSTATION!! 香取慎吾
日曜11時45分 スクール革命! 山田涼介知念侑李八乙女光
日曜11時25分 太一×ケンタロウ 男子ごはん 国分太一
第1・2日曜18時 ザ少年倶楽部 小山慶一郎中丸雄一ジャニーズJr.
第3日曜18時 ザ少年倶楽部プレミアム 国分太一Musical Academy
日曜19時 ザ!鉄腕!DASH!! TOKIO
日曜20時 世界の果てまでイッテQ! 手越祐也
日曜20時 うたばん 中居正広
日曜22時30分 中井正広のブラックバラエティ 中居正広
日曜23時15分 新堂本兄弟 KinKi Kids

著作権・肖像権管理[編集]

日本の芸能事務所の中でも肖像権の管理には厳しく、レコード会社、出演映画・ドラマ・CMの公式サイトとヤフーで、所属タレントの顔写真や動画をウェブページで使用することを制限している。その為、シルエットや似顔絵、セットの画像に差し替えられている。2015年9月のヤフーの国分太一の話題で画像がご成婚報告カードになっていた。同月20日の怪物太郎の話題も宮城スタジアムの画像になっていた。2016年1月24日のアタルの金SMAPの話題も画像が新聞とTBS. ビッグハットと車と假屋崎しょうごになっていた。になっていた。SMAP問題も新聞になっていた。26日のSMAPSMAPの視聴率の話題でタイトルロゴになっていた。2月1日のしゃべくりのキラーの記事でも画像が日暮になっていた 2016年2月12日の金スマイルの話題でTBS. ビッグハットになっていた。翌日のKAT-TUNの話題で画像KAT-TUNのロゴになっていた。19日のパズドラのコロもケーキになっていた。20日のテリーの映画も作者になっていた。25日の道明寺司の話題もドラマタイトルロゴになっていた。3月4日のアカデミーのコロの話題も男優受賞になっていた。7日のしゃべくりのベムの話題でもKAT-TUNの予定になっていた。10日のメレンゲのいのの話題でもメレンゲのタイトルロゴになっていた。12日のNHK) のSMAPの話題でステージになっていた。13日の厨房のテリーの話題で厨房メンバーになっていた。3月17日のダウンタウンのセクシーゾーンの菊地の話題でステージになっていた。尚裏の夜会の近藤雅彦は掲載されなかった。翌日のスペシャリストでもタイトルロゴになっていた。3月25日の音楽駅のKAT-TUNの話題でステージになっていた。28日の24時間の話題で日本テレビになっていた。5月のドラクエのテリーの話題もロトになっていた。6月5日の僕時代の話題でイノッチがステージになっていた。12日のニュースの話題はステージになっていた。16日の999の中丸の話題で画像が最終回告知になっていた。23 日の24TVのハセケンドラマの話題で24TVのマークになっていた。桜工事の話題で24テレビ会見の看板になっていた。翌日のスッキリで放送されたがニュースが完全カットされていた。おそらくビビッドに金曜日はハセケンが出ているからだと思われる。7月7日のコロのFRIDAYの話題でカトパンになっていた。7月14日の夜会の話題でタイトルロゴになっていた。15日のSMAPの音楽の話題でスタジオになっていた。ドラクエの話題でテリーが消されていた。8月5日の山口達也の話題で日本テレビになっていた また、所属タレントが主演した過去の出演番組のDVD化、CS等など一部の再放送などの際にも権利関係が厳しいため、DVD化を断念している番組も多く、作品のファンの間では不満が続出している。在京キー局系のCS放送の場合、フジテレビ721・739のようにまったく放送されていないケースもあれば、TBSチャンネルのように比較的放送されているケースもあり、放送事業者間で温度差が著しい。 ただ最近は、(コマーシャルが中心であるが)規制緩和が行われてエイベックスやジャニーズ・エンタテイメントでは右クリックの禁止や、コンサート等への告知の際、グループが発売しているCDジャケットをイメージ写真として掲載(掲載の際、必ずCDの製造番号も記載される)することを許可するなど例外も出てきた。

