在日韓国・朝鮮人

提供: Yourpedia
在日コリアンから転送)
移動: 案内検索
在日朝鮮人
在日朝鮮人
在日朝鮮人

在日韓国・朝鮮人(ざいにちかんこくちょうせんじん)は、日本定住する朝鮮民族のこと。一般に在日韓国・朝鮮人と言ったときは、おおむね1945年以前から日本に住む者(一世)と、それらの子孫で日本で生まれ育った者(オールドカマー)、またはおよそ10年以上定住する人々(ニューカマー)を指すといわれる。しかし、厳密にどこまでを在日韓国・朝鮮人と呼ぶべきかについては、いくつかの議論があり、明確な定義があるわけではない。

本国での国籍によって在日朝鮮人または在日韓国人と区別されることもある。国籍を問わない呼称として在日コリアン、または単に在日とも呼ばれる。韓国では日本国籍取得者を在日同胞とも呼んでいる。

残念なことに芸能人アナウンサー政治家などにもこれが混じっている。

目次

概要[編集]

在日朝鮮人
在日朝鮮人

在日韓国・朝鮮人という言葉は、日本が朝鮮半島を統治していた時代から継続的に日本に在住し、現在は朝鮮籍あるいは韓国籍を持ちながら、日本に永住する資格(特別永住者資格)を持つ人々に限定して用いられることが多い。日本国籍を取得したものは、コリアンジャパニーズ(朝鮮系日本人または韓国系日本人)と呼ばれることがある。

在日韓国・朝鮮人の性格には、出身地、定住する地域、本国での国籍、来日・定住を始めた時期によって大きな違いがあるといわれている。近年来日した人を「ニューカマー」、戦前からの在日韓国・朝鮮人やその子孫を「オールドカマー」と呼び、区別することもある。

一部では、「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせる目的でつれてきた」などとしているが、1959年の日本政府の発表では在日朝鮮人の総数は61万人だが、徴用労務者で在日朝鮮人となったものは245人で、現在、日本に居住している者は犯罪者を除き自由意思によって残留したものであると明らかにしている。朝鮮人徴用者の日本移入は1944年9月から1945年3月までの期間実施された。1946年3月までに在日朝鮮人のうち140万人の帰還希望者が日本政府の手配などにより朝鮮に帰還している。なお、2009年の韓国政府の発表では、戦時中に12万人(未確認約16万人、朝鮮半島内・日本本土勤務の区別なく)の朝鮮人が徴用されたと発表している。戦後には、戦後の混乱期や済州島四・三事件朝鮮戦争時に密入国した者もおり、密入国者は後に、パチンコなどで長者番付入りするもの、スポーツ選手として名声を得るもの、スパイ容疑者となるものから社会になじめないものなど多様である。韓国外交通商部2009年在外同胞現況によると在日韓国人は91万2655人である。

在日韓国・朝鮮人の定義[編集]

在日朝鮮人
在日朝鮮人

本項では在日韓国・朝鮮人を最も狭く捉える用法を冒頭で紹介している。しかし、これをさらに広く捉えると、韓国との国交樹立後、特に近年来日した韓国人(ニューカマー)や日本国籍を取得した者(コリアンジャパニーズ)も含む場合もある。

帰化して日本国籍を取得した者は「朝鮮系日本人」と呼ばれるのが自然だが、現実にはそのような用例は少なく、単に「日本人」とみなされて朝鮮系であることがすぐにはわからない場合が多い。また、日本に帰化した者にも朝鮮系という出自を言明する者は少ない。これらの人々を「日本籍コリアン」と呼ぶこともある。

「日本籍コリアン」は在日韓国・朝鮮人とは区別されるのみならず、単に「日本人」であるとみなされる場合がほとんどであった。帰化した韓国・朝鮮人も日本人と自認する場合がほとんどだった。また、そう自認する者しか帰化しない時期が長くつづいた。これには、日本在住が数世代を経ていっそう日本人からは区別がつかなくなっていること、帰化がかつて手続き的な国籍取得ではなく民族的同化を求めるものであったこと(現在はそうではないという主張と、現在もそうであるという主張もある)、日本国籍を取得しながら韓国・朝鮮人を自認し表明する者がほとんど見られなかったことなどが関係している。しかし、1980年代末から1990年代にかけて、日本国籍を取得しながら民族的出自を明らかにする者も増えつつある。また、日本籍コリアンを同胞視する在日韓国・朝鮮人も増えている。

呼称[編集]

在日韓国・朝鮮人の呼称は、韓国・北朝鮮それぞれの正統国家としての立場と深く関係している。韓国を支持する在日朝鮮人組織・在日本大韓民国民団(通称:韓国民団ないし民団)は在日韓国人であるべきだと主張していた。これに対して北朝鮮を支持する在日朝鮮人組織・在日本朝鮮人総聯合会(通称:朝鮮総連ないし総連)では、引きつづき日本人は在日朝鮮人と呼ぶべきだと主張している。民団も総連も共に、日本に在住する朝鮮民族は全て自分達の団体および自分達が支持する国家に属するべきであり、呼称に関しても自分達が使用しているものを使用すべきであると主張しつづけている。これとは別に、国籍ではなく民族としてのアイデンティティから在日朝鮮人と呼ぶ場合もある。民族名(朝鮮民族)については、韓国では「韓族」「韓民族」などと呼ばれる。

これら名前に関する南北の争いを避ける場合には、在日韓国・朝鮮人という呼称が使われることが多い。また、在日コリアンという表現が使われることもある。在日とだけ表現する場合は在日外国人一般ではなく、在日韓国・朝鮮人を指すことが大半である。

韓国北朝鮮においては、在日韓国・朝鮮人は一般に、「在日僑胞」(チェイルキョッポ、재일 교포)または「在日同胞」(チェイルドンポ、재일 동포)と呼ばれ、略して「キョッポ、トンポ」と呼ばれることもある。ただ、「同胞」とはいえパンチョッパリ(半日本人)と呼ばれて本国人から差別されることもある。兵役など本国人に課せられている義務を免れていること、華夷秩序の観点から日本を植民地統治時代以前から軽蔑してきたことなど理由は様々である。

池東旭などによって、在日韓国・朝鮮人としてのアイデンティティを獲得しようとの呼掛け・主張の中で、日本に住む朝鮮半島由来の住民(日本国籍を持たない者も含む)の総称として、「コリアンジャパニーズ」などが提唱されている。また、在日韓国人である金城一紀新井英一などが自称として用いている。

歴史[編集]

日韓併合 (1910年8月), 土地調査事業 (1910年~1918年), 「朝鮮人ノ旅行取締リニ関スル件」(朝鮮総督府、朝鮮から日本への渡航を制限, 1919年4月~1922年), 関東大震災 (1923年), 釜山での日本渡航制限措置 (朝鮮総督府, 1925年10月), 東亜通航組合結成、済州島~大阪間の朝鮮人による自主運航開始 (1930年4月~1935年), 朴春琴、衆議院議員当選 (1932年2月), 「朝鮮人移住対策ノ件」日本への渡航抑制、日本在留朝鮮人の同化など方針策定 (日本政府, 1934年10月), 「朝鮮人労働者内地移住ニ関スル件」 (朝鮮における雇用制限の撤廃, 1939年9月), 「朝鮮人労務者活用ニ関スル方策」 (官斡旋, 1942年3月), 朝鮮半島からの徴用開始 (1944年9月), 第二次世界大戦終了と送還事業開始 (1945年), 済州島四・三事件 (1948年), 朝鮮戦争 (1950年), サンフランシスコ講和条約 (1952年), 北朝鮮への帰国運動 (1959年12月~1984年), 日韓基本条約 (1965年), 北朝鮮による日本人拉致 (1977年~1983年), 難民条約発効 (日本)、国民年金法の国籍条項撤廃、特例永住制度実施 (1982年), ソウル五輪 (1988年), アジア通貨危機 (1997年)

在日韓国・朝鮮人移入の背景[編集]

注:ここで述べる背景・経緯は、朝鮮の植民地時代・日本の敗戦以前から日本に居住する在日韓国・朝鮮人に関するものである。

日韓併合以前から南部に住む朝鮮人は日本に流入しはじめており、留学生や季節労働者として働く朝鮮人が日本に在留していた。日韓併合以降はその数が急増した。内務省警保局統計は、1920年に約3万人、1930年には約30万人の朝鮮人が在留していたとしている。

朝鮮人が日本に移入した要因として、大きく分けて二つの社会的変化が挙げられる。第一に、朝鮮における農業生産体制の再編である。併合後の朝鮮では、農村を含めた経済システムが再編され、特に1910年から1918年にかけて行われた土地調査事業によって植民地地主制が確立し、日本人地主親日派朝鮮人地主へと土地所有権が移動した 。これによって多くの農民が土地を喪失、困窮し、離農・離村した。これが日本移住につながった。また、産米増殖計画によるの増産と日本への過剰輸出が、朝鮮半島で一人当たりの米の供給量を激減させ、米価を高騰させて、小作農などの人々を困窮させたことも日本移住に拍車をかけたとする論もある。

第二に、日本における資本主義の発展によって労働力需要が高まったこと、国際競争力の源泉である低賃金労働力として朝鮮人労働力を必要としたことが挙げられる。これが朝鮮人の日本移住を、いっそう促進した。

さらに日中戦争太平洋戦争の勃発により朝鮮人労働者の日本移住は増加の一途をたどった。併合当初に移入した朝鮮人は土建現場・鉱山・工場などで働く単身者が多くを占めていた。その後、次第に家族を呼び寄せる、または家庭を構えるなどして、日本に生活の拠点をおく者が増えた。

1945年8月終戦当時の在日朝鮮人の全人口は約210万人ほどとする報告もある。その9割以上が朝鮮半島南部出身者であった。このうちの多くが日本敗戦前の10年間に渡航したものと思われる。

