横浜DeNAベイスターズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ディアーナ
ディアーナ
ディアーナ
ディアーナ
横浜DeNAベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズは、日本プロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。

神奈川県保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタジアム専用球場(本拠地)としている。また、二軍イースタン・リーグ所属)の本拠地は同県横須賀市にある横須賀スタジアムである。更にその他には球団全体の練習場と合宿所が横浜DeNAベイスターズ総合練習場として同市に設けられている。

目次

球団の歴史[編集]

林兼商店(後の大洋漁業、現・マルハニチロ)の実業団チームとして1929年5月に設立され、翌1930年の第4回全日本都市対抗野球大会では、初挑戦ながら全国大会出場を果たした(初戦敗退)。翌年は中国大会でベスト4に入るなどの成績を残したが、世界恐慌の影響などで1932年の第6回全日本都市対抗野球大会前に休止状態となり、軟式野球部だけが太平洋戦争開始前後まで存在していた。戦後、1946年6月に大洋漁業(1945年12月に改称)軟式野球部として復活、同年11月(一説には1947年3月)には硬式野球部へ変更された。その後の都市対抗野球では全国大会の常連となり、1948年には国体で優勝し一躍名をあげる。

1949年プロ野球シーズンオフ、リーグ拡張方針で各企業がプロ野球参加に名乗りを上げ、大洋漁業野球部からは、戸倉勝城河内卓司徳網茂ら主力選手が新球団の毎日オリオンズに引き抜かれた。野球部に情熱を注いでいた前社長中部兼市[注 1]は憤慨し、自社野球部のプロ参加方針を打ち出す。

1949年11月22日に「株式会社まるは球団」を設立し、球団名を暫定的にまるは球団とした。セントラル・リーグに加盟。山口県下関市フランチャイズ、下関市営球場(下関球場とは別)を本拠地球場とした。本来、大洋の社章と同じ「(は)=はを丸囲みしてマルハと読ませる」とすべきだが、新聞の活字にそれがないため、「まるは」と表記していたといわれている。

社会人野球としての大洋漁業野球部は、まるは球団設立によって1949年11月30日をもって解散したが、社会人野球時代の選手には拘らないという中部兼市の方針でまるは球団に移籍出来なかった選手のために、大洋漁業が呼びかける形で「全下関」チームが結成され、1951年まで活動していた。

下関時代[編集]

1950年シーズン開幕後に「大洋ホエールズ(たいよう-)」に球団名を改称(3月に会社名を株式会社大洋球団に変更)し、9月には事務所を下関市から東京都千代田区に移転。読売ジャイアンツからベテランの中島治康平山菊二、大陽ロビンスから藤井勇林直明を譲り受け、宇高勲のスカウト活動により、東急フライヤーズから大沢清長持栄吉片山博らを、阪急ブレーブスからは宮崎剛今西練太郎らを補強してスタートしたものの、投手力の弱さは如何ともし難く、リーグ参戦1年目は5位に終わり、1951年は6位、1952年は4位と伸び悩んだ。

1951年、不採算から経営悪化した広島カープを吸収合併することも検討されたが、広島球団関係者や地元市民らの必死の存続運動もあって広島との合併の話は立ち消えになった。1952年、9月7日の対松竹ロビンス戦(京都市西京極総合運動公園野球場)は、当時のセ・リーグ最長イニング記録である延長20回を戦い抜いたが、チームはサヨナラ負けを喫した。

大阪時代[編集]

1953年1月10日、「シーズン勝率3割未満の球団に対して処罰をおこなう」という前年の取り決めの該当球団となった松竹ロビンスと対等合併に合意、セ・リーグは6球団体制となる。「大洋松竹ロビンス(たいようしょうちく-)」に改称し、翌1954年には通称名の洋松が入る「洋松ロビンス(ようしょう-)」に改称した。

1953年シーズンは球団の合併・統合が決まりながらも運営会社の完全合併が間に合わず、フランチャイズも大洋球団の下関市と松竹球団の京都市で並立。球団運営も2社で1つの球団を運営すると言う変則的な形となり、選手の給与もそれぞれの前所属球団から支給された。主催試合は興行面の利点から大阪球場で行われた。1年目のシーズン終了後(12月16日)に球団運営会社が新設合併で正式統合され(当時の会社名は株式会社大洋松竹球団)、球団事務所も大阪球場内に置かれた。

大阪時代の球団成績は1953年は5位。翌1954年は32勝96敗2分で最下位となり、優勝した中日ドラゴンズとは55ゲーム離され、5位の国鉄スワローズに23ゲームの大差を付けられる大惨敗であった。

川崎時代[編集]

1954年12月11日限りで松竹は球団経営から撤退し、中部謙吉がオーナーとなる。球団名を「大洋ホエールズ」に戻し、保護地域神奈川県へ移転した。川崎市川崎球場を本拠とする新生ホエールズとして再スタートしたが、1年目の1955年、成績は31勝99敗。首位・巨人と61.5ゲーム差も放され、5位・国鉄にも大差をつけられての最下位。以降チームは、ロビンス時代の1954年から1959年まで6年連続最下位。

1956年明治大学から秋山登土井淳岩岡保宏黒木弘重沖山光利の5名が入団。同一校の選手が同一球団へ同時に5名も入団するのは極めて珍しく、彼らは「明大五人衆」と呼ばれて注目を集めた。エース・秋山登が毎年の酷使に耐え抜き、巨人から移籍した青田昇が三度の本塁打王を獲得する。