しかしパソコンの壁紙、携帯電話の待受け画像、スクリーンセーバー等は、公式サイト上であっても所属タレントの顔写真を使用したものはほとんど作られていない。

一時期、集英社メンズノンノ」のWEBサイトでは表紙の写真もシルエットにされずそのまま掲載されていた。

近藤真彦については自身のホームページに顔写真を掲載しているが、ジャニーズ事務所の他に自身が経営するレーシングチームの運営会社であるエムケイ・カンパニーも肖像権を部分的に有しているためと思われる。

規制の例
カード。ヤフーの国分太一
差し替え状態 企業名・商品名、番組名、作品名 各出演者
原作漫画のイラスト ドラマ「花より男子」・「花より男子2」 松本潤
ドラマ「夜王 松岡昌宏
マーク ロッテCM紹介ページ KAT-TUN
映画「日本沈没 草彅剛
共演者のインタビューで代用 宝島社が出版した「ウルトラマン」関連書籍での出演当時の写真やインタビュー 長野博
肖像画像を掲載しない(またはシルエットを代用) 3年B組金八先生」シリーズ(第8シリーズ除く) 多数のジャニーズJr.
顔写真なし ドラマ「はぐれ刑事純情派 植草克秀村上信五
ドラマ「広島 昭和20年8月6日 国分太一
ドラマ「稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ 稲垣吾郎
写真を使用しないものに変更 iTunes StoreなどPC向け音楽配信サービスで販売している以下の作品のサウンドトラックのジャケット 木村拓哉
ドラマ「華麗なる一族」・映画「HERO
イラスト ドラマ「野ブタ。をプロデュース 亀梨和也山下智久中島裕翔
ドラマ「喰いタン」・「喰いタン2 東山紀之森田剛
解体新ショー 国分太一
呼びかけ 映画「HERO」の撮影のため韓国を訪れた際(ただ、タレントの写真を個人HPに掲載するのは他の事務所でも原則認めていない所は多いため、ある意味当然の事であるとも言える) 木村拓哉
肖像画 ドラマ「バンビ~ノ! 松本潤
ドラマ「特急田中3号 田中聖
一部加工 ドラマ「山田太郎ものがたり 櫻井翔二宮和也
ドラマ「探偵学園Q 山田涼介
ドラマ「3年B組金八先生第8シリーズ」 亀井拓真田佑馬植草裕太カミュー・ケイド
ドラマ「警視庁捜査一課9係」(第3シリーズより) 井ノ原快彦
ドラマ「ラストフレンズ 錦戸亮
ドラマ「ヤスコとケンジ 松岡昌宏大倉忠義
ドラマ「魔王 大野智生田斗真
ドラマ「流星の絆」※トップページのみ 二宮和也錦戸亮
ドラマ「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」※トップページのみ 山田涼介中島裕翔知念侑李有岡大貴
ぼかし処理 24時間テレビ タッキー&翼など
現在確認できている、画像及び動画が掲載されている(または一時的に掲載されていた)サイト
出演者 企業名・商品名、番組名、作品名他
近藤真彦 MK net circuit(KONDOレーシングチーム 公式サイト)
首都高速道路株式会社「首都高速道路中央環状線
東山紀之 テレビ朝日白虎隊
SMAP NTT東日本フレッツ」「ひかり電話
ホットペッパー
大塚製薬ポカリスエット
中居正広 日清食品「日清のどん兵衛」
ダンロップ「ダンロップデジタイヤ」
木村拓哉 コカ・コーラジョージア缶コーヒー
マンダムギャッツビー「ムービングラバー」
産経新聞「SANKEI EXPRESS」
ニコン「D80」
映画「武士の一分
映画「HERO
日清食品カップヌードル