  • 1939年9月 朝鮮総督府の事実上の公認のもと、民間業者による集団的な募集の開始
  • 1942年3月 朝鮮総督府朝鮮労務協会による官主導の労務者斡旋募集の開始(細かな地域ごとに人数を割り当て)
  • 1944年9月 日本政府が国民徴用令による徴用

1959年に外務省は、朝鮮への国民徴用令適用による朝鮮人徴用は1944年9月から下関-釜山間の運行が止まる1945年3月までの7ヶ月間であり、また、戦時中に徴用労務者として来た朝鮮人の内、そのまま日本に留まった者は1959年時点で245人に過ぎず、日本に在住している朝鮮人は、その大半が自由意志で来日・在留した者であるという調査結果を発表している。

この時期は兵役により減少した日本での労働力を補うため、朝鮮半島からの民間雇用の自由化(1939年)、官斡旋による労務募集(1942年)により在日朝鮮人が急増したが、1944年9月から始まった朝鮮からの徴用による増加は第二次世界大戦の戦況の悪化もあってそれほど多くは無かった。1974年法務省・編「在留外国人統計」では、朝鮮人の日本上陸は1941年 - 1944年の間で1万4514人とされ、同統計上同時期までの朝鮮人63万8806人のうち来日時期不明が54万3174人であった。官斡旋等による朝鮮半島での労務募集の実態 がどのようなものであったか、日本国内での朝鮮人労働者の待遇・生活がどのようなものであったか、については、その人数や規模などを含めて、今なお議論が続いている。

なお、2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で総受理数21万件のうち在日韓国人からは39人に留まっており、これは樺太(サハリン)からの5996件に比べても極端に低い数となっている。

1945年以降は、済州島四・三事件朝鮮戦争にともなう難民・密航者が日本に多数流入した。1945年に朝鮮半島に帰還したものの、その後に動乱を避けて再び日本に移入した者も多かった。彼らとその子孫も、オールドカマーのうちに入れられて考えられることが多い。

戦前の在日韓国・朝鮮人[編集]

本籍地別構成(2005年)
本籍 人数  %
ソウル市 57,574 9.62
釜山市 25,213 4.21
光州市 2,148 0.36
大田市 1,878 0.31
京畿道 26,523 4.43
忠清南道 11,220 1.87
忠清北道 9,449 1.58
全羅南道 41,120 6.87
全羅北道 10,627 1.78
慶尚南道 172,343 28.79
慶尚北道 125,392 20.94
江原道 4,579 0.76
済州島 99,421 16.61
不詳 1,506 0.25
北朝鮮地域 3,001 0.50
その他 6,693 1.12
総数 598,687 100

日韓併合により、日本による朝鮮半島植民地化が進行していくのと並行して、朝鮮人は日本人による差別・蔑視の対象とされるようになった。要因は様々であるが、例えば、朝鮮語訛りの日本語を使う相手に対する偏見や、または彼らの順法意識や衛生知識の乏しさに起因する生活上のトラブルなどが原因とされる。朝鮮総督府は「『内地人(日本人)』による朝鮮人への差別的態度が朝鮮人の民族主義を育てている」と警告を発した。

朝鮮人に対する政策は、日本政府においても朝鮮総督府においても紆余曲折を経ている。戦時動員体制の強化にともない朝鮮人の動員を強める必要に迫られたころ、日本政府は一視同仁プロパガンダのもと、日本人と朝鮮人を同じく扱う政策に傾いた。朝鮮人は旧来の日本国民内地人)とは別個の法的身分に編入された。しかし、日本国民としては不完全ながら公民権の一部(選挙権被選挙権、公務就任権など)を与えられた。「民族的出自によって差別的な不利益処分を受けることは原則としてありえない」という宣伝に、朝鮮の知識人が動員された(李光洙など)。朝鮮出身者の中にも、日本国民として官公庁に勤務した者がいた。

第二次世界大戦の敗戦以前に行われた選挙では朝鮮名のままで立候補した者も存在し、実際に衆議院議員に当選した者(朴春琴)もいる。

関東大震災の際には「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んでいる」との流言蜚語により、多数の朝鮮半島出身者が「不逞鮮人」とされて、自称「自警団」に虐殺される事件が起きた。この事件の詳細については関東大震災の項目を参照のこと。

戦後の在日韓国・朝鮮人[編集]

帰国と滞在[編集]

戦後の在日韓国・朝鮮人も差別にあった。戦前戦中から、在日韓国・朝鮮人の多くは日本の一般社会との交流に乏しく、港湾鉱山工場などでの労働によって生活してきた。そのため日本語を巧く話すことはできず、日本で生活していく基盤は脆弱であった。「大部分の人々は終戦後早々に故郷へ帰ってしまったとしても不思議はなかった」が、約4分の1が敗戦後も日本に定住するに至ったのには、後に日本人からも在日韓国・朝鮮人からも「棄民政策」であったと批判される。

朝鮮人の引揚に関しては、GHQと日本政府は引揚希望者を全員帰国させる方針であり、船便による具体的な送出人数に関してもGHQが指示を出している。また、日本国内(内地)の輸送に関しても具体的な指示が出ている。

『朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ』金漢一 著 光文社 2005年4月刊[編集]

★朝日新聞在日社員の朝鮮校時代★

「日曜日は仙台の繁華街で日本人狩り」

2~3人で仙台市内に繰り出し、2年生は お目付役として1年生にアイツをやれとか 目配せしたり ・・・

日曜日に1年生が寮内にいたら先輩に、なぜ街に出て日本人を狩らないのか聞かれる。

端から見てても気の毒なほど日本人をボコボコにしてるヤツもいるし、まわしケリ一発で決めるヤツもいる。相手が前かがみに倒れると、殺してしまったかと、さすがにビビるそうだ。

先輩から命令されてやっていることが多いので、2~3人とカツアゲしても、目標額に達しないと焦ってくる。なかには給料袋のまま、数十万円もカツアゲしてくる勇者もいる。

「おまえそれはひどいんじゃないか?」

チョッパリにはなにしてもかまわねえ」

警察に捕まった朝高生も、呼び出された先生も、我々朝鮮人を強制連行した日本政府が悪いんだと、話を政治問題に振り向けると、バカな仙台の警察官達は、黙りこくってしまい、お目こぼしされる。

戦後の入国[編集]

在日朝鮮人

戦後の大きな朝鮮人の日本移入の起因となった最初のものとして、1948年済州島四・三事件がある。同・事件で起きた済州島での虐殺は日本への難民/密航者を大量に生んだ。また経済的理由から密航して出稼ぎに来るものも多くいた。戦後にまもなくして来日した彼らは戦後のどさくさに紛れ、本来は対象者ではなかったが特別永住資格を得た。こうしたことから「朝鮮人には密航者が多い」との主張に結びつけられることもある。

阪神教育事件[編集]

阪神教育事件参照

朝鮮人にとっては民族教育が必要であるとの主張があった。そのため戦後、日本各地に朝鮮人学級が設けられ、続いて朝鮮人学校が設置された。これに対して1948年に、GHQの意向により朝鮮学校閉鎖令が出され、阪神教育事件に発展した。

法的地位の変遷[編集]

在日朝鮮人

朝鮮籍参照

1952年日本国との平和条約が発効すると、在日韓国・朝鮮人は朝鮮半島に帰属する民族である事となり、結果的にこの時点で彼らは日本国籍を喪失した。

ここで国籍を喪失した者の範囲は、日本国との平和条約発効時(1952年4月28日午後10時30分)において、朝鮮戸籍令の適用を受けていた者である。したがって、現国籍法施行(1950年7月1日)より前に、朝鮮に地域籍をもつ者と婚姻した内地籍を有した妻や朝鮮籍を有した父に認知されるまで内地籍を有していた子も日本国籍をその時点で喪失したことになる。

就業実態と経済活動[編集]

戦後の在日韓国・朝鮮人にとって、就職・就業が困難な時期もあった。いわゆる3K職場や水商売に就く者も多かった。また、暴力団員になる者もおり、指定暴力団会津小鉄会四代目会長・高山登久太郎(本名・姜外秀/カン・ウェス)は、朝日新聞社論座』(1996年9月号 11頁)でのインタビューの中で、「ヤクザの世界に占める在日韓国・朝鮮人は三割程度ではないか、しかし自分のところは約二割だ」という内容のことを答えている。

帰国運動[編集]

在日朝鮮人の帰還事業参照

戦後、在日韓国・朝鮮人の帰国運動が盛り上がったのは、1958年の日本・北朝鮮赤十字会談の開催からである。これには北朝鮮・日本・在日韓国・朝鮮人それぞれに三者三様の思惑があった。「千里馬運動」を掲げて、多数の労働者を必要とした北朝鮮政府と、当時に生活保護受給者の半数を占めていた在日問題を解決したい日本政府、さらには日本での貧困・差別から抜け出したい在日韓国・朝鮮人にとって、それぞれの思惑が一致した現象であると見ることができる。

このとき、帰国運動に参加した在日韓国・朝鮮人のほとんどは朝鮮半島南部、すなわち韓国政府が支配する地域の出身者であった。しかしこのころ韓国は、朝鮮戦争による荒廃からまだ完全には立ちなおっておらず、とてもではないが帰国者を受け入れる態勢はとれなかった。このこともまた、韓国政府による「棄民政策」でなかったのかとして、後に様々な方面から批判されている。

日本における在日韓国・朝鮮人団体である在日本朝鮮人総連合会は、北朝鮮政府の指示のもとで在日韓国・朝鮮人の『地上の楽園』北朝鮮への帰国を、強力に勧誘・説得する活動を展開した。日本の新聞各社、また民間の研究機関「現代コリア研究所」(旧・日本朝鮮研究所、代表・佐藤勝巳)も、これに同調した。就職差別・他の在日韓国・朝鮮人をとりまく差別に対して効果的な対応策を打ち出せず、生活保護費の予算捻出に苦慮していた日本政府は、このキャンペーンをむしろ歓迎したようである。当時の内閣総理大臣岸信介国会答弁で帰国運動の「人道性」を訴えて、北朝鮮への帰国事業を正当化した。韓国はこれを「北送」と呼んで非難し、韓国民団は「北送事業」への反対運動を展開した。