1960年、前年まで西鉄ライオンズの監督だった三原脩を招聘。三原は新人の近藤昭仁と、シーズン中に近鉄バファローから獲得した鈴木武で二遊間を固め、秋山や島田源太郎を中心とした投手力を前面に押し出して水原茂監督率いる巨人と優勝争いを演じ、前年最下位からのリーグ優勝を果たす。日本シリーズでも毎日大映(大毎)オリオンズ相手に全て1点差勝利で4連勝。日本一に輝いた。

1962年1964年も阪神と激しく優勝を争うもあと一歩及ばず、1963年は、最下位・広島と1ゲーム差の5位。その後は優勝から遠ざかることとなる。三原は1967年に監督を退任。

1965年以降チームの勝率は1969年-1971年の3年間を除いて本拠地移転まで5割を超えなかった。1965年-1973年にかけての巨人の9連覇中、大洋は強力打線で巨人の投手陣を粉砕するものの、貧弱な投手陣が同様に打ち込まれ、大味な打撃合戦に発展することが多かった。当時の巨人に打ち合いで勝てるチームの筆頭は大洋で、それも両翼89 m、中堅118 mという本拠地・川崎球場の狭さというのも少なからず関係していた。

1973年、開幕から6月頃までは混戦のセ・リーグで広島とともに首位争いの主導権を握っていた。ところが7月頃から徐々に低迷、結果的に巨人のV9を許し、優勝争いに最後まで加われなかったヤクルトにも抜かれて前年と同じく5位に終わった。青田昇が成績不振の責任をとって監督辞任。

1974年、チームは5位。松原誠が初めて打率3割をマーク、最多安打を獲得。翌1975年も5位に終わる。

1976年、川崎から横浜への移転計画を画策していた大洋球団は、横浜での新球場建設の資金を捻出するため飛鳥田一雄横浜市長の斡旋で国土計画(現プリンスホテル)の出資を受け入れる。これにより、大洋球団の株式保有率は、大洋漁業55%、国土計画45%となる。

1977年、オーナーだった中部謙吉が1月に死去。親会社の大洋漁業は長男の中部藤次郎が、大洋球団オーナーは三男の中部新次郎がそれぞれ継承した。松原や米田慶三郎といった守備の名手に加え、ボイヤーシピンミヤーンら好守備を誇る外国人選手の活躍もあり、1970年代の大洋内野陣は堅守を誇った。1980年代に入っても山下大輔基満男高木豊に受け継がれて行く。

横浜時代[編集]

大洋時代[編集]

1978年、国土計画の主導で横浜市中区に建設した横浜スタジアムに移転、都市名を入れた「横浜大洋ホエールズ(よこはまたいよう-)」に改称。横浜の小学生が入り易いファンクラブの設置など営業体制の改革を伴った改変によりファンが増加した。この年、国土計画が福岡野球株式会社クラウンライターライオンズ)を買収したため、野球協約に抵触することとなり、同社が持つ大洋球団の株式はニッポン放送TBS(東京放送)へ2:1の割合で売却された。これより先2002年初めまで、球団株式保有率は大洋漁業(のちにマルハ)55%、ニッポン放送30%、TBS15%となった。

移転初年度の1978年は4位に終わるが、観客動員は143万7千人となり、球団史上初めて100万人を突破している。翌1979年は2位に躍進。この年をもって別当は監督を退任。翌年、大洋球団の常務取締役・球団代表に就任した。1980年、この年のドラフト会議では地元東海大学原辰徳を1位指名したが交渉権を獲得できなかった。土井淳が監督就任。しかし初年度は4位、翌1981年も低迷、土井はシーズン中の9月24日をもって休養。この年は最下位に終わる。1982年長嶋茂雄を監督に招聘する布石として長嶋と親交のある関根潤三を監督に迎えたが、長嶋招聘には失敗した。また、ジュニアと呼ばれた関根浩史入団について日産野球部との交渉が破談した。この年、チームは5位に終わる。1983年は3位とAクラスになるも、1984年は最下位に転落。同年限りで関根は辞任。

1985年近藤貞雄が監督に就任。高木豊加藤博一屋鋪要スーパーカートリオを売り出し注目された。遠藤、斉藤明夫頼みの投手陣は改善されず、チーム成績は振るわず4位。翌1986年も4位に終わり、近藤は2年で監督を退任。

1987年には、広島を4度の優勝に導いた古葉竹識を監督に迎えるが、5位、4位、最下位と3年間で1度もAクラス入り出来ないなど成績は振るわず、1989年にシーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。しかしこの間、1998年の優勝時の主力選手を多数獲得するなど、スカウティングの面では成功したといえる。

1990年須藤豊が監督に就任。この年、チームを3位とAクラスへ導くも、翌1991年はBクラス(5位)転落。1992年開幕早々に監督を辞任し、チーフコーチの江尻亮が監督代行。のちに監督昇格し、閉幕まで采配を振る。この年は5位に終わるも、盛田幸妃佐々木主浩のダブルストッパーが確立された。

