7月

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

7月(しちがつ)はグレゴリオ暦の第7のに当たり、31日ある。

日本では、旧暦7月文月(ふみづき、ふづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いる。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。

英語での月名、Julyは、ユリウス暦を創った共和政ローマ末期の政治家、ユリウス・カエサルにちなむ。カエサルは紀元前45年ユリウス暦を採用するのと同時に、7月の名称を自分の家門名に変更した。

異名[編集]

はつあき(初秋)、ふづき(七月)、をみなえしづき(女郎花月)

7月の季語[編集]

七夕(たなばた/しちせき)

7月の年中行事[編集]

7月に行われるスポーツ[編集]

その他[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は7月にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。