大多数にとって出身地(故郷)ではない北朝鮮へ「帰国」した在日韓国・朝鮮人の生活は、過酷なものであった。帰国者は北朝鮮においても差別にさらされ、そのいくらかは強制労働に追いやられた。行方不明者が多く、処刑されたと言われている者も多い。在日韓国・朝鮮人の子弟であるほど、突然にスパイ容疑で強制収容所に送られるケースが多かった、との証言もある。北朝鮮での待遇の実態が次第に在日韓国・朝鮮人社会へ伝わるにしたがって帰国者は急減し、1983年に帰国者が0人となったことで「帰国運動」は事実上終結した。

現在では、帰国運動の際に在日韓国・朝鮮人と結婚して帰国運動の際に北朝鮮へ渡った「日本人妻」(一部「日本人夫」)の日本帰国も、日朝間で解決が必要な課題のひとつとなっている。ただし詳細は不明ながら、一時日本へ帰国したものの、再び北朝鮮へ渡る例もある。

近年では、テッサ・モリス=スズキがジュネーブの赤十字社資料から北朝鮮帰国運動の背景を明らかにしており、日本による追放政策としての側面を強調している。

帰国者らは北朝鮮における身分制度である出身成分の最下層に分類されている。

吉田茂からマッカーサーへの報告[編集]

日本国は在日朝鮮人の全員送還を望む

連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥閣下

台湾人については、彼らが比較的少数であり、それほど問題を起こしておりませんので、しばし触れないことに致します。
しかし、総数約100万人、そのほぼ半数は不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題について、われわれはいま早期の解決を迫られております。

私はこれら朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです。その理由は以下のとおりです

  1. 日本の食糧事情は、現在もまた将来においても、余分な人々を維持することを許しません。アメリカの厚意によって、われわれは大量の食料を輸入していますが、その一部は在日朝鮮人を食べさせるために用いられています。これらの輸入は、将来何世代にもわたって我が民族の負債となることでありましょう。もちろん、われわれはそのすべてを返済する覚悟を固めておりますが、この対米負債のうち朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこととは思えません。
  2. これら朝鮮人の大多数は、日本の経済の債権に貢献しておりません。
  3. もっと悪いことには、これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。彼らは我が国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、最も悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。投獄されているものは、既に7000人を超えています。

吉田茂=マッカーサー往復書簡集 袖井林次郎 編訳 講談社学術文庫

現在[編集]

在日朝鮮人
在日朝鮮人

今日、在日韓国・朝鮮人は、日本に民族的アイデンティティーを重視した独自のコミュニティーを形成する者、新たに形成することを志す者、帰化する者、日本人配偶者を得て同化する者、それらの中間的立場や混合的立場をとる者、と多様な生き方を見出している。

在日韓国・朝鮮人の諸組織・知識人・朝鮮学校からは、民族教育の必要性が主張されてきた。実際に、本名を名乗り自らのアイデンティティーを明確にすることで、在日韓国・朝鮮人が社会の中で認められるようになるケースも見られる。これに呼応して、行政側の対応にも変化が起こりつつある。朝鮮学校の卒業生は、各種学校卒のため、日本の学制から除外されている。しかし近年では、国公立大学でも2004年前後から朝鮮学校の卒業を大学入学資格として認定する動きが生じている。これも行政側の対応変化を反映していると思われる。

近年では在日韓国・朝鮮人であることを最初から・あるいは途中から明らかにして、本名で活躍する有名人があらわれてきた。芸能人・スポーツ選手など日本人に触れやすい分野でも、在日韓国・朝鮮人の本名を見かけるケースが増えている。2002年FIFAワールドカップ日韓共催では両国間の友好を深めようとする動きが、その成功・失敗などの評価は別として、メディアを中心に大きく展開された。

一時、改善の動きも見えた北朝鮮との関係だが、2003年ごろから拉致問題核兵器保有問題のあおりを受け、再び関係が悪化している。

強制連行されたという在日朝鮮半島人は以下の質問に答えなさい[編集]

  • 誰によってどこへ強制連行されたのか詳細を述べなさい。
  • 戦後67年間,祖国から返還請求がない理由を述べなさい。
  • 戦後67年間,祖国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
  • 戦後67年間,祖国が在日朝鮮半島人を問題視していない理由を述べなさい。
  • 戦後67年間,自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
  • 戦後67年間,日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。

質問に対する回答が無い場合,在日朝鮮半島人は「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。つまり「犯罪者」であるということです。

在日朝鮮半島人のすばらしい「愛国心」[編集]

  • 強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
  • 祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。徴兵も無視。
  • 帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
  • 日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
  • 立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
  • 大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
  • 外国でトラブルに遭うと、祖国の大使館ではなく日本の大使館に泣きつく。
  • 祖国に帰れば参政権があるのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
  • 祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。

「見返りも無しに通名を止めろとは」[編集]

在日朝鮮人

在日の生き方白熱討論…青年会35周年「ウリミレ祝祭」

通称名廃止で社会変革迫る。もう一つのディベートテーマは、古くて新しい「在日と名前」の問題。

神奈川本部の鄭榮誠会長が「明日から通称名を廃止します」を「マニフェスト」として掲げ、「子どもたちに私たちと同じ不愉快な思いをさせてもいいのか」と問題提起した。

反対派は仕事上や就職時のリスクを挙げながら、「リターンがないのに踏み切れるのか」と述べた。賛成派が日立就職差別裁判の判例をもとに「国籍差別は違法」と主張しても「強者の論理」と譲らなかった。

リスクだけでなく、通称名になじみ、愛着を持つという3世らしい声も根強かった。このほか、本名を名乗るにしても社会の環境が整っていないという発言も多かった。

これに対して賛成派は、「在日55万人が本名に変われば社会そのものが変わる。リスクは55万人で背負う」と提起すると、会場全体から大きな拍手があがった。「本名で生きられない社会をいつまで続けるのか。次の世代に負の遺産を引き継ぐのか」という意見も。

投票結果は賛成55票で反対44票を上回った。無効は3票だった。

「横浜の中華街みたいなコリアタウンを作る」神奈川韓人会が発足!(2013年6月)[編集]

在日朝鮮人

在日本神奈川県韓国人連合会(神奈川韓人会)が16日、横浜市内で創立総会を開いた。

各地の韓人会代表者や駐横浜韓国総領事、民団神奈川関係者ら約100人が参加した。初代会長の徐允錫氏はあいさつで「なぜ横浜には中華街のような韓人タウンがないのか」と述べ、いつかは県内にコリアタウンを作りたいという抱負を明らかにした。

2001年に東京で産声を上げた韓人会は、その後関西、九州、中部にもでき、今回の神奈川で全国5つめとなった。現在も他県で設立の動きがあるという。

韓人会は会員相互の親睦や情報共有、地域社会発展と融和などを進めながら、在日韓国人の権益伸長を目的としている。

会員は主に80年代以降に来日した「ニューカマー」と呼ばれる在日韓国人が多く、その点が在日2世・3世が中心となっている日本最大の民族団体・在日本大韓民国民団(民団)との最大の違いになっている。

年商数千万円で生活保護受給。韓国人のクラブ経営者逮捕(2013年5月)[編集]

在日朝鮮人

韓国人クラブを経営しながら生活保護を受給していたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺で、韓国籍の韓国人クラブ「パートナー」(東京都新宿区歌舞伎町)経営、許愛栄(54)=同区戸山=を逮捕した。同課によると、「病気で働けないと言ってだました」と、容疑を認めている。

許は平成17年3月から生活保護を毎月14万円受給。同店は平成20年9月~25年4月、クレジットカードだけで1億2700万円を売り上げており、同課はその間の生活保護費840万円をだまし取っていたとみている。

同店では女性従業員が「店外デートは3万円」などと男性客を誘ってホテルを往復する姿が目撃されており、同課は管理売春の疑いもあるとみている。

逮捕容疑は平成24年7月、同区の福祉事務所に「C型肝炎のため働けない」などとして無収入を申告し、24年8月~25年4月、生活保護費計約138万円をだまし取ったとしている。

許は平成2年に日本人男性と結婚して平成8年永住資格を得ており、無収入であれば受給資格があった。

クラブ経営で1億円超収入も「無職」と申請(2014年2月)[編集]

東京都足立区に住む韓国籍の50代の女が韓国人クラブを実質的に経営して1億円超の売り上げがありながら、無職を装って生活保護費数百万円を不正受給していた。警視庁組織犯罪対策1課は7日夜、詐欺容疑で女と日本人の夫を逮捕した。夫妻は別居を続けており、組対1課は生活保護費を受給するための偽装結婚だった可能性もあるとみて実態解明を進める。

夫妻は数年前、足立区役所で無職と偽って生活保護費を申請。女が約3年前に同区内で韓国人クラブを開業した後も毎月十数万円、総額数百万円の生活保護費を不正受給していた。申請時に入金がない預金通帳のほか、夫に持病があるとの診断書を提出し、夫の介護のために女も働けないと説明していた。

クラブの名義上の経営者は知人男性だったが、組対1課は女が売上金やホステスを管理するなど実質的に経営していると判断。売り上げは約3年間で総額1億円超に上るとみられる。女は同区内のマンションで暮らし、高級車で通勤する姿が確認されている。夫にも廃品回収などで数百万円の年収があった。組対1課は生活保護費を夫妻で分配していたとみて資金の流れを調べている。

韓国籍の髙石こと髙崇絋(29)を、スーパーの女子トイレ侵入で逮捕(2014年2月)[編集]

在日朝鮮人

名張署は2月19日名張市東町の会社員で韓国籍の髙石こと髙崇絋(29)を、建造物侵入で逮捕した。容疑を認めている。

髙は同日午後7時35分ごろ、同市内の大型スーパーマーケットの女子トイレに侵入した。トイレにいた女子中学生が仕切りの上からカメラのようなものが見えたため、店内にいた母親に電話。駆け付けた母親が女子トイレから出てきた髙を発見し取り押さえた。