1992年11月11日、親会社の大洋漁業がコーポレートアイデンティティ実施によりマルハに改称することに伴い、ホエールズも地域に密着した市民球団を目指し、球団名を「横浜ベイスターズ(よこはまー)」に改称した。翌年4月に会社名も従来の株式会社大洋球団から株式会社横浜ベイスターズに変更。球団名から企業名「大洋」を外し、都市名の「横浜」のみを冠するという方針はCI導入決定時に決まっていたが、改称後の球団名は社内外では当初、愛称をそのまま使った「横浜ホエールズ」になるという憶測があった。しかし、中部慶次郎オーナーは、かつて大洋漁業の主力事業だった商業捕鯨の規制が強まっていることを指摘し「ウチの会社はもうこれ以上、クジラばかりに頼るわけにはいかなくなった。だから愛称も変更しなければならない」と、社内に新愛称を検討するよう指示。その結果、愛称は「横浜ベイブリッジ」から取った「ベイスターズ」となった。また、ベイスターズの選手がマルハのCMには一切出演しないことが確約された。

横浜ベイスターズ時代[編集]

1993年、チーム生え抜きの近藤昭仁が監督に就任。球団名変更に伴い、ユニホーム・球団旗ペットマーク・マスコットキャラクターを一新。ベイスターズ初年度は5位に終わる。この年のオフから始まったフリーエージェント制度により、シーズン終了後に巨人の駒田徳広を獲得。長年チームを支えた高木豊屋鋪要山崎賢一市川和正ら主力選手が大量解雇された。

1994年、獲得した駒田の他、佐伯貴弘波留敏夫などを起用してチームの若返りを図るが、混戦のシーズンの中、結果的に最下位に終わる。

1995年、結果的に4位に終わるも12年ぶりのシーズン勝率5割台を果たす。のちに首位打者となる鈴木尚典が3番レフトに定着するなど若手が台頭した。しかし、フロントからの近藤に対する監督としての評価はあまり芳しくなく、この年限りで任期満了により退任となった。

1996年、バッテリーコーチの大矢明彦が監督に就任。4月を首位で折り返し、「セ・リーグの台風の目」と評されながらも5月以降失速、結果は5位に終わる。

1997年権藤博をバッテリーチーフコーチに迎える。シーズン後半に首位のヤクルトを脅かす急追を見せたもののあと一歩及ばず、2位で終わる。大矢は2年契約を終えてオフに監督を辞任。

1998年、権藤が監督に昇格。抑えの佐々木主浩を不動の中心とする投手陣と一度打ち始めると止まらない「マシンガン打線」が噛み合い、10月8日に38年ぶりのリーグ優勝[1]を果たし、日本シリーズでは西武ライオンズと戦い、4勝2敗で日本一。ベストナインに6選手、ゴールデングラブ賞に5人が選出される。シーズンオフにはドラフトで、その年の目玉選手・地元横浜高校松坂大輔を1位指名したが獲得できなかった。

1999年、ローズが153打点を記録し二冠王に輝く活躍を見せるなどこの年もマシンガン打線が絶好調で、チームはシーズン通算打率.294と当時のチーム打率の日本記録を挙げる活躍するものの、三浦大輔の不調や野村弘樹、佐々木主浩の故障などで頭数が揃わず、3位に終わる。オフには、佐々木が大リーグ・シアトル・マリナーズに移籍。

2000年、ロッテから小宮山悟が入団。金城龍彦が新人王と首位打者の二冠に輝くものの、投打共に不調や故障者等で優勝争いには届かず2年連続の3位。オフに権藤が監督を勇退し、主力打者のローズ、駒田が退団。この年よりファーム組織を湘南シーレックスと改称し、独立採算を目指した活動を開始する。

2001年、西武を8度リーグ優勝に導いた森祇晶が監督に就任。この年のみ順位決定方式が異なり、5年連続のAクラス(3位)となった(この年の順位に関しては後述)。シーズンオフに正捕手の谷繁元信がFA宣言をして中日に移籍し、チーム最多勝投手の小宮山もメジャーリーグに挑戦するためにチームを退団した。

2002年1月26日に親会社(筆頭株主)がマルハからニッポン放送に変更される予定だったが、当時ニッポン放送の関連会社だったフジテレビジョン(現・フジ・メディア・ホールディングス)がヤクルト球団株を20%強保有していたため、一転してTBS(東京放送)への移行がプロ野球オーナー会議で承認され、球団オーナーが当時のTBS社長砂原幸雄となった(詳細はマルハからTBSへの筆頭株主交代の節を参照)。これに際し、1978年以降ニッポン放送に独占中継権を押さえられていたため喪失していたTBSラジオの中継権が復活。横浜スタジアムからのナイター中継の他、巨人戦以外の週末のデーゲームを「THEベースボール・ベイスターズ」と題して放送を開始した。

チームは開幕から記録的な低迷を続け、9月25日に森がシーズン終了を待たずして休養を余儀なくされる(最終勝率.363)。3年契約の2年目だったが、この年限りで事実上の解任となる。 2つあった応援団が統合し、全国星覇会が発足。

2003年、チーム生え抜きの山下大輔が監督に就任。現役メジャーリーガーのスティーブ・コックスを移籍金100万ドル、年俸275万ドルの3年契約で、ダイエーから若田部健一をFAで獲得するなど大型補強を試みるが、コックスらは怪我などで戦力にならず、若手重視、攻撃重視の采配もことごとく空回りする。新外国人のタイロン・ウッズや新人の村田修一、若手の多村仁ら野手陣の活躍はあったものの、勝率も前年を下回る.324を記録。5位・広島からも22.5ゲーム以上離され(2003年シーズン優勝・阪神と5位・広島のゲーム差は20)、45勝94敗1分という惨憺たる成績で、シーズン90敗到達は日本プロ野球では1970年のヤクルト以来実に33年ぶりだった。