稲垣吾郎 日清食品「麺職人」
明治製菓「ショパン」「アーモンド」(中居と共演)
映画「北極のナヌー」
草彅剛 ベストジーニストの授賞式に出演した際の写真(木村拓哉は掲載されなかった)
magabonによる関西テレビ製作ドラマ僕の歩く道特設サイト
テレビ朝日製作ドラマ愛と死をみつめて特設サイト
公共広告機構2008年度全国キャンペーン日韓共同キャンペーンエコライバルになろう
香取慎吾 明治製菓「明治ミルクチョコレート」
味の素「ピュアセレクトマヨネーズ/冷凍食品シリーズ 」
オムロン「カラダスキャン」
オプティキャストスカパー!光
アサヒビール「アサヒ本生ドラフト」
映画「西遊記」こち亀
TOKIO マイクロソフトXbox 360
城島茂
山口達也
(共演)
日清オイリオヘルシーリセッタ」、「日清オイリオギフト」
国分太一 日清食品チキンラーメン
アサヒビール「アサヒスーパードライ
江崎グリコプリッツ」「堅焼プリッツ」
NHKスタジオパークからこんにちは
映画「しゃべれども しゃべれども
長瀬智也 ロッテ「トッポ」「クーリッシュ」
NTT DoCoMo「DoCoMo 2.0」
TBS歌姫
堂本光一 森永製菓「ポテロングZ」
テレビ朝日スシ王子!
長野博 映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟
滝沢秀明 明治製菓「アミノコラーゲン」「テオブロココア」
映画「黄色い涙
ハウスウェルネスフーズC1000タケダ
au公式サイト内〜“auの庭で”(2008年7月現在、メンバー5人の壁紙の配布も行っている)」
松本潤 僕は妹に恋をする」実写映画版
映画「隠し砦の三悪人
映画「花より男子F
櫻井翔 TBS「山田太郎ものがたり」
映画「ヤッターマン」(地方割引券)
日テレザ・クイズショウ
NEWS クリムゾン「RUSS-K×NEWS」
ローソン「元気になろーソン」
小山慶一郎 テレビ東京HP参照 メインキャスタ- 奇跡の絆
加藤成亮 テレビ東京HP参照 リポーター 奇跡の絆
山下智久 森永製菓「エスキモーMOW」「ウィダーinゼリー」
キッコーマン「ラクベジ」
テレビ朝日「白虎隊
東芝「東芝ノートPC」
東宝映画 クロサギ」ヤフーのテライベント
KAT-TUN ロッテ
NTT DoCoMo
ロート製薬
スカイパーフェクト・コミュニケーションズスカイパーフェクTV!
亀梨和也 ロート製薬「ロートZi:」「もぎたて果実」
赤西仁 ロート製薬「OXY」「セセラ」
田口淳之介 ロート製薬「セセラ」「天使のくちびる」
田中聖 ロート製薬「OXY」「もぎたて果実」
テレビ朝日「白虎隊
上田竜也 ロート製薬「セセラ」
中丸雄一 ロート製薬「もぎたて果実」
関ジャニ∞ 日清食品「日清焼そばU.F.O.」
横山裕 日テレ「ザ・クイズショウ」
佐野瑞樹 毎日放送世界ウルルン滞在記
風間俊介 毎日放送世界ウルルン滞在記
東洋水産マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき
Ya-Ya-yah 進研ゼミ
八乙女光 東洋水産マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき
藤ヶ谷太輔 テレビ朝日「白虎隊
伊野尾慧 進研ゼミ
生田斗真 エイベックスHP、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」オリジナルサウンドトラック・ジャケット写真