トイレには当時、髙と女子中学生の2人しかいなかった。

「日本初の韓流温泉ホテルを作って大儲けニタ゛。ウェーッハッハ」 → 儲からずにホテルに放火[編集]

在日朝鮮人

自分のホテルに放火、4億円保険金詐欺未遂容疑

静岡県下田市柿崎のホテル「オーシャンガーデン海山吾照」で2013年1月に起きた放火事件で、県警は2014年1月28日、韓国籍で東京都町田市、会社役員・康徳秀(56)(非現住建造物等放火罪で起訴)を詐欺未遂の疑いで再逮捕した。

康は2013年1月15日午後11時半頃、自身が経営の同ホテルに放火させ、建物の一部約170平方メートルを焼く火災を起こし、同10月10日頃、東京都内の損害保険会社に建物の損害や休業に対する補償などとして、保険金計約4億3500万円をだまし取ろうとした。

保険金は支払われなかった。康は詐欺未遂については「やっていない」と容疑を否認している。康は、放火を実行した男らと共謀したとして、非現住建造物等放火罪で起訴されている。

オーシャンガーデン海山吾照。日本初の韓流温泉旅館が下田に![編集]

全室オーシャンビュー!天然温泉100%のかけ流しの温泉と、岩盤浴・韓式サウナ入り放題!

新鮮な下田の海の恵みを取り入れた和食も当然ながら本場韓国食材をふんだんに使った韓国料理は美容と健康に効果的!

伊豆の下田にいながらに、和と韓の美味しい融合をまさにおなかいっぱい感じられるはずです。ドラマのワンシーンの様な至極の時を。

「パチンコで月に5万円ほど負けていたので」生活保護費約600万円不正受給。韓国籍の男ら2人逮捕(2013年11月)[編集]

震災を喜ぶ在日朝鮮人

実際の収入よりも低く偽って申告し、生活保護費およそ600万円を不正に受けとっていたとして、韓国籍の男ら2人が警視庁に逮捕された。

逮捕されたのは、昭島市に住む、韓国籍の辛雲起(66)と向山一美(61)。2人は、2009年から去年にかけて、昭島市役所に対し、実際の収入よりも低い金額で申告し、生活保護費、およそ600万円を不正に受け取った。

向山は、清掃作業員として月に17万円ほどの収入があったが、『2万円から3万円の収入』と偽った明細書を提出していた。2人は『パチンコで月に5万円ほど負けていたので生活費の足しにしていた』と供述している。

韓国籍「唾吐き男」関与認める供述「ストレスはけ口」再逮捕(2014年1月)[編集]

大阪市の路上で女児が唾を吐きかけられた事件で、暴行容疑で逮捕された韓国籍の会社員、趙昌彦(24)が「ストレスのはけ口にしていた」と関与を認める供述を始め、此花署が別の被害者に唾を吐いたとする暴行容疑で再逮捕する方針を固めた。

付近では同様の事件が二十数件発生。趙は8歳女児の服に唾を吐きかけたとして今月9日に此花署に逮捕された。当初は「記憶がない」と容疑を否認していた。

鑑定で女児の服に残っていた唾液のDNA型が趙と一致。他の女性数人に唾を吐きかけたことをほのめかしていることも明らかになった。趙とみられる男は唾を吐きかけた後、女性が驚く様子を確かめるように、逃走中に振り向いていたとの目撃情報もあった。

マンション窃盗、余罪50件か。金東憲(37))ら韓国人兄弟逮捕(2014年2月)[編集]

東京・代々木のマンション一室に忍び込み、バッグを盗んだなどとして、警視庁捜査3課は4日までに、窃盗などで、いずれも韓国籍で住所不詳、自称大学生の金東憲(37)と弟の無職※(※=恵の心が日)元兌(30)の両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

金は「玄関がオートロック式の高級マンションは(住人が油断して)無施錠の部屋が多い。同じ手口で、昨年9月ごろから都内で50件ぐらいやった」と供述。盗品は韓国に持ち帰って転売していたといい、同課は被害額が少なくとも1000万円を超えるとみている。

金兄弟は2013年11月11日未明、渋谷区代々木の4階建てマンションで、70代男性宅に無施錠の玄関から侵入。現金やクレジットカードが入ったバッグ1個を盗んだ上、盗んだカードで豊島区内の現金自動預払機(ATM)から11万円を引き出した。

13年前の強盗殺人未遂事件、韓国籍の男を大阪府警が逮捕(2014年2月)[編集]

平成13年大阪府豊中市の民家に宅配業者を装った2人組の男が押し入り、住人の女性=当時70歳=の首を絞めて現金やキャッシュカードを奪ったうえ、室内が放火された事件で、大阪府警捜査1課は20日、強盗殺人未遂と現住建造物等放火などで、指名手配していた韓国籍の金冑勇(49)を逮捕した。

金は「女性の家にいったが、共犯の男が首を絞め、金を奪った」などと容疑を否認している。金は行方不明になっていたが、昨年4月、韓国に潜伏しているとの情報が浮上。9月に日本側が日韓犯罪人引渡条約に基づき身柄の引渡しを請求し、11月、韓国の警察当局が取り押さえた。

金は、13年5月22日午前10時ごろ、共犯の男とともに同市緑丘の民家に包丁を持って押し入り、女性の首を絞めて手足を粘着テープで縛った後、現金約13万円などが入ったバッグを強奪。約1時間後、集金のためにきた保険代理店の男性支店長=当時61歳=も緊縛して現金約1万8千円入りの財布を奪い、放火して殺害しようとした。女性は肋骨骨折の重傷、支店長は首に軽傷を負った。

金らは同日、市内の銀行の現金自動預払機で現金計104万円を引き出して逃走。共犯の男は約2カ月後に逮捕され、懲役20年の実刑判決を受けて、収監中の平成17年に死亡している。

「ポルシェ」で万引、生活保護、49歳・韓国籍男の“仰天非常識”。“都市伝説”は本当だった、見過ごした行政の“怠慢”[編集]

いずれも似つかわしくない取り合わせだった。男が「万引」の犯行現場に乗り付けた車、そしてこの男は生活保護受給者…。

男の愛車は、万引と生活保護という2つの言葉とは縁遠い存在のドイツの高級車「ポルシェ」だったのだ。兵庫県警長田署に窃盗容疑で逮捕、起訴された男は、韓国籍で神戸市長田区の無職、朴永錦(49)。さらに交通事故で1千万円超の保険金を受け取ったにもかかわらず、生活保護費を不正受給していたことも判明し、詐欺容疑で再逮捕された。原則、所有が認められない高級外車を生活保護の受給中に購入したという呆れた行動。だが、保護費を支給していた神戸市も、不正を見破る機会をみすみす逃していたという。

「生活保護をもらいながら外車に乗っている」。こんなフレーズは半ば都市伝説のごとく語られることはあったが、現実だった。

平成25年10月、神戸市長田区のホームセンター。朴は携帯型の発電機(約5万円相当)を店外に持ち出し、駐車場にとめていた愛車のポルシェに積もうとしていたところを、男性保安員に呼び止められた。

保安員が朴を取り押さえ、通報で駆けつけた長田署員に引き渡した。朴は「買うつもりだった」と否認している。

捜査の結果、朴が生活保護を受給していることが判明した。生活保護の受給者は原則的にマイカーを持てないはずだ。なぜ、高級車のポルシェなのか。捜査員らが調べを進めると、朴が以前に2度、交通事故で治療費を含み計1100万円超の保険金を受け取っていたことも分かった。この保険金をポルシェの購入資金に充てていたとみられる。

朴は保険金を2度に渡って受け取っていたが、1度目は平成23年12月に兵庫県西宮市で乗用車にはねられ、鎖骨を骨折した交通事故。治療費や見舞金などとして、保険会社から約1040万円を受け取った。2度目は平成24年4月に神戸市須磨区で乗用車と接触して軽傷を負い、約90万円を受け取った。

朴に生活保護を支給していた神戸市などによると、本来、生活保護受給者が事故に遭った場合、生活保護窓口に報告しなければならない。その際に必要な治療費は、医療費として生活保護から医療機関に直接支払われるからだ。そのため、受給者が勝手に保険会社から治療費を受け取ることはできない。

だが、朴が受け取った保険金は1千万超と多額だ。関係者は「市に事故の報告をするよりも、黙っておいて多額の保険金を受け取ったほうが得だと考えたのではないか」と推測する。

結局、万引に端を発した捜査は、事故で保険金を受け取ったことを市に届け出ないまま、生活保護を不正受給していたとする詐欺事件に発展。長田署は1月15日、朴を詐欺容疑で再逮捕した。当初は「(保険金は)働いて得た金じゃないのに(申請しないといけないことは)おかしい」と否認していたが、その後一転して「申請しなくてはいけないことは知っていた」と認めたという。

朴が生活保護を受給し始めたのは平成23年9月だった。病気を理由に働くことができないとして、当時住んでいた神戸市東灘区で生活保護を受け取っていた。

朴と同じ48歳の単身男性の場合、1カ月に生活費として約8万円と、家賃として最大4万2500円が支給される。その他、医療費なども支給され、朴も眼鏡や診察代、薬代などを医療補助費として受け取っていた。

ポルシェを購入したのは、保険金を得た後の平成24年9月ごろ。車種は「911カレラ」というスポーツカータイプで、5~10年までに発売された993型。中古車として購入したが価格は約300万円。「残りの金はパチンコなど遊興費や飲食代に費やした」と説明している。

朴のように、生活保護を受給しながら、高級車を所有するケースは後を絶たない。

札幌市で平成24年、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された男が、生活保護費を受給しながらベンツなど高級外車や軽乗用車など7台を所有していたのを隠していたとして、北海道警に詐欺容疑で再逮捕された。