2004年、佐々木主浩が年俸6億5000万円の2年契約を結び5年ぶりにマリナーズからチームに復帰。打撃陣が好調で4月終了時点で首位に立つが、その後投手陣の不振により徐々に失速し、シーズン終了目前まで広島との5位争いを続けるが、最終戦に敗れて広島と勝率0.00092(9毛2糸)差という超僅差で45年ぶりの3年連続最下位が確定。山下はこの年、監督を退任した。シーズンオフに一場靖弘への金銭授受の問題の責任をとってオーナーの砂原幸雄が辞任し、TBS副社長の若林貴世志に新オーナーに就任。

2005年牛島和彦が監督に就任。主砲のウッズが中日に移籍するも不調だった三浦をはじめ投手陣が復活し、4年ぶりのAクラスとなる3位に浮上した。エグゼクティブ・アドバイザーとして牛島の友人である石橋貴明とんねるず)を抜擢、監督・選手とファンとのパイプ役を担わせる等新しいファンサービスを試みた。

2006年、投手陣や主力野手陣の相次ぐ不調・故障などで4、5月に低迷。6月以降は村田の4番打者定着や吉村裕基ら若手野手の台頭があったものの、リーグ最下位に終わる。球団側は続投を希望したものの、牛島は最下位の責任を取り、シーズン途中の9月3日にこの年限りの監督退任を発表。4月3日、スポーツ活動を通じて地域貢献を目指すNPO法人横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティを、理事長を球団OBの平松政次として設立した。7月1日、子会社の株式会社ベイスターズソフトを吸収合併する。 12月1日、資本金を6億5000万円から1億円へ減資する。「チーム運営統括」というゼネラルマネージャー的ポジションの幹部として日産自動車硬式野球部で監督を務めた村上忠則が就任。この年チーム唯一の2桁勝利の門倉健が年俸査定に不満を持ち、FA宣言をして巨人に移籍した。

2007年、大矢明彦が10年ぶりに監督に復帰。ソフトバンクの若手投手・寺原隼人を主砲・多村仁との大型トレードで獲得し、また巨人の正二塁手だった仁志敏久を1選手プラス金銭のトレードで獲得した。また、FA移籍した門倉の人的保障として工藤公康が入団。移籍組やベテラン勢の活躍で、前半戦は一時首位に立つなど上位を猛追し3位で折り返す。最終戦に敗れシーズン勝ち越しを逃して4位に終わるが、村田修一が球団日本人選手としては桑田武以来31年ぶりの本塁打王と球団初の2年連続100打点を達成し、三浦大輔も35イニング連続無失点、寺原隼人も2試合連続完封を記録するなど主力選手の活躍が目立った。1月15日産業能率大学と業務提携することになり、調印する。ファームの湘南シーレックスの取り組みを、スポーツビジネスの授業に取り入れていくことが決まった。

2008年、開幕投手最有力で阪神キラーの三浦が出遅れ、開幕カードの阪神戦を3連敗するとその後も低迷を続ける。この年に飛躍し首位打者を獲得した内川聖一、本塁打王を獲得した村田、30本塁打を記録した吉村といったリーグ屈指の強力なクリーンアップを擁したが、投手陣の崩壊により2年ぶりの最下位に沈み、2003年以来5年ぶりの90敗を記録した。選手の打率(内川の.378)がチーム勝率(.338)を上回るという2リーグ分裂後では初となる珍記録も記録された。シーズンオフにはヘッド兼打撃コーチの弘田澄男など4コーチが解任され、石井琢朗、鈴木尚典ら、チームを長年支えてきたベテランが退団した。また、正捕手の相川亮二がFA権を行使してヤクルトに移籍。

2009年WBCでの村田の故障などによって、開幕6連敗を喫するなど序盤から低迷。5月18日に大矢監督の無期限休養(事実上の解任)が発表された。二軍監督の田代富雄が翌日から監督代行を務めたが、チームを浮上させることができず、2年連続の最下位に終わる。前年同様一度も貯金はなく、田代は一軍の監督代行の職が解かれ、シーズン終了後に二軍監督に再任された。 11月11日、後任監督としてこの年まで巨人の投手コーチを務めていた尾花高夫を迎え入れ、横浜港を周遊する「マリーンルージュ」で就任記者会見を行った。

2010年、ロッテのエース清水直行を複数人とのトレードで獲得し、同じくFA宣言をしたロッテの橋本将、日本ハムを自由契約となったターメル・スレッジを獲得するなど大規模な補強を行った。3月31日、対巨人戦の勝利で順位を3位タイとし、同時に広島が単独最下位となったが、この横浜の「最下位からの脱出」は2008年4月5日以来284試合目(725日ぶり)であり、これまでの記録(楽天、2005年4月9日-2007年3月24日、262試合)を大幅に更新してのストップとなった。しかし、交流戦以降は低迷し、最下位に転落。一度も浮上することもなく9月7日の対巨人戦の敗戦で5年連続のBクラスが確定し、9月25日の対中日戦の敗戦で3年連続の最下位が確定。9月28日の対ヤクルト戦で敗れてプロ野球史上初の3年連続90敗、10月6日の対阪神戦の敗戦で130試合制だった1955年以来55年ぶりのシーズン95敗を喫した。ヘッドコーチの島田誠が不振の責任を取り1年で辞任。オフに内川聖一がFAでソフトバンクに移籍した。8月、2010年シーズン終了をもって、二軍の「湘南シーレックス」の名称を一軍と同じ「横浜ベイスターズ」に戻すことがプロ野球実行委員会で承認された。