イノッチ。アド街

  • なお、声まで露出制限されるケースがある。『アストロボーイ・鉄腕アトム』で香取慎吾が演じた役はDVD化の際、手塚眞の声に変えられている。また、香取は『赤ずきんチャチャ』のレギュラーでありながらサントラCDに収録のミニドラマには出演していない。
  • 原盤権を直接押さえている為に、契約しているレコード会社でも独自リリースが出来ず、それ以外のレコード会社にも音源を貸し出すことは認めていない(例外として、エイベックスと契約しているV6が歌った『ウルトラマンティガ』のOP曲『TAKE ME HIGHER』が、2002年以降はコロムビアミュージックエンタテインメントから発売されたCDにも収録されている他、筒美京平松本隆等、今まで多数の楽曲を提供した作詞家・作曲家が、同事務所以外にも提供した作品を多数収録し、発売した作品集にも、楽曲提供している)。また、映像作品の主題歌をソフト化の際に差し替えることは通常行われないが、『赤ずきんチャチャ』は映像ソフトの販売権をキングレコードが所有しているため、ビクターエンタテインメントと契約しているSMAPが歌ったOP曲『君色思い』は放送時(再放送を含む)しか使用できず、ソフト化の際に当時キング専属だった沢田聖子によるカバー音源に差し替えられた。
  • 着うたフルメロディコールの楽曲配信は、原則として行っていない。しかし、公式携帯サイト「Johnny's web」では時々着うたフルやメロディーコールの配信を行うことがある。
所属タレントの楽曲で、着うたフル及び待ちうた(メロディコール)が配信されたもの
(全て、公式携帯サイト「Johnny's web」より配信)
タレント名 種類 楽曲名 配信サイズ 配信キャリア その他
KAT-TUN 着うたフル SIGNAL フルコーラス NTTDoCoMoのみ ジャニーズ事務所では初めて、着うたフルが配信された
KAT-TUN 着うたフル Peak 1コーラス NTTDoCoMoのみ アルバムのプロモーションとして、先行配信された。
タッキー&翼 着うたフル 24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のチャリティソング「勇気のカタチ 〜私を変えてくれたあなたへ〜 1コーラス 全キャリア 歌は、加山雄三谷村新司・タッキー&翼で歌われている。尚、タッキー&翼が参加している同曲は、CD化されていない。(加山・谷村のみの同楽曲は、CD化されている)
SMAP 着うたフル HAPPY HAPPY SMAP その他 全キャリア ジャニーズ事務所の系列レコード会社以外での配信は初。楽曲の一部分を、テーマA〜Cのパターンで配信。
SMAP メロディコール 弾丸ファイター --- NTTDoCoMoのみ メロディコールの配信は、この楽曲が初。ダウンロード後は、2008年1月31日まで使用可。
NEWS 着うた 太陽のナミダ --- 全キャリア メンバーが歌詞を変えて歌っている。
タッキー&翼 着うた 恋詩-コイウタ- --- NTTDoCoMoのみ ピアノver.とオルゴールver.。
大野智 着うたフル シンプル980「だいじな会話」 フルコーラス 全キャリア au CMソング。CD化予定無し。
着うたフル 僕が僕のすべて フルコーラス auのみ先行 auのCMタイアップの為auのみ先行で配信される。

又、この曲はBeautiful daysのCP曲として発売予定。

TU→YU 着うたフル そばにいるよ フルコーラス 全キャリア マルちゃん赤いきつねと緑のたぬきコマーシャルソングと連動

賞レースへの不参加方針[編集]

「所属タレントに優劣をつけさせない」との方針により、「ノミネート候補者を何人か選び、その中から大賞やグランプリ獲得者を決める」という形式の賞レースへの参加は全て辞退している。 (毎年、大晦日に近い平日に放送されるTBS系列の「第○回輝く!日本レコード大賞」に彼らが出演しないのがその例) 最近受賞した賞は1993年、少年隊ゴールデン・アロー賞演劇賞。

1987年近藤真彦第29回日本レコード大賞のグランプリにノミネートされたが、亡くなった母親の遺骨が入った骨つぼを盗まれ、レコード大賞の辞退を求める脅迫文を送付されるという被害にあった。近藤は、「骨つぼは盗めても、自分の心の中にある母親の思い出までは盗めない」とコメントし同賞に出席、見事グランプリを獲得した。

1990年第32回日本レコード大賞では、当時「お祭り忍者」でデビューした忍者が、事務所希望だった演歌歌謡曲部門ではなく、ロックポップス部門にノミネートされたことを不服とし、辞退。

2003年SMAPが「世界に一つだけの花」の大ヒットにより第45回日本レコード大賞の候補に挙がったが、「歌詞の中にあるように“ナンバーワン”を目指すよりも“オンリーワン”を大切に歌ってきた。そのメッセージを貫きたい」との理由でノミネートを辞退している。 2016年の武映画でも受賞したが来なかった。ジャニーズからコメントが来た