福岡市では同じ年、生活保護費を受給しているにもかかわらず、高級車など3台を所有していた男が、調査中の市職員を「車のことを話したら殺す」などと脅迫したとして暴力行為処罰法違反容疑で逮捕されている。

身体障害者などを除き、原則的に生活保護受給者は車を所有することはできない。だが、朴に車を所有する特段の事情は確認されておらず、市関係者は「生活保護の受給対象に該当しない可能性も高い」という。

ただ、車を所有しながら生活保護を受け取ること自体は、刑事罰には問われない。今回のケースでは、交通事故による保険金を受け取っていたのにもかかわらず申請しなかったことが違法だったとされる。

神戸市によると、市内で生活保護受給者が車を所有しているのは2013年3月までで171件。うち、57件が本来なら認められないケースだ。車を所有していた人が職を失い、生活保護を受給せざるを得なくなった場合が多く、職員も「悪質な例はほとんどない」と話す。

しかしなぜ、職員は朴のような事案を見抜けないのか。

市などによると、平成24年10月、保険会社から市に「(朴が)事故に遭った。生活保護を受け取っている人か」と問い合わせがあった。職員が朴宅を訪問した際、朴は「軽い事故に遭ったが大したことはない」と説明。保険金が出る場合は連絡するよう求めたが、その返事はなかった。

職員は年に4回ほど自宅を訪問している。車は近くの月極駐車場を借りて止めており、車の購入や事故の話などもなかったため、不正受給には気付かなかったという。

神戸地検は、朴を詐欺罪でも起訴したが、不正受給額は約170万円に減額。減らされた約300万円分は、市が保険会社の照会で不正受給に気付けば、被害を防げた可能性が高かったと判断したとみられる。

市はこの件について「通常なら気付くが、裁判への影響があり得るので詳しくは話せない」としている。生活保護の原資は税金だ。生活に困窮している人たちの手に渡るのは当然だが、支給する側の自治体には、せめて見抜ける不正は見逃さないという当たり前の手続きだけは怠らないでほしい。

大阪弁護士会所属・在日韓国人の梁英哲容疑者を逮捕。業務上横領、依頼人の2,000万円着服(2014年5月)[編集]

弁護士業務で依頼者から預かっていた相続財産のうち現金2000万円を着服したとして、大阪府警南署は8日、業務上横領で、大阪弁護士会に所属する弁護士で韓国籍の梁英哲(40)=大阪市西区=を逮捕した。

梁英哲は「(自分の)弁護士と相談する」と供述し、認否を明らかにしていない。梁英哲は2012年11月、大阪府八尾市の男性(59)とその親族から預かった相続財産約2300万円のうち2000万円を着服した。

男性らから財産を預かった直後に自分の口座に移し替えた。2013年9月、財産の分割作業が進まないことを不審に思った男性らが南署に相談した。

婦女暴行未遂で韓国人留学生の男を逮捕(2014年6月)[編集]

神奈川県警相模原北署は30日、強姦未遂で、私立大学3年、柳 昌錫(リュウ・チャンソク)(22)=相模原市緑区橋本=を逮捕した。

柳は、5月31日午前5時10分ごろから同55分ごろまでの間、自宅で介護士の女性(22)=東京都町田市=に暴行しようとした。「キスしようとしたことはあるがそれ以上のことはしていない」と容疑を否認している。

JR橋本駅近くの路上で、柳の友人が女性に声を掛け、3人で話していた。友人が去った後に柳は態度を変えて「殺すぞ」などと脅し、女性を自宅に連れ込んだ。

あぶれ手当36万円を不正受給。詐欺で韓国籍の男逮捕(2014年7月)[編集]

日雇い労働者が職につけなかった場合に国から支給される「あぶれ手当」と呼ばれる給付金をだまし取ったとして、奈良県警奈良署は2014年7月10日、詐欺で、大阪府門真市桑才新町、韓国籍の運転手、鄭龍光(49)を逮捕した。

「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めている。

鄭は平成22年10月21日~23年2月3日までの間、架空の建設会社「中島建設」関係者と共謀して23回にわたり、門真公共職業安定所(門真市)に不正に書類を申請し、給付金計36万7500円をだまし取った。

20代女性にストーカー。韓国籍の男性医師逮捕(2014年8月)[編集]

20代の女性の勤務先に押しかけるなどストーカー行為を繰り返したとして、韓国籍の医師の男が警視庁に逮捕された。

ストーカー規制法違反で逮捕されたのは、東京・国立市の医師で韓国籍の李俊烈(イ・ジュンリョル)(50)。李は2014年5月、女性の勤務先である八王子市内のブティックに押しかけるなどした。

李は女性が以前勤めていたマッサージ店に客として訪れた際にこの女性と知り合い、「結婚しよう」「連絡先教えて」などとしつこく迫っていた。女性は2013年6月、警視庁に相談していた。

取り調べに対し、李は「ブティックに行ったのは服を買うためだ」などと容疑を否認している。

日銀、韓国国民銀行に立ち入り調査(2014年9月)[編集]

韓国最大手銀行の国民銀行東京、大阪支店による不正融資問題で、日銀が両支店への立ち入り調査(日銀考査)を検討している。担保水増しなどによる過剰融資が発覚したことで、日銀は国民銀の信用リスク対策が不十分だったとみている。東京を舞台にした韓国系銀行の不正では自殺者も出ている。

9月初旬の週末、東京・新大久保コリアタウンは若い女性でにぎわっていた。だが、新宿区を拠点にするタクシー運転手は「韓流ブーム最盛期に比べればだいぶ減ったよ」とこぼす。

コリアタウンの発展には、国民銀など韓国系銀行の力が欠かせなかった。在日韓国人の担保の乏しさに目をつぶって積極支援してきたからだ。

支店ぐるみの過剰融資だったとみられるが、韓国の金融事情に詳しい関係者は「日本の銀行からお金を借りられない在日韓国人を救うためのやむにやまれぬ不正だった」と同情する。

邦銀は「お金を借りたまま韓国に逃げてしまうケースもある」として、在日韓国人への融資に及び腰だったという。

国民銀は韓国系の企業に対しても、支店の限度額を超えて融資できるよう、同じ企業グループの複数法人に分割して貸し出す“裏技”を編み出した。

平成10~20年代初頭の韓流ブームでコリアタウンは巨大化。うるおった在日韓国人や韓国系企業は、国民銀の支店幹部らに謝礼金(リベート)を贈っていた。

ところが、韓流ブームは嫌韓ムードの広がりで一気にしぼんでしまう。在日韓国人や韓国系企業に貸したお金の返済が滞ったことで、国民銀の不正が一気に明るみに出たのだ。日韓の金融当局は、国民銀のほか、ウリ銀行中小企業銀行など韓国大手銀の在日支店でも同じような不正があったとみており、処分が広がる可能性もある。

大手邦銀の幹部は「同情すべき点はあるが、歴代の支店長や役職員ぐるみの不正であれば、組織のチェック機能が働いていなかったことになる」と批判する。

一方、「コンプライアンスの徹底を求める日本社会に対し、韓国では儒教文化が根強く、上司の不正を告発しにくい」と解説するのは、国内外の金融事情に詳しい西村あさひ法律事務所松尾直彦弁護士だ。

国民銀の不正をめぐり、金融庁は8月末、東京と大阪の両支店に対し、4カ月間の一部業務停止命令を出した。同行の李建鎬(イ・ゴンホ)銀行長は今月4日に辞任表明した。

韓国の検察当局は昨年末、数百億円に上る不正融資容疑で国民銀の元東京支店幹部らを逮捕。その直後、同支店の与信業務担当の韓国人行員が支店地下の書庫で首をつって死亡しているのが見つかった。

さらに、今年4月に韓国北部にある墓苑の駐車場でウリ銀行の元東京支店長が焼死体で発見された。元支店長は在職中、不正融資の見返りにリベートを受け取っていたとして韓国金融当局の調査を受けており、警察は「自殺」と発表した。

こうした事態を受け、日銀も韓国系銀行の考査に乗り出す方向で調整を始めた。

日銀考査は、日銀と当座預金取引をする金融機関が対象で、行政権限に基づく金融庁検査とは異なる。また、法令順守などに重点を置く金融庁検査に対し、日銀考査は経営の健全性などをチェック。問題点が見つかれば改善を求める。

関係者によると、国内の主要金融機関に対する日銀考査はほぼ2年に1度あるが、外銀への定期考査はなく、必要性が認められれば、考査に入るという。

今回明るみに出た国民銀の過剰融資は、経営の健全性を損なう不正だ。一部の顧客は預金を引き上げ始めたとみられ、日銀は国民銀への考査を本格検討しているようだ。他の韓国系銀行の在日支店に対しても考査の必要性がないかチェックする。

ただ、個別の考査結果は非公表のため、どこまで“闇”を暴けるかは不明だ。

アパートに侵入、女性暴行し現金盗む韓国籍の男を逮捕(2016年10月)[編集]

深夜に1人暮らしの女性宅に侵入し、暴行して現金などを盗んだとして、警視庁葛飾署は住居侵入と強姦窃盗で、韓国籍で東京都江東区亀戸の会社役員、厳(ゲン)允(イン)植(シュク)30歳を逮捕した。「やっていない」などと容疑を否認している。

厳は2016年9月12日深夜、葛飾区内のアパート1階の20代女性宅に侵入し、女性の首を絞めるなどしてわいせつな行為をし、女性の現金約3万円などを盗んだ。 女性宅の近くの防犯カメラの画像などから厳が浮上した。葛飾署が侵入経路などを調べている。

韓国籍の男ら4人、4県でトラックやフォークリフト68台、カーナビ1,000点盗む。被害総額1億1500万円(2017年4月)[編集]

静岡県警島田、菊川両署などの合同捜査班は7日、愛知県の男4人について、静岡、愛知、 岐阜、三重の4県で計69回、トラックの窃盗や器物損壊を繰り返していたことを裏付け、捜査を終結したと発表した。