9月30日TBSHDが保有している横浜ベイスターズの株式を住生活グループ(現・LIXILグループ)との間で売却交渉を進めている旨がメディアで報じられ、10月5日になって住生活グループ幹部がTBSHDとの交渉の事実を認めた。球団も10月4日に若林オーナー(東京放送副社長)が交渉に関し“大筋で合意しており10月中に正式決定”とコメントしていたが、実際の交渉は難航。結局10月下旬、TBSHDは住生活グループとの交渉を打ち切り、同月27日TBSHDが2011年度も球団を保有することを発表するに至った。交渉決裂の理由としてはTBSHDおよび住生活グループそれぞれが「条件面での不一致」としているものの、同月28日加地隆雄球団社長は、秋季練習中の選手らへの事情説明に際して「一番大きな問題はフランチャイズ。横浜から出て、新潟草薙静岡)、京都と違うところでやりたいと(住生活側は)主張し続けていた」と明らかにした。又同日潮田洋一郎住生活グループ会長も「それを含めていろいろあった。(球団運営など)すべてをゼロからやりたかったが、ゼロからできなかった」と理由を述べた。

2011年、FAで日本ハムの森本稀哲を獲得する。3月11日東日本大震災発生時は横浜は横浜スタジアムで対ヤクルトオープン戦の試合中だったが、球場全体が揺れて試合は打ち切り、選手や観客がグラウンドに避難している。当初3月25日の公式戦開幕予定が、この震災の影響により4月12日に延期され、4年ぶりに本拠地での開幕となり、中日と対戦し3連戦を勝ち越し、2000年以来11年ぶりに開幕カードを勝ち越したが、5月以降低迷状態に陥り、交流戦ではロードで1勝(9敗2分)しかできず、7勝13敗の11位に終わり、7月は一度も連勝できないまま、オールスターまでの前半戦を25勝44敗6分、借金19で折り返す。後半戦も浮上することなく、9月27日の対巨人戦(横浜)に敗れた事でBクラスが確定し、10月9日の対阪神戦(横浜)に敗れたことで4年連続の最下位が決定している。最終的に47勝86敗11分で首位から27.5、5位広島と11.5ゲーム差がついた[2]。チーム防御率は6年ぶりに3点台だったが2年連続で最下位、勝率も1957年-1961年の近鉄以来50年ぶりの4年連続で3割台と低迷した。

10月19日、TBSHDが保有している横浜ベイスターズ株の大半をディー・エヌ・エー(DeNA)へ譲渡することで大筋において合意。10月22日、最終戦終了後に監督の尾花と一軍コーチ陣の休養が発表された。11月4日、TBSHDが所有する株式の一部(TBSHDの保有する640,000株(議決権割合 49.23%)、BS-TBSの保有する230,000株(議決権割合 17.69%))を12月2日付で、日本プロフェッショナル野球機構の実行委員会およびオーナー会議の承認を得ることを条件として、DeNAへ譲渡することで、両社の間で正式合意(取得価格1株あたり7,471円、総額65億円)。また、球団名は「横浜DeNAベイスターズ」として申請される。11月22日、監督の尾花をはじめ6人のコーチの解任が発表された。12月1日、日本プロ野球オーナー会議並びに実行委員会にてDeNAによる横浜ベイスターズ買収とオーナー会社変更が承認された。翌2日球団株式が譲渡され、商号変更により「横浜DeNAベイスターズ」として新たにスタートを切った。球団GMには巨人OBの高田繁が就任したが、一方で監督人事は難航し、当初横浜OBでもある工藤公康が候補とされたが、投手コーチ編成を巡って工藤と球団が対立し、12月5日に高田GMが破談になった事を会見で述べている。翌6日には当初からの候補であった中畑清の名前が挙がり、12月9日に監督就任会見が行われ、合わせて新球団ロゴマークも発表されている。

DeNA時代[編集]

2012年、親会社変更に伴いユニホーム・球団旗・ペットマーク・マスコットキャラクターを一新。1月29日、クイーンズスクエア横浜「クイーンズサークル」において「新ユニホーム発表セレモニー」を行う。3月18日には、これまでの球団マスコット、ホッシー・ホッシーナ・ホッシーゾの卒業と新マスコット・DBスターマンの就任を発表。