2006年日本アカデミー賞において、木村拓哉主演の映画武士の一分」において「優秀主演男優賞」を受賞することとなり、協会側が事務所と授賞式への出演交渉を行なったが、事務所側は「木村に限らず、ウチはレコード大賞や各音楽祭など賞レースというものを十数年前からやっていません。映画も同じで、(辞退は)いまに始まったことではないのです。それに、映画はあくまで監督のものでおこがましいです。また、ホテルで一般の人から入場料を取っての発表会というのもウチ(の方針)に合わない」(授賞式当日の入場料は、ディナー付きで4万円)とし、授賞式への出席辞退を表明した。

「第49回ブルーリボン賞」主演男優賞に、SMAPの木村拓哉とV6の岡田准一がノミネートされたが、辞退を申し入れた。事務所側が辞退を申し入れたのは、ノミネートが発表された2006年1月24日。記者会にファックスで「お世話になった俳優との争いもさることながら、同じ事務所内のタレント同士で賞を争うのは本意ではない。日本国内の賞レースには今後も参加する可能性は極めて低い」と通達した。

なお、海外の授賞式はノミネートの前例がないので、受賞を受けるか辞退するかは未定。

ただし、ベストジーニストオリコン関係の賞など、ノミネートで複数の候補者から選ぶ賞ではなく、そのタレントに直接賞を贈呈、獲得できる賞に関しては、積極的に参加している。

分社化しているコンサート事務局[編集]

所属タレントのコンサート・舞台等の主催、企画、チケット販売などを行う「コンサート事務局」と称する興行会社が設立されている。

所属タレントのコンサートには、「ジャニーズチケット販売約款」という独自の規約が作られており、チケットの販売方法が、通常の販売方法とはかなり異なる。 また、ジャニーズ事務所、およびコンサート事務局で、単独で興行を行う際の一切の作業が出来るため、スポンサー協賛はほとんど行われず、チケットに関連会社・レコード会社・テレビやラジオの放送局・興行運営会社以外の記載(例:「○○presents」などの冠スポンサーの表記)は、まれである。

コンサートチケットはファンクラブ会員に最優先で販売される。このため、ファンクラブで売り切れた場合、一般プレイガイド発売が行われないことが多く、販売されても『立見席のみ』『2階席後方』などの観覧の条件が悪い席に限定される。

舞台などのチケットに関しても、興行運営会社、およびプレイガイドは【ジャニーズチケット販売約款】に基づき、通常の販売と異なった販売を行うことが多い。尚、公演によっては、各タレントが主役の舞台などであっても、コンサート事務局では、取り扱わない場合もある。

また、コンサートや舞台に限らず、所属タレントで行われる興行のプレイガイド販売においては、インターネット販売は一切行われない。

チケットの転売行為には厳しい対応を取っている。 たとえ定価以下の販売であっても、ネットオークションなどで第三者に転売行為を行ったことが判明した場合、転売行為を行なった者が入会しているファンクラブのタレント(複数のタレントのファンクラブに入会している場合は、その入会している分すべて。および、違反したものと同じ住所で登録されている別名義の会員の分も含めてすべて。)のコンサート・舞台などの優先販売の通知は発送停止となり、一切のチケット予約が不可能になる。 また、発送物停止後、本人が転売行為を認める申告をしても、その後の申し込みで抽選の対象となるが、格段に当選確率は落ち、殆どのチケットは購入出来ない。たとえファンクラブ枠でその公演のチケットが完売にならなくても、また、追加公演が決まっても、転売行為をした者には、チケットは殆ど販売されない。

また、追加公演などで振り替えられた公演が当選した旨の連絡が来た場合、たとえそれが公演日直前であっても、その当選したチケットの購入を拒否すると、「当選したチケットの購入を、個人の意向でキャンセルした」とみなされ、次の公演、またそれ以降の公演のチケット購入・及び購入の為の抽選の対象外となる。よって、事務所側が用意したチケットは、申し込んだ以上は必ず購入しなければならない。