被害総額は1億1,500万円に上るという。

4人は愛知県尾張旭市、韓国籍で自動車販売業・黄寛之こうかんし(44)(公判中)ら。2016年1~10月頃、4県の駐車場や資材置き場から、トラックフォークリフトなど 計68台、カーナビなど約1,000点を盗んだ。4人は容疑を認めている。

合同捜査班は7日、窃盗などで計60件分について静岡地検に追送検した。盗んだトラックなどは、自動車などの解体処理施設「ヤード」に運んだ後、一部は海外に輸出されたとみられるという。

在日によるレイプ事件鬼畜度ランキング[編集]

おまけ

  • 大阪で200人強姦したのに「「産経新聞しか」」報道していない 金允植
  • 女子小学生14人を強姦した ぺ・ソンテ
  • 小学4年生を強姦した 張今朝

在日韓国・朝鮮人を取り巻く諸論点[編集]

徴用/強制連行と渡航[編集]

在日韓国・朝鮮人が日本に移入してきたのは、「戦前または戦時下の日本政府による徴用/強制連行」によるものと語られることが比較的多かった。 また、同様の認識が漠然としたイメージのまま流布していた時期がある。1990年代に入って朝鮮人被害者への戦後補償問題が日本国内で国民的論争課題になると、「徴用/強制連行」に関してもさまざまな角度から議論がなされた。これについては、「徴用/強制連行」の定義も絡んで、いまなお認識が分かれている。しかし、少なくとも現在、在日韓国・朝鮮人のうち、その来歴に「旧日本軍などの政府機関による直接かつ組織的な徴用/強制連行」が関連する者は少数である、と考えられている。このことは、在日韓国・朝鮮人団体である在日本大韓民国民団の子団体、在日本大韓民国青年会の中央本部が、在日1世世代に対する聞き取り調査の結果をまとめ1988年に刊行した『アボジ聞かせて あの日のことを -- 我々の歴史を取り戻す運動報告書 -- 』にも、渡日理由のアンケート結果として、「徴兵・徴用13.3%」と明記されており、「その他20.2%」、「不明0.2%」を除いたとしても「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」と65%以上が自らの意思で渡航してきたことがわかる。尚、このアンケートは渡航時12歳未満だったものは含まれておらず、これを含めるとさらに徴兵・徴用による渡航者の割合は減ることになる。なお、2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で在日韓国人からは39人に留まっている。

通名[編集]

日本式の姓名、いわゆる通名(通称名)を名乗って朝鮮半島系であることを隠す人々が多く存在する。但し近年では、民族としてのアイデンティティーを取り戻す意味で、朝鮮式の姓名を名乗る者が徐々に増えてきている。これには在日韓国・朝鮮人たちによる啓蒙活動に加えて、韓国の近年における経済発展によって日本での韓国の評価が上昇してきたことや、日本と韓国の文化交流が拡大発展を続けていることも無縁ではないと思われる。2009年の事例では、弾道ミサイルの発射台に転用できるトレーラーを日本から北朝鮮に不正輸出した容疑者が逮捕された北朝鮮タンクローリー不正輸出事件の報道で確認することができる。在日本大韓民国民団の発表では、韓国・朝鮮式の本名で暮らす人は全体では1割強にとどまり、3人に1人は「状況により使い分ける」としていることを明らかにした。

犯罪事件の通名報道[編集]

犯罪報道においても通名が用いられる場合があるが、その場合は本名が報道されないままとなる。在日外国人の場合、警察が通名を主として記者クラブに発表する場合が多く、報道機関では編集校閲についての社内規程で(字数制限もあって)通名を優先して掲載する場合が多いために、主に通名を名乗っている在日コリアンなどが犯罪を犯したとして警察発表が行われた事件では記事内で通名を用いる報道機関も存在する。例えば朝日新聞などは、通名か本名で容疑者名を報道するかは事件ごと選択している。そのため、朝日新聞の購読者には在日コリアンの犯罪というものが日本に存在していることが分かるが、多くは日本人の犯罪であるように受け止められる。そのため、「事実を報道するメディアの姿勢として問題」、「知る権利を軽視している」といった非難を受けることもある。

韓国籍の男が「通称(通名)」悪用して携帯電話など160台を不正売買、逮捕(2013年11月)[編集]

外国人が日本で名乗る通称を悪用して携帯電話を不正売買したとして、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、組織犯罪処罰法違反(隠匿)と詐欺容疑で、韓国籍の無職、文炳洙(ぶんへいしゅ)(通称・青山星心(しょうご))=別の同容疑で処分保留、さいたま市西区清河寺=を再逮捕した。

通称を悪用した犯行を組織犯罪処罰法で立件するのは全国初。

文は区役所で短期間に通称登録を何度も変更。新旧の通称を使い分け、平成22年10月以降、約160台のスマートフォンタブレットなどの端末を購入、古物商へ転売した。再逮捕容疑は8月7日、「青山星心」の通称で、さいたま市の家電量販店でスマートフォン2台を詐取。過去の通称だった「清永泰斗」を名乗り東京都内の古物商で転売し、約7万2千円を得た。

文は端末代を分割して月々の料金に上乗せする制度で端末を購入したが、支払いは一切せずそのまま転売。同課の調べに「料金を踏み倒す気はなかった」と犯意を否認する一方、売却で得た金は競馬などのギャンブルに使った。

頻繁に通称変更することを不審に思った区役所の届け出を受けて捜査したところ、犯行が発覚した。文は通称の違う複数の身分証を使い分け、売買を重ねていた。

社会保障問題[編集]

在日韓国・朝鮮人に対する社会保障についても、議論が多くある。

1946年の旧法の時期を除き改定後しばらく、在日韓国・朝鮮人は生活保護を受けることができなかった。しかし、在日韓国・朝鮮人から最低保障としての生活保護を要求する声が高まったことを受けて、在日韓国・朝鮮人が行政実務において本国から切り離されていることを考慮し、1954年に通知が出され行政措置として、生活保護を外国人に準用するという行政運用が行なわれたという経緯をたどっている。これは、外国人の生活保護受給者に、生活保護にかかる行政行為等の行政処分についての異議申立権(審査請求及び再審査請求権)を認めなかったとしても、当該外国人の法的利益が侵害されたとはいえないことになる。しかしながら先進国の中で、永住権を持つ場合においてははほとんどの国が外国籍の者に生活保護および社会保障を国籍保有者と区別をつけずにを支給する。ただし日本のように日本国籍を持つものが生活保護を受けられないにも関わらず外国人には生活保護が受けられるという状況はない。これは終戦後に日本語もままならないような朝鮮人には就労の機会が乏しいとの判断からだったと見られる。

ある観点では、生活保護の受給対象者とすることへの異議、また認定の方法・基準への異議が出されている。例えば、在日韓国・朝鮮人の生活保護受給率が日本人より多いことから、これを不当であると考え、日本国による生活保護負担を強調する論調がある。実際に、日本の裁判所は「憲法の要請する社会権の保障は、国家による国民の保護の義務を本来の形態とするため、外国人である在日韓国・朝鮮人を保護する義務はその国籍国にある」とする立場をとっており、日本国籍者に適用を限定して外国人を排除する意図から1950年以降の生活保護法には第一条において「国民」との用語が加えられた。

ポルシェに乗って生活保護費受給。韓国籍男を再逮捕(2014年1月)[編集]

保険金で得た収入を隠して生活保護費を不正に受給したとして、長田署は15日、詐欺容疑で韓国籍の神戸市の無職、朴永錦(48)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。朴容疑者は「働いて得た金じゃないのにおかしい」などと供述している。

朴容疑者はドイツ製高級車「ポルシェ」を所有していたことなどから発覚した。

再逮捕容疑は平成23年12月~今年1月、交通事故で得た保険金収入約1100万円を申告せず、生活保護費計約470万円を不正に受給した。朴容疑者は23年12月に西宮市で、24年4月に神戸市須磨区で歩行中、車にはねられるなどの交通事故で、2度、保険金を受け取った。

在日韓国人の14.2%が生活保護受給するナマポ民であることが発覚(2014年10月)[編集]

在日韓国・朝鮮人世帯の生活保護率が突出していることが分かった。日本の総世帯数に占める生活保護世帯の割合は3.1%だが、在日韓国・朝鮮人世帯では14.2%が生活保護を受けている。

生活保護法には国籍条項があり、本来、外国籍住民には適用されないが、60年間も行政措置として給付が続いてきた。

厚労省は8日、今年7月時点で生活保護を受けているのが過去最多の160万8994世帯だと発表した。2010年の国勢調査での総世帯数(5115万8359世帯)で計算すると、生活保護率は3.1%になる。

一方、同省の「被保護者全国一斉調査(基礎調査)」によると、2010年の韓国または北朝鮮を母国とする生活保護受給世帯主の総数は2万7035世帯で、総世帯数(19万246世帯)に占める生活保護率は14.2%となる。

1950年に制定された生活保護法は対象を「生活に困窮する国民」と定めている。だが、1954年に当時の厚生省社会局長から各都道府県知事に宛てた「生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について」という通知で、行政措置として給付されてきた。

次世代の党桜内文城政調会長は6日に開かれた衆院予算委員会で、最高裁7月18日、「永住外国人は生活保護法の適用対象ではない」と判断したことを取り上げ、「最高裁が判決を出したにも関わらず、法律が想定していない措置を行政が行うのはおかしいのではないか」と指摘した。

同党は、生活保護の給付対象から外国人を除外するための生活保護法改正案を秋の臨時国会に提出する方針だ。

麗澤大学八木秀次教授は「本来、社会保障については、母国が第一義的に責任を負うべきだ。最高裁判決はその原則を明らかにした」といい、こう続けた。

「韓国や北朝鮮はこれまで自国民(在日韓国・朝鮮人)の保護を怠ってきた。一方で、生活保護を担当する地方行政に対し、こうした権利を求める圧力団体の影響が大きかった。事実として外国人が優遇され、それが高い生活保護率の数字に表れている」