3月30日、開幕戦の対阪神戦(京セラドーム)は5対5で引き分けとし、4月1日の同カードにおいて6対2で球団名称変更後初勝利を挙げるが、続く4月4日から10日、同22日から5月1日にかけて2度に渡り6連敗するなどした。交流戦は9勝14敗の10位に終わり、7月7日の対中日戦に敗れ借金20として、自力優勝が消滅している。前半戦最後の3連戦の対ヤクルト戦(横浜)で今季初の同一カード3連勝するものの、前半戦を最下位で終える。後9月15日の対ヤクルト戦(神宮)に敗れ、Bクラスが決定。9月29日の対巨人戦(横浜)に勝利して今季初の5連勝(2分含む)するものの、136試合目の翌30日の対中日戦(横浜)に敗れ、5年連続の最下位が決定した。10月7日、対巨人戦(東京ドーム)で敗れたことで、対巨人戦のロードでは1勝も出来ずに終わり、東京ドームにおいてはセ・リーグ初の記録となった。最終的に首位巨人とは40ゲーム、5位阪神に9.5ゲーム差、46勝85敗13分、セ5球団に全て負け越している。

2013年、中日を自由契約になったトニ・ブランコエンジェルベルト・ソトホルヘ・ソーサの3人を獲得した。またかつてのチームの主力打者であったソフトバンクの多村仁志を含む3選手が、吉村裕基、山本省吾ら3選手とのトレードで入団。多村は7年ぶりに古巣ベイスターズへの復帰となった。交流戦は7勝17敗で最下位に終わる。打線こそ去年より得点力は増したものの、投手陣の不安定さは相変わらず(2012年は3.76だった防御率が2013年は4.50)で9月24日の対阪神戦(甲子園)に1対6で敗れ、クライマックスシリーズ進出の可能性が消滅し、8年連続のBクラスが確定した。しかし10月1日にヤクルトが巨人に敗れた事で、6年ぶりの最下位脱出が決まり、最終的には5位となった。ヤクルト、阪神、中日に勝ち越し、セ3球団に勝ち越したのはチーム12年ぶりであった。

チーム成績・記録[編集]

詳細は 横浜DeNAベイスターズ及びその前身球団の年度別成績一覧 を参照
  • リーグ優勝 2回
(1960年、1998年)
  • 日本一 2回
(1960年、1998年)
  • Aクラス 15回
(1960年、1962年、1964年、1969年 - 1971年、1979年、1983年、1990年、1997年 - 2001年、2005年)※1
  • Bクラス 48回
(1950年 - 1959年、1961年、1963年、1965年 - 1968年、1972年 - 1978年、1980年 - 1982年、1984年 - 1989年、1991年 - 1996年、2002年 - 2004年、2006年 - )
  • 最多勝 80勝(1964年)
  • 最多敗 99敗(1955年)
  • 最多引分 17分(1979年)
  • 最高勝率 .585(1998年)
  • 最低勝率 .238(1955年)
  • 最多連勝 10 (過去5度記録、直近のは1999年)
  • 最多連敗 14 (1955年、2008年)※2008年のものは1引き分け挟む。
  • 最長試合時間 6時間13分(1998年8月9日対広島戦)
  • 連続イニング無得点 46(2012年)
  • 連続Aクラス入り最長記録 5年(1997年 - 2001年)
  • 連続Bクラス最長記録 10年(1950年 - 1959年)
  • 通算4500敗 (2012年8月24日の対巨人戦で、2リーグ制発足後最速の記録)
※1 2001年のセ・リーグの順位は、勝率順ではなく、勝利数順のため、勝率の場合はBクラス(4位)になっていた。

その他の記録[編集]

  • 最小ゲーム差 1.0ゲーム(1964年)
  • 最大ゲーム差 61.5ゲーム(1955年)
  • 最多本塁打 194本(2004年)
  • 最小本塁打 51本(1955年)
  • 最高打率 .294(1999年)
  • 最低打率 .208(1956年)
  • 最高防御率 2.31(1971年)
  • 最低防御率 4.94(1977年)

チームの特徴[編集]

球団名[編集]

1993年から2011年までの間、12球団では唯一の正式名称に企業名を冠しない球団であった。1949年末の2リーグ分裂以降では他に広島カープ(1950年 - 1967年、現・広島東洋カープ)[注 2]、東京オリオンズ(1964年 - 1968年、現・千葉ロッテマリーンズ)の事例が存在する。

前身の大洋ホエールズと第二次世界大戦中に存在した大洋軍は名前が同じだけで、繋がりは全くない。以前の愛称「ホエールズ」は当時の親会社・大洋漁業が捕鯨を主要業務にしていたことに由来する。現在の愛称「ベイスターズ」は「横浜ベイブリッジ」と「」とを組み合わせた造語である。日本人が発案した造語であるため、英語の母語話者には通じないらしく『ジャパンタイムズ』等の国内発行の英字新聞ではしばしば「'Stars」と略して表記される。アメリカのプロスポーツチームの本拠地ではタンパベイフロリダ州)やグリーンベイウィスコンシン州)のように湾を意味する“ベイ”が入っている地名があるため、一部のアメリカメディアではチーム名が「ヨコハマ・ベイスターズ」ではなく「ヨコハマベイ・スターズ」として認識されることもしばしばある。

大洋・洋松時代は略称をパ・リーグの大映スターズや後身の大毎オリオンズとの重複を避けるため「大」でなく「洋」とし、大毎が東京オリオンズとなって以降も1992年まで引き続き使用していた。2012年以降は通称が「横浜」から「DeNA」に変更される。略称については「D」では中日ドラゴンズのアルファベット略称と紛らわしくなるため、従来通り「横」を使用することが承認されたが、NPBの公式サイトでは「横」でなく「ディ」或いは「」との表記も使用されている。また、共同通信社日刊スポーツでは「D」と表記している(中日は「中」)。テレビ中継ではNHKが「D」、地元tvkが「横」、CSで全試合中継するTBSが「De」、阪神の公式映像のTigers-aiが「デ」、J SPORTSの自社制作では「DB」などと混在している。