コンサートの内容は、基本的にタレント自身が構成(大まかな流れ)を考えている。よって、コンサートに関しては、構成作家は存在しないと言われている。 また、タレントによっては衣装やセットデザイン、踊りの振り付けなどを考えることもある。また、コンサートの演奏は、基本的にカラオケで行われ、生演奏のバックバンドがいても、生演奏ではなくカラオケが流れていることが多い(例外として、近藤真彦やSMAP[一部]・TOKIO・V6(20th Century)・KinKi Kids・関ジャニ∞[一部]は本物の生演奏が披露される)。

1995年~1999年にかけて複数のグループが同じステージセットで公演を行っていた。 これは以前、複数のグループが、春・夏・冬と年に3回のコンサートツアーを行っていたため、1グループごとにステージセットを変更することが限られた時間と日程では不可能だったことと、それに伴う経費節約がその理由である。
(経費節減の理由として、各タレントのファンの年齢層が中高生が多く、その為「お小遣いでチケットを購入出来るように」と、当時のチケット代金が¥3000~¥4000と比較的安価に設定されてあり、セットに経費を掛けることが出来なかったことと、事務所側の「観客は見たいグループがステージに立っていれば、セットはどうでもいいだろう」という見解があった)
このシステムによって、1日で複数のグループが公演を行うことが可能になった。例えば同じ会場で、1日のうち前半の2回と、後半の2回を異なるグループが公演を行っていたりした。
現在は、どのグループもコンサートツアーは年1~2回しか行わないため、このような事は起きてない。たとえ同じ会場で複数のグループが公演を行っても、グループごとにセットを変更している。但し、毎年恒例となっているカウントダウンコンサートが年末年始に行われているグループ(KinKi Kids、NEWS)の公演を挟んで開催されているため、セットチェンジが不可能なことから、年末年始に行われているグループが使用しているセットを同公演でも使用している。

所属タレントの所属レコード会社[編集]

現在、自社レーベル以外にも大手レコード会社に多数の所属タレントが所属している。事務所側が発売日を調整し所属タレント同士で、ランキングを争わないようにしている(一部を除く)。

タレント 所属レコード会社 所属レーベル
ソニー・ミュージックエンタテインメント CBSソニー
佐藤アツヒロ ダブリューイーエー・ジャパン ダブリューイーエー・ジャパン
ビクターエンタテインメント
ユニバーサルミュージック ユニバーサルJ
エイベックス avex trax
ジャニーズ・エンタテイメント ジャニーズ・エンタテイメント
ジャニーズ・エンタテイメント RAINBOW☆ENDLI9
ジェイ・ストーム J Storm
関ジャニ∞ テイチクエンタテインメント インペリアルレコード
KAT-TUN ジェイ・ストーム J-One Records
ジャニーズJr.
  • ジャニーズ・エンタテイメント
  • ジェイ・ストーム

ファミリークラブ[編集]

ファンクラブの組織は、「ジャニーズファミリークラブ」(通称・JFC、ファミクラ、ファミリー、ファミ、家族)と名付けられ、JFCを母体として、各タレントのFC(NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞は合同ファンクラブ「YOU&J」)が作られている。またFCが結成されていないタレントについては「情報局(ジャニーズJr.)」「ジャニーズアーティストクラブ(解散したグループのメンバー)」を組織し、タレントの情報をハガキにて情報提供している。他の芸能事務所と比べても番組協力や番組観覧には力を入れており、各タレントの番組協力の募集を随時行なっている(番組によっては、行なわない番組もある)。

厳しい会員規約が設けられており、一例として、ファンクラブ会員がタレントに会うために所属タレントの合宿所へ足を運ぶなどの行為が露見した場合は、当該ファンクラブからの退会及びコンサートへの出入り禁止等のペナルティーが科せられる。

(詳細はジャニーズファミリークラブを参照)

音楽番組との関係[編集]