ちなみに、2014年度の生活保護予算は2兆8823億円にのぼる。国民の負担は決して小さくない。

永住外国人の受給世帯増加。自治体を圧迫[編集]

外国人の生活保護受給世帯は年々増加しており、地方自治体の財政を圧迫する一因ともなっている。

生活保護法をめぐっては最高裁が2014年7月、「法の適用対象に永住外国人は含まれない」として、永住外国人は生活保護法に基づく保護の対象ではない-との初判断を示した。

しかし、実際には、人道的観点から外国人への同法の準用を認めた昭和29年の旧厚生省通知に基づき、各自治体が永住外国人や難民認定された外国人に対して生活保護を支給しているのが実情だ。矛盾した運用が行われている背景には、もともとこの通知自体にあいまいさが内包されていることがある。

厚生労働省の最新調査(平成24年度)によると、生活保護の受給世帯総数は月平均155万8510世帯で、うち外国人世帯は4万855世帯と全体の約2.6%。総数が伸びる中、外国人世帯も10年前の約1.7倍に増加した。

国籍別(23年7月時点)では、韓国・朝鮮人が約2万8700世帯と最も多く、フィリピン(約4900世帯)、中国(約4400世帯)、ブラジル(約1500世帯)と続く。

外国人の受給世帯の増加が続く背景には、不景気が長引いたことや高齢化の影響があるとみられる。生活保護費は全体で年間約3兆6000億円で、厚労省の概算によると、外国人に対する生活保護費はそのうち約1200億円に上る。

生活保護費は4分の3を国が、残りを自治体が負担しており、日本人に加えて外国人の受給世帯の増加が、地方自治体の財政を圧迫する結果になっている。

生活保護費を酒代で使い果たしついにコンビニ強盗。韓国籍の男逮捕(2016年8月)[編集]

コンビニエンスストアにナイフを持って押し入ったとして、大阪府警西成署は8月19日、強盗未遂で、韓国籍で大阪市西成区萩之茶屋の無職、魚 興秀(ぎょ・こうしゅう)(65)を現行犯逮捕した。

生活保護費を酒代に使い、金がなくなったのでコンビニ強盗をしようと思った」と容疑を認めている。

魚は、19日午後2時35分ごろ、同区太子のファミリーマート太子店で、カウンターにいた女性店員(43)に果物ナイフ(渡り約10センチ)を突きつけ、「金を出せ」などと脅し、現金を奪おうとした。同署によると、女性店員にけがはなく、犯行当時、店内に客はいなかった。男性店長(35)が非常通報装置を押し、駆けつけた署員がその場で魚容疑者を取り押さえた。

在日韓国・朝鮮人無年金訴訟[編集]

現在、日本政府は「年金など社会保障の責任は国籍の属する本国が行うべき」という立場から、年金を払い込んでいなかった在日韓国・朝鮮人に対して年金支給を行っていない。この日本政府の見解に対して「海外在住の日本人に日本政府は年金を支払っていない」と糾弾し、在日韓国・朝鮮人に対しても年金を支給するように要求している。(「日本国籍を有する者で海外に居住する20歳以上65歳未満の者」は日本の国民年金に任意加入することができる。)

北朝鮮問題との関連[編集]

北朝鮮問題への注目(拉致事件、核保有問題など)にともなって、在日韓国・朝鮮人、とりわけ朝鮮籍の者への圧力が高まったことに対し、在日韓国・朝鮮人の立場を『親族を北朝鮮政府に人質同然にされ、不本意ながら北朝鮮政府の意のままに操られている人たち』として同情視する向きもある。

しかし一方で「在日朝鮮人は北朝鮮国政の選挙権・被選挙権ともに有しており、在日朝鮮人からは朝鮮総連議長や朝鮮大学校校長などの6名が北朝鮮の国会議員に選ばれており、日本からの送金もかなりの額にのぼるため、在日朝鮮人側の責任が皆無とは言い難い」との批判もある。また、朝鮮総連は本国の見解に乗っ取り、拉致問題を「解決済み」、「日本側にこそ問題がある」との立場を固守している。

在日韓国・朝鮮人は北朝鮮の核兵器生物兵器などの大量破壊兵器開発のために輸出規制されている物品を北朝鮮に不法に輸出する北朝鮮タンクローリー不正輸出事件凍結乾燥機不正輸出事件などの事件を引き起こしている。

チマチョゴリ事件[編集]

チマチョゴリ切り裂き事件参照

在日韓国・朝鮮人の参政権[編集]

在日韓国人・朝鮮人には二つの参政権論争が存在する。韓国および北朝鮮における本国参政権と、日本における地方参政権である。韓国においては、兵役納税義務などが免除される在外国民に住民登録要件不備を理由に参政権を与えないことの違憲性についての議論が行われてきた。本国参政権のみの獲得を目指す在日以外の在外韓国人社会と違い、在日韓国・朝鮮人社会は日本での地方参政権の獲得も目指している。日本国内においては地方参政権獲得の議論が盛んであることに対して、本国参政権についての議論はあまり活発ではなく、欧米の在外韓国人の一部は、本国参政権獲得議論に消極的な在日社会を指して「在日韓国人はどうしてアクションを起こさないのか。民団の消極的姿勢は、参政権付与反対と言っているに等しい」と、非難する声もある。日本における国政参政権については、最高裁判所が「参政権は国民主権に由来し認められるものであるから、その享有主体は憲法上日本国籍を有する国民に限られる」との判断を示している。

在日韓国人の本国参政権[編集]

韓国における在外投票権の対象は、短期滞留者だけに限るか、永住権保有者までを含むようにすべきかで論争があった。これは韓国民短期滞留者はたまたま海外に在住している自国民であり、国民の権利として不在者投票権を要求することに国民的合意が得られやすいことに対し、永住権保有者は、兵役納税義務などが免除されており、住民登録要件不備を理由に参政権を付与することには慎重だった(在日永住権者は35歳まで徴兵が延期され、36歳になると兵役の義務はなくなる。1962年10月、「在外国民の兵役免除」の項目が兵役法に法律第1163として追加された)。 一方、大韓民国憲法#第二章 国民の権利および義務第24条は「すべての国民は選挙権を持つ」としており、これに準拠して永住権保有者にも参政権を保証するべきとの議論が続いていた。

これに対し、韓国憲法裁判所は2007年5月、海外の駐在員や留学生はもちろん、外国での永住権者も韓国の国籍を持ってさえいれば、韓国国内に住民登録がなくても選挙権と国民投票権を与えるべきという決定を下し、1999年3月の決定を覆した。また、憲法裁判所は2008年12月31日までに国会で必要な法改正を行うよう命じた。この決定の理由として「情報通信技術の発達」や「経済力の伸張」など10項目を挙げた。また、納税や国防の義務が免除されていることを問題とする考えについても、大韓民国憲法は参政権や平等権などの国民の基本権行使を、納税と国防の義務に対する反対給付として想定していない上、在外国民であっても兵役の義務を果たすことができ、また兵役が義務付けられていない女性も投票権を有しているとする原告の訴えを認めこれを退けた。

これらの動きを受けて、海外短期滞留者をモデルとした不在者投票の準備作業が行われた。2006年12月には外交通商部と共同で50以上の海外公館で模擬投票を実施し、参加者の80%は「投票権を行使する」と回答した。この場合、実際の日本地域の短期滞留者は82000人になり、そのうち21000人が投票すると推算された。

与野党とも在外韓国人に参政権を付与する方向では一致しており、2007年2月末までに中央選挙管理委員会や与野党から5つの選挙法改正案が韓国国会に上程された。しかし、在外投票の導入方法をめぐって紛糾し、当初目指していた2007年の大統領選挙からの在外投票導入は困難となった。海外永住者は一般的に保守傾向が強いとされており、これを取り込みたい保守派であるハンナラ党と、若年層にも支持基盤を持ち留学生や、外交官などの一時滞留者たちを取り込みたいウリ党の党争によるものと指摘された。

2012年の国政選挙から投票できる見通しとなったが、祖国での参政権に対する在日社会の関心は低く、そのメリットを知ってもらおうと、兵庫と大阪の在日韓国人で「在日韓国人本国参政権連絡準備会」を設立しPR活動を行っている。

朝鮮籍および、北朝鮮籍朝鮮人の本国参政権[編集]

朝鮮籍の17歳以上の在日朝鮮人は北朝鮮国政への選挙権、被選挙権ともに有しているため、2009年現在、在日朝鮮人からは徐萬述朝鮮総聯中央本部議長をはじめとする朝鮮総連幹部や朝鮮大学校校長などの6名が、北朝鮮最高人民会議の代議員(国会議員)に選出されている。

地方参政権問題[編集]

外国人参政権参照

在日本大韓民国民団は、2009年8月30日投票の第45回衆議院議員総選挙から外国人参政権付与を掲げている民主党候補者らを全力で支援しており、民団の集会を通じて在日韓国人へ候補者当選へ抜けての全力支援を指導している。なお、朝鮮総連は在日朝鮮人は列記とした独立国の海外交民であるので、韓国政府の棄民政策や、戦前の日本政府による同化政策に繋がるものだとして外国人参政権の付与に反対である。

遊技業界[編集]

日本全国1万7000店のパチンコオーナーの国籍
本籍  %
韓国籍 50%
朝鮮籍 30-40%
日本籍 5%
華僑 5%

パチスロ

自営業が占めるパチンコ産業に携わっている就業者の在日韓国・朝鮮人比率は他産業より高いとみられ、2007年12月27日の中央日報の記事によると業界の90%ほどを在日韓国人と朝鮮総連系が掌握しているとされる。そのため「パチンコはその実体が賭博であるにもかかわらず、賭博として規律されておらず、そのことで生まれた収益が北朝鮮への送金を支えている」という論評がある。2008年、在日本大韓民国民団顧問のチョン・ドンファは、「朝鮮総連はパチンコ事業で資金を集めたが、民団はどのようにしたのか?」と記者に問われると「民団の主な事業もパチンコだ。朝鮮総連は収入の全てを組職化して北に送った。」などと証言している。