1993年シーズンに「ベイスターズ」へ改称した時点でアルファベットの略称が「B」で始まる球団が既にオリックス・ブルーウェーブ(略称・BW)と近鉄バファローズ(略称・Bu)の2球団存在していたため「Yokohama BayStars」の「YB」を略称としていた。なお2012年シーズンより「Yokohama DeNA BayStars」を略した「DB」へ変更された。オリックスと近鉄は2005年シーズンより合併しオリックス・バファローズ(略称・Bs)となっているため、アルファベットの略称が「B」で始まる球団の重複状態は現在も続いている。

マスコット[編集]

球団マスコットは、「DB.スターマン」。チームの象徴である星(スター)と“ハマ(横浜)”と“スター”にちなんだハムスターがモチーフ。ずんぐりむっくり[3]としたユニホーム姿のゆるキャラ。元は1993年からマスコットとして活躍してきた前任者のホッシーファミリーに飼われていたペット。2012年3月18日のオープン戦・対ソフトバンクでファンにお披露目された。

また、「DeNAの勝利のために、そしてスタジアムの治安を保つために、あらゆる敵と戦う」ため、球場内のスタンドや横浜公園などでファンサービスやスタジアム観戦マナーの啓蒙(けいもう)活動を独自に行っていたヒーロー「DB.ライダー」。球団は、これらの活動に敬意を払い、球団のシンボルマークのついた新コスチュームを贈ったうえで、球団キャラクターとして公認。2012年の本拠地最終戦である9月28日の対巨人戦でファンにお披露目された。

翌2013年には親会社の交代後初の女性マスコット「DB.キララ」が登場した。

DB.スターマン(通称・スターマン)
年齢不詳。横浜市生まれ。ハムスター(モンスター)族で、性別は♂(オス)。チャームポイントは☆形の顔、肉球も☆形。性格は食いしん坊でおちゃめ。趣味はボール集めと「食っちゃ寝」。好きなものは丸いもの・美味しいもの・モバゲー。身長はボール5個分、体重はボール10個分(理想は5個分)。横浜スタジアム在住。背番号は「☆(1スター)」。
名前の「DB.」は「DeNA BayStars」のイニシャルであると同時に「大好き・ぼくらの(Daisuki・Bokurano)」の意味も込められている。ベルトには後述の「Bibon」が付いている。
DB.ライダー
性別:男、年齢:非公開、血液型:非公開、身長・体重:非公開、出身地:非公開、活動場所:横浜スタジアム内、およびその周辺
「球場の守り神」として横浜スタジアムの内外で活動していたキャラクター。8月から球場内のスタンドやコンコースなどに出没し、ファンが快適に試合を観戦できるよう自主的にパトロールを実施し、観戦マナーの啓蒙活動を続けた。この事に敬意を払い、DeNAは球団のシンボルマークのついた新コスチュームを贈ったうえで、球団キャラクターとして公認した。
DB.キララ(通称・キララ)
年齢不詳。横浜市生まれ。性別は女の子。チャームポイントは大きなリボン。性格は明るくて元気いっぱい。趣味はキラキラしたもの集め。好きなものはキラキラしたもの・ポップコーン。身長はポンポン5個分、体重はポンポン10個分。背番号はなし。
「横浜DeNAベイスターズの応援に横浜スタジアムへ通い、グラウンドやステージでキラキラ輝くdianaにいつも憧れていました。いつしか憧れは目標に変わり、夢を叶えるために、自分もキラキラ輝くために!ダンスを一生懸命練習しました。そして2013年、見事横浜DeNAベイスターズを応援する仲間として加わることになった」設定。スターマンから想いを寄せられているが、当の本人は全く興味が無い。

過去[編集]

