楽天証券

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事の内容には批判・批評的内容が含まれています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。また削除要請はこちらをご覧ください。

楽天証券株式会社(らくてんしょうけん かぶしきがいしゃ)はインターネット専業の証券会社。口座数は40万、預り資産は1兆円を超え、インターネット専業証券大手5社の1社である。2003年楽天株式の96.67%を取得し連結子会社化。旧「DLJディレクトSFG証券」(三井住友銀行系)。

会社概要[編集]

沿革[編集]

行政処分とシステム障害[編集]

楽天証券は2005年以降システム障害が多発した。楽天証券内部で発生したシステム障害は大小合わせて24件であり、外部との問題で発生した障害が19件、少なくとも合計43件のシステム障碍が、2005年以降発生している。

ログインできない、などシステムがまったく利用できない状態がたびたび発生するなど、大規模かつ深刻な影響をもたらした。取引機会の喪失により、利用者が損害を被ったり、資産運用に支障をきたすなどの経済的損失を発生させた。[1]

2005年11月16日、金融庁は楽天証券に対し行政処分を行ったと発表した。同庁の調べによると、楽天証券は「証券業に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況」との法令違反行為が認められたとのこと。[2]

  • 2005年8月29日 - 大規模なシステム停止等を含むシステム障害が発生、金融庁に「キャパシティ管理など運用管理を徹底する旨の報告書」を提出
  • 2005年10月15日 - 長時間のシステム停止を含む障害が発生
  • 2005年11月16日 - 金融庁は楽天証券のシステム障害が多発した問題を重く見、業務改善命令を出した
  • 2006年3月10日 - 業務改善命令後もトラブルを多発させたことから、東京証券取引所は証券業に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況であると処分(戒告)を行った。

連結子会社[編集]

  • 楽天アセットマネジメント株式会社
  • 楽天ストラテジックパートナーズ株式会社

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. 楽天証券が公表したシステム障害
  2. 楽天証券株式会社に対する行政処分について (金融庁)

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は楽天証券にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。