2007年10月からの5号機 (パチスロ)への完全移行に伴い、在日韓国人商工業の基盤ともいえる遊技業界の苦戦が懸念されている。

韓国では賭博メダルチギ海物語」の大流行とその弊害、およびそれに関わる関連公職者の告発が社会問題となった。

外国人犯罪と在日韓国・朝鮮人[編集]

日本国内に流通する覚醒剤の過半は北朝鮮産が占めていると言われており、問題の解決を困難なものにしている。 根拠はないが第二次世界大戦後に朝鮮人による犯罪が増加したという噂があり、長く語り継がれている。これを事実と捉えたうえで、それが後々の日本人との間のわだかまりや先入観(「朝鮮人は恐い」などとして)を作り出し、日本人による差別忌避・嫌悪感情の温床になったと主張する層が戦後一貫して存在している。浅草米兵暴行事件のように、一地区に多く住んでいる在日韓国・朝鮮人による集団犯罪も問題の根を深くしている。外国人全般の犯罪率および在日韓国・朝鮮人の犯罪率と、それらの解釈・解釈方法については現在に至るまで、しばしば議論の対象になっている(詳細は、外国人犯罪参照)。

暴力団と在日韓国・朝鮮人[編集]

カプランとデュブロによると、日本最大の広域暴力団である山口組の構成員のうち、約10%の者が在日朝鮮人であるという。四代目会津小鉄の会長だった高山登久太郎(姜外秀)は講演で、「ウチの組は同和が3割、在日が3割だった」と発言したことがある(会津小鉄の場合、会長自身が在日韓国・朝鮮人だったため、割合が高かったと見られる)。

公安調査庁調査第二部長の菅沼光弘は2006年(平成18年)10月19日に東京・外国特派員協会で行った講演で、六代目山口組のナンバー2である若頭の髙山清司から聞いた話として、暴力団の出自の内訳は6割が同和(被差別部落)、3割が在日韓国・朝鮮人、残りの1割が同和ではない日本人という見解を示した。

山口組顧問弁護士山之内幸夫は『文芸春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。

警察庁発表による平成18年度末の暴力団の人数は、構成員が約41,500人・準構成員が約43,200人・計約84,700人である。

在日韓国・朝鮮人の起こした反社会的暴動事件[編集]

在日韓国・朝鮮人が起こした暴動事件の一例を挙げる。

在日韓国・朝鮮人に関連した著名な刑事事件[編集]

在日韓国・朝鮮人という出自が事件の原因に深くかかわった刑事事件の一例を挙げる。

匿名口座と在日韓国・朝鮮人[編集]

在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になるため、これが脱税等犯罪の温床であるとの指摘が多いが、在日外国人ならば誰でも通名を取得することができるので、在日韓国・朝鮮人だけに限られた問題ではない。

2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、外国人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。遅延損害金6億7千万円も加算して支払っており、匿名口座で犯罪行為を行った者へ利子までつけて返金するという、極めて異常な判決は海外でも報道され、日本の司法制度の軟弱さが改めて世界中から注目されることとなった。

在日韓国・朝鮮人への住民税減額措置[編集]

三重県上野市(現伊賀市)、桑名市四日市市に合併前の旧楠町では条例などを制定しないまま一部の在日韓国・朝鮮人の住民税を半額程度に減額する特例措置を長年続けていた。伊賀市は市民税と合わせて徴収する県民税も半額にしていた。遅くとも1960年代後半には始まっていたとみられ、伊賀市は税の公平性に反するとして2006年度でこの措置をやめた。桑名市も2008年度から是正する方針が示された。在日本大韓民国民団在日本朝鮮人総聯合会に所属する在日韓国・朝鮮人のうち、税を窓口などで納付する普通徴収の人たちが対象になっていた。市が該当者分の納付書を民団と総連にまとめて送付し、それぞれの団体が取りまとめて納税していた。2006年度の対象者は伊賀市で約400人の在住者のうち個人事業主を中心に在日韓国人35人と在日朝鮮人18人、桑名市では減額率は民団が6割、朝鮮総連が5割で、約990人の在住者のうち約250人を対象とし年間数千万円であったとされる。

伊賀市の減額措置は、昭和30年代から40年代にかけ、市と地元の民団や朝鮮総聯との交渉で開始、1980年代以前は、両団体支部を通じた在日韓国人らが窓口に来た際、一般職員ではなく係長級職員が直接受け付け、減額を行っていた。当時は納付しない人も多く、半額でも徴収したいとの上野市側の思惑もあったとされる。桑名市税務課では「減額の経緯は資料がなくわからないが、昭和四十年代に全国的に減税の動きがあったのでは」とコメントしている。

伊賀市内の元在日韓国人が日本に帰化するのに伴い住民税が本来の額に上がるため相談を持ち掛け、これに応じた伊賀市の元総務部長がこれを利用して半分のままでいいから自分に渡すよう促し、2002年以降計約1800万円を受け取ったまま納付せずに着服していた疑いも発覚した。受け渡しの際、元総務部長は自作の預かり証を渡し、帰化した元在日韓国人は滞納状態だったが、数年間にわたり「督促しなくてよい」と職員に指示していた。

この事件に対し、「他国籍の在住外国人も大勢いるなか、不適切な優遇」といった批判が市民の間から出ている。伊賀市側は在日韓国・朝鮮人に対する戦争補償の一環や戦後期の所得格差の解消などを理由に容認していたと述べた。また他町村との合併協議の中で減免措置に対する疑問が提示され、民団、総聯との協議の結果、2005年11月に翌2006年度で全廃することで合意した。民団三重県伊賀支部支団長によると、この減額措置を2004年に支団長になって知り、参政権などを求めるうえで日本人と違うのは不公平であると改善に応じ、一方、総聯伊賀支部委員長は、過去の経緯は話せないとコメントを避けた。三重県市町行財政室は「地方税上、条例の定めのない減免はできず、条例がないなら問題」、総務省市町村税課は「減免は各市町村が判断し条例で定めるが、このような例は初耳」、桑名市税務課では「条例の裏付けもなく続けてきたことは遺憾」とそれぞれ述べた。伊賀市では過去の資料が無いため詳細については定かではないが、減免措置は地方税法第323条に基づいて旧上野市が制定した市税条例第51条第1項第5号の「特別の理由があるもの」との規定により市長が必要であると認めたものについて、市が歴史的経過、社会的背景、経済的状況などを総合的に考慮し、減免することが妥当と判断したものであろうと思われる、とした。一方、この減免措置は本来、副市長(旧助役)の決裁が必要だが、税務課内部の判断で長年続いていたことも明らかになっている。

子供手当ての申請をした同胞に差別した公務員[編集]

民団HPに投稿された在日の声より

つい先日、兵庫県尼崎市に暮らされる同胞が、タイ国に残す、実子のように愛情込めて育てられた養子554人分の子供手当て(約8600万円)を申請したにもかかわらず拒否されたとのことです。これは人種差別ではないのでしょうか?

この子供手当ては、実子・養子の区別なく、条件を具備すれば本来認めらるはずのものです。そのため、同胞の中には世界中の孤児院を巡っては、養子縁組により同手当ての恩恵を受け、前途ある子供の将来に希望を持たせようとしている者も多いと聞きます。中には、すでに数万人単位の養子縁組を実現したという者もいるようです。にもかかわらず、今となって拒否するのは人種差別そのものではないでしょうか?

民主党代表にして内閣総理大臣の鳩山氏は、はっきりと「日本は日本人だけのものではない」と述べたはずです。だから、民潭および同胞が一団となり、民主党を選挙で勝利に導いたのです。しかし、地方参政権の約束も果たさず、先ほどのような人種差別も改善されていないのは、本当に腹が立ちます。

魚拓

在日韓国・朝鮮人の処遇と未来像に関する議論[編集]

帰化と日本国籍取得[編集]

ながらく、在日韓国・朝鮮人を日本社会の構成員として取り扱おうという主張があった。この場合「日本社会の構成員」という語は、立場によって様々に意味を変える。「社会の構成員」と言うかぎりならば、これには単なる実態の反映でしかないという見方もある。しかしこれが、地方参政権の付与に至ると、議論が分かれる。(外国人参政権を参照)

2007年時点で民族名による帰化は保証されておらず、届出による日本国籍取得と民族名使用の保障などを盛り込んだ国籍取得特例法を求める運動が続いていた。自民党法務部会の「国籍問題に関するプロジェクトチーム」は2008年1月24日の会合で、在日韓国・朝鮮人などの特別永住者が日本国籍を簡単に得られるようにする特別永住者等の国籍取得の特例に関する法律案(特別永住者国籍取得特例法案)を議員立法で2008年の第169回通常国会に提出する方針を決めた。

在日韓国・朝鮮人から日本に帰化する者の数は、95年に一万人を超えたのを皮切りに年間で毎年9000―11000人に上っている。帰化を許可された者は国籍法第10条に基づき、『官報』に帰化前の名前・住所・生年月日が公示される。

また1990年代までに比べれば、「日本籍コリアン」にも朝鮮系であることを周囲に言明する者が増えるなどし、帰化した後の生活スタイルも多様化しつつある。

日本人との婚姻[編集]

2006年、韓国・朝鮮籍所有者と日本国籍者の婚姻件数は8376件で、1961年の1971に比べおよそ4倍、日本国内全体の婚姻件数73万971件のうち、約1%を占めている。在日韓国・朝鮮人女性と日本人男性間の婚姻件数は1990年の8490件を最高に2006年には6041件、一方、韓国・朝鮮人男性と日本人女性間の婚姻件数は2006年末現在で2335件で1984年に2000件を超えて以来、ほぼ横ばいとなっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

団体
映画
その他

外部リンク[編集]