  • ミュージックステーション』には所属タレントがほぼ毎週出演し、所属タレントの新曲が直近にない週では主にJr.などのスペシャルメドレーを披露するいわゆるジャニーズ枠が存在する。
  • 近年は『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』への出演が急増している。これは、きくち伸の意向で、ジャニーズタレントが出演している音楽番組の中で、視聴者の反応が最も良いからだとされていたが、曲をリリースするたびには出演はしておらず、また少年隊は1度も出演しておらず(東山は2007年5月28日のトリオ・ザ・シャキーンで出演した)、
  • うたばん』は司会を所属タレントであるSMAP中居正広が務めている事もあり、所属タレントがほとんど出演してるが、曲をリリースするたびには出演をしておらず、TOKIOは1999年7月1日のトークでの出演を最後にトークなしで歌のみの出演となる。また、関ジャニ∞と共に『COUNT DOWN TV』にもほとんど出演していない。また、上記の通り司会が中居である事から、特別企画で曲のリリースとは関係無しにSMAPのメンバーが総出演する事もある。
  • 音楽戦士 MUSIC FIGHTER』にはこれまでSMAP・KinKi Kids(堂本光一ENDLICHERI☆ENDLICHERIによる、個々の出演を含む)・V6タッキー&翼NEWS関ジャニ∞KAT-TUN山下智久テゴマスHey! Say! JUMPが出演している。
  • テレビ東京の音楽番組には、1980年代までは盛んに出演していたが、1990年代以降出演がない。例外として、関ジャニ∞はデビュー以来、毎年7月に行われる「夏祭りにっぽんの歌」に出演している。また、関ジャニ∞は2007年4月より、同局で音楽バラエティ番組「おもてなし音楽バラエティ むちゃ∞ブリ!」をレギュラー番組として持っていた。
  • 毎年大晦日には、年越し恒例として所属タレントが全員集合する(SMAP・内海光司を除く)エンターテインメントショー『ジャニーズカウントダウンライブ』(フジテレビ系)が放送されている。
  • 同じく大晦日に放送されるNHK紅白歌合戦には事務所からの出場枠が2枠に限られており、毎年SMAPTOKIOにほぼ固定されているため、現在ではCD売り上げが伸びているにもかかわらずV6以降にデビューしたグループは出場していなかったが、2009年にはSMAP・TOKIO・NYCboysが出演した。

ジャニーズJr.とタレント育成方針[編集]

デビューするまでは、たとえ単独でコンサートを行えるほどの人気があっても、マネージャーはつかない。仕事の移動も送迎は一切行わず、各々が電車などで移動する。事実、滝沢秀明がジャニーズJr.時代に、連続ドラマに主演していたときも、マネージャーはおらず、滝沢本人が電車で移動していた。現在はジャニーズJr.担当のマネージャーもいるが、人気のJr.に限ってマネージメントしてくれる。ただし掛け持ちのため送迎程度で帰ってしまうことが多い。

ジャニーズ事務所では、社長に認められればいきなりテレビ出演もかなうため、下積み時代(テレビなどに出られない時期等)が少なくても人気が出るチャンスが多いが、「若いうちから売れたとしても、甘やかさない」という事務所の方針で徹底管理されている。

また、「学業と芸能活動を両立できないものは、仕事をさせない。」というポリシーがあり、原則として芸能活動のために学校を休むことを禁止している。そのため、芸能活動をしながら高校や大学を卒業しているタレントも多い。ただ、芸能活動と学業の両立ができないと判断して、高校・大学を中退したり、進学をしないタレントもいる。

所属アイドル(ジャニーズファミリー)[編集]

ジャニーズJr.

