リクルート

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

株式会社リクルートRECRUIT Co., Ltd.)は、日本の株式会社である。広告を主体にした、出版およびインターネットにおける情報サービスを主な事業としている。

沿革[編集]

来歴[編集]

1960年江副浩正によって創業され、さまざまな分野で情報サービスを提供している。社員全員が参加できる新事業コンペを早くから導入し、若手社員でも自由に事業を起こすことができる開放的な社風であるという。人材輩出企業としても有名で、あらゆる業界にリクルート出身者が存在。 MR(=元リクルート)会は、リクルート出身者による互助組織としての活動を行っている。

1988年の、戦後最大級の疑獄事件ともいわれたリクルート事件の後、リクルートの創業者である江副が経営から退くと共に、大手スーパー・ダイエーの創業者・社長(当時)の中内功へ保有株式が譲渡され、ダイエーの系列下に入ったが、2000年頃に離脱している。ダイエーグループ入りの際、ダイエーは「もの言わぬ株主」に徹する代わりに負債の肩代わりはしない立場をとった(ただし、ダイエー本社から中内功を含む数名の役員が送り込まれた)。このため、リクルートはダイエーより来た高木邦夫の下、バブル期の不動産やノンバンク事業の失敗で94年3月期に約1兆4,000億円あった有利子負債を自力で完済した。以降はどの企業グループにも属さず、情報サービス業としての中立性を維持しながら事業展開している。

2002年には、代表取締役会長兼CEO(当時)河野栄子は小泉内閣下でオリックス会長の宮内義彦が議長を務める総合規制改革会議委員の一人で、製造業における労働者派遣事業の解禁を内閣に答申した。ほぼ答申通りの閣議決定が行われ、法律が施行されると、リクルートも派遣事業に参入。

2004年5月末には、リクルート出身者が在職時に所有していた自社の持ち株をリクルート社に売却した際の売却益の集団脱税朝日新聞他、新聞各紙で伝えられる。

2004年度から、旧日本郵政公社から3回にわたる一括売却で424の物件を落札したのが、リクルートコスモス、および、商号を変更した株式会社コスモスイニシアを代表とする共同購入者。

2007年には、週刊誌AERA(12月3日号)にて、若者の就業支援ニートフリーター対策)を行うジョブカフェで超高額の人件費が計上されていた事が発覚。12月25日の参議院厚生労働委員会において問題となった。

会社の概要[編集]

2008年3月期末現在の株主[編集]

括弧内は、所有株式の割合を示す。

主なサービス・情報誌[編集]

インターネットサービス[編集]

情報誌[編集]

  • 職業系(求人情報誌
    • フロム・エーアルバイト情報誌 ※Webとフリーペーパーに移管)
    • 就職ジャーナル(大学生向け就職情報誌 ※Webに移管)
    • ビーイング(一般就職・転職情報誌 旧週刊就職情報 ※2008年3月26日をもって終刊し、フリーペーパーの「タウンワーク社員」に移管)
    • とらばーゆ(就職・転職情報誌。1985年創刊。男女雇用機会均等法の施行とともに「女性のための仕事情報誌」のキャッチフレーズで登場し、女性の社会進出の進展ともあいまって、「トラバーユする」などの流行語を生み出した。1999年の雇均法改正で性別を限定する求人が原則禁止となったため、男女対象の情報誌となり、正社員情報を中心に、契約社員、アルバイト派遣等も含めた多様な雇用形態の事務職、ファッション販売、クリエイター医療介護美容の専門職などを網羅している ※Webとフリーペーパーに移管)
    • ガテン土木建築運転手メカニックなど現業系職種(ブルーカラー)の就職・転職情報誌。創刊時に「働いて強くなる」というキャッチコピーで宣伝された)※2009年9月末をもって終刊。現在は『タウンワーク』に特集として「ガテンページ」を掲載。

フリーペーパー[編集]

  • タウンワーク(2000年に創刊された無料の地域密着型求人誌。毎週月曜日発行。全国89版)
  • タウンワーク社員(正社員専門求人誌)
  • とらばーゆCASUAL(女性向け求人誌)
  • ホットペッパー(主に女性向けのクーポン付地域情報誌)
  • R25(25歳以上の男性をターゲットにして2004年夏に創刊された総合週刊誌)
  • L25(25歳以上の女性をターゲットにして2006年11月に創刊された総合週刊誌)
  • SUUMOマガジン(旧・住宅情報タウンズ、地域型住宅情報誌)
  • SUUMO新築マンション(旧・住宅情報マンションズ、地域型住宅情報誌)
  • CAR SMILE(2006年から2007年にかけて関東地区限定で発行されていた中古車情報誌、終刊)
  • フロム・エーZERO(アルバイト情報誌、関西・東海地区のみ,タウンワークに統合)

造語[編集]

出身の著名人[編集]

     (経歴;新聞・雑誌掲載及びテレビ出演)

財界関連[編集]

政界関連[編集]

100(2).gif

 なお、加藤の後援会の一つは3代続けて後援会長がリクルート出身[1]。また、加藤の取り組みの一つとして「取調べ可視化」を挙げる事が出来るが(プレス民主2010年10月10日号外2[47])、奇しくも民主党政権成立と歩調を合わせるかの様に、創業者である江副浩正が著したのが、関連の書籍[48][49]である。

教育関連[編集]

藤原が仕掛けたと明言する[2][リンク切れ]NHKハーバード白熱教室の取り組みを伝える朝日新聞の記事 - ゲスト杉並区立和田中学校校長の藤原も、後任校長の代田も、横浜市立市ヶ尾中学校校長の平川も、リクルート出身。藤原は就任早々、朝日新聞東京版に「杉並校長日記」を、平川は留学図書館の代表当時に、朝日新聞別刷りbeに「benglish」を連載。当該記事を担当した女性編集委員は次の記事にも関与[3]

人材・就職就業関連[編集]

IT・マーケティング関連[編集]

出版関連[編集]

不動産関連[編集]

スポーツ関連[編集]

その他[編集]

関連企業[編集]

合弁会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

wikipediaとの比較[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はリクルートにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。