事務所を退所したアイドルなど[編集]

以下の項目を参照

関連会社[編集]

傘下
東京グローブ座の運営
2005年6月設立、代表取締役:ジャニー喜多川。SMAPの映像作品などを制作。
タレントグッズ販売、ジャニーズショップの経営
ファンクラブ運営
コンサート及び舞台主催、代表取締役:ジャニー喜多川。
ヤングコミュニケーション傘下、チケット販売部門
1985年設立、代表取締役:藤島ジュリー景子
音楽・映画映像・録音録画の企画制作及び販売
音楽著作権の管理、代表取締役:ジャニー喜多川。野村義男が一時期所属。
音楽著作権の管理。
携帯コンテンツ事業、登記社名は「株式会社エム・シィオー」、代表取締役:藤島ジュリー景子
直営スタジオ
興行
雑誌、カレンダー等の企画制作の各出版社との契約折衝代行
提携
広告宣伝会社・タレントグッズの企画
日本広明社系列、広告代理店・タレントマネージメント

役員と主なスタッフ[編集]

氏名 役職名 備考
ジャニー喜多川 代表取締役社長
ジェイ・ドリーム代表取締役社長
ヤングコミュニケーション代表取締役社長
ジャニーズ出版代表取締役社長
本名: 喜多川擴
メリー喜多川 代表取締役副社長
ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長
本名: 藤島メリー泰子
作家・藤島泰輔の妻
藤島ジュリー景子 代表取締役副社長
ジェイ・ストーム代表取締役社長
ユニゾン代表取締役社長
メリー喜多川と藤島泰輔の長女
小杉理宇造 ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役 スマイルカンパニー代表取締役社長
近藤真彦の元ディレクター
伊豆喜久江 取締役兼社長秘書
白波瀬傑 取締役広報部長
矢崎政実 取締役制作部長
近藤真彦 取締役生活指導担当 テレビワイドショーの中の司会者のコメントで取締役である事が明らかとなった。
東山紀之 取締役 テレビワイドショーの中の司会者のコメントで取締役である事が明らかとなった。
西村善作 監査
飯島三智 ジェイ・ドリーム取締役
SMAP担当チーフマネージャー
喜佐上聖子 ヤングコミュニケーション役員
ジャニーズファミリークラブ主任
遠藤直人 ヤングコミュニケーション役員 忍者の元メンバー
元「PLAYZONE」プロデューサー
大和剛 ヤングコミュニケーションコンサート事務局役員
「PLAYZONE」プロデューサー
高木延秀 ジャニーズJr.担当チーフマネージャー 忍者の元メンバー
遠藤五佐緒 事務所スタッフ ハイ・スパンキーの元メンバー
SANCHE(サンチェ) 専属振り付け師
鳥越晃
元:田原俊彦ひかる一平シブがき隊担当マネージャー ジャニーズJr.
板野俊雄 元:田原俊彦シブがき隊担当チーフマネージャー JJSVIPジャPAニーズの元メンバー
現在はリズミックス・ダンシング・クラブを開校
ボビー吉野 元:専属振り付け師 ジャPAニーズの元メンバー
現在はボビー吉野ジャズダンススタジオを開校
矢田次男 顧問弁護士 のぞみ総合法律事務所所属

その他[編集]

若手の所属アイドルを中心に、セミヌードのグラビアを女性向け芸能誌だけでなく、テレビ情報誌にも掲載する事がよく見られる。他の芸能プロダクションのアイドルでもたまにやっている事ではあるが、ジャニーズ事務所の所属アイドルでは特に顕著である。

原宿などの若者たちで賑わう町には「ジャニーズ非公式グッズ販売店」が並んでいる。所属アイドルの写真や、グッズなどを販売している。ほとんどの場合は地下や2階など、すぐには見つけづらい、または入りにくい位置に店がある。[要出典]

本来ならば、所属タレントの家族、肉親は基本的にはメディアには顔を出さないようにしてはいるが、現時点で、SMAPの中居の父とV6の井ノ原の姉が現在、メディアに顔を出してはいる。

脚注[編集]

  1. Fukue, Natsuko, "So, you wanna be a Johnny?", Japan Times, 14 April 2009, p. 3.
  2. Secrets, Sex, and Spectacle: The Rules of Scandal in Japan and the United States ISBN=0-226-89408-8 Mark D. West著 University of Chicago Press出版 p210

関連項目[編集]

私設ホームページは、信憑性が確かではないのでリンクしないでください。

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はジャニーズ事務所にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。