ホエールズ時代
  • クジラに乗った少年 - 川崎を本拠地にしていた時のペットマーク。グッズの他、ジャンパーやユニフォームの袖にワッペンが縫い付けられていた。
  • マリン君(1978 - 1992) - 横浜に本拠地を移転した時に、ペットマークとして登場。以来、1992年までペットマークとして使用。
ベイスターズ時代
  • ホッシーファミリー(1993 - 2011) - 球団名を「横浜ベイスターズ」と一新した事に伴い誕生。以降約20年にわたり、ベイスターズのマスコットとして活躍してきたが、2012年「横浜DeNAベイスターズ」の誕生に伴いホッシーファミリーが故郷の星に帰ることになり、ペットとして飼われていたスターマンに後を託しお役御免となった。2012年3月18日のオープン戦・対ソフトバンクでホッシーファミリーの「卒業セレモニー」が行われた。
    • ホッシー (hosshey) - 三兄弟の長兄でリーダー的存在。ペットマークを含め球団のシンボルとして数多くの場所で採用されている。
      • 優しげな口調で喋る良い子キャラ。
    • ホッシーナ (hossiena) - ホッシーの妹で三兄弟の真ん中。
      • 明るい口調で喋る元気な女の子。
    • ホッシーゾ (hossiezo) - ホッシーの弟で三兄弟の末っ子。
      • 語尾に「YO!!」(あるいは本人の名前に引っ掛けて「ZO!!」)を付けた言葉を多様するヒップホップ系キャラ。
  • ブラックホッシー - 黒いユニフォームの背中に「マスコット命」、サングラスの下に充血した目という謎のキャラクター。TBSの野球番組『好プレー珍プレー』の番組内企画で生まれたジョークマスコット。中の人(スーツアクター)は以前に阪神タイガースマスコットの「トラッキー」のアクターとして派手なパフォーマンスが人気を集めており、「流星ジャンプ」に代表されるハチャメチャなアクションで絶大な人気を得た。球団としてもグッズ製作に乗り出そうとした矢先の2004年オフ、「中の人」が楽天の「非公認」マスコットMr.カラスコの「中の人」として引き抜かれたことで消えた。この時「ブラックホッシー獲られちゃったよ…」と肩を落とした横浜の峰岸球団社長だけでなく、佐伯貴弘(トラッキー時代から交流があり、解任直後の中の人に横浜入りを勧めたとも言われている)や三浦大輔、若林オーナーまでもが失意のコメントを残している。その後、横浜スタジアムで開催された2008年のオールスター第2戦、公式戦では2010年3月30日の本拠地開幕戦(対巨人)、4月18日の対阪神戦や6月12日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)で復活を果たしている。また横浜スタジアム開門直後に流れる球場マナーについてのお願いのVTRにはマナーの悪いファンとして出演している。
  • ニューホッシー - 正式名称は「2001年ニューホッシー」。文字どおり2001年シーズンに登場。視線が常に本人から見て左側を向いているが、これは球団公式イラストのホッシーとデザインを合わせたため。以前からのホッシーと比較して、顔が着ぐるみでない(同時に登場した湘南シーレックスのマスコット・レックの人形と同じ材質)うえに大きさも小さいため、体型がシャープで、既存ホッシーに比べると多少アクロバティックな動きもこなせる。2001年から2004年頃にかけて度々登場していたが、既存ホッシーほどの支持を得られなかったため、数年で姿を消すことになった。背番号2001。

球団のマスコットではないが、TBSが親会社の頃は、横浜スタジアムと交流戦のビジター球場ではTBSのマスコットである「BooBo(ブーブ)」とTBSラジオエキサイトベースボール』のマスコットである「エキベ〜」が登場した。

応援スタイル[編集]

トランペット・ドラム(太鼓)・選手別応援歌・ユニフォーム着用などは他球団の多くと同様だが、トランペットなどの楽器は応援には珍しい二重奏を用いている。 応援メガホンの使用は他球団のファンと比較し非常に少なく、手拍子と声よる応援が中心となっている。 また、一部ファンにおいてゲートフラッグの掲揚が行われている。

また、2012年の親会社交代に伴い、新たな応援スタイル2種が球団側より提示された。一つは『Bibon(ビボン)』でタオルに代わり使用されるもので、専用の振りがある。イベント時に随時配布される他、選手・監督名の入ったものも販売されている。もう1つは5回裏終了時やチームの勝利時「シャボン玉」を飛ばすことである。これは横浜スタジアムにおいて、当時ジェット風船の使用が禁止されていたため(理由は下記注を参照)、代替として編み出されたものである。球場でシャボン液とストローのセットが販売されている。

以下は現時点(2013年 - )のもの

  • 横浜主催ゲームの多く(主として本拠地・横浜スタジアム)では、試合前イベントの時間を確保する都合上、スターティングメンバー発表時の応援団による応援歌演奏[注 3]は、球場アナウンスの選手発表(選手名コール)に続けて、各選手個別に演奏している(選手名→応援歌→選手名→応援歌の繰り返し)。このスタイルは相手チームも同様に行う。
  • 得点時には「熱き星たちよ」が演奏される。ホームラン時、勝利時にはその前にファンファーレが演奏される。
  • 相手投手交代時には応援団主導のもと、タオルマフラー・フェイスタオルを広げながら布袋寅泰作成の「勇者の遺伝子」を歌う。
  • 代打登場時には1回だけ「代打のテーマ」が演奏される。応援歌前のファンファーレが存在する選手(筒香嘉智、かつて在籍したアレックス・ラミレス佐伯貴弘村田修一など)については、代打で登場した場合でもファンファーレが優先される。
  • 投手の打席では投手用応援歌が演奏されるが、三浦大輔の打席に限り専用の応援歌が演奏される。過去には斎藤隆野村弘樹パット・マホームズライアン・グリンなどに対しても専用の応援歌が演奏された。
  • 以前はプロの作詞家・作曲家により製作され、ポップス調やロック調の編曲で収録された選手別応援歌CDが発売されており、球場でのトランペット演奏でもこれらの応援歌を用いていた。しかし、2000年頃以降に新規製作された楽曲は、諸々の事情により、実際に球場で使用されることは少なくなった[注 4]ことから2003年を最後に制作されなくなった。2000年頃以降に応援歌が設定された選手では、応援団が新規に製作した楽曲や、過去に他の選手用として製作された応援歌を流用している。
  • 7回の攻撃時には、ホームでは「熱き星たちよ」の映像が流され、ビジターでは「WINNING」が応援団により演奏される。多くの球団で行われているジェット風船は2012年まで通常時は横浜スタジアムで使用禁止であったため、原則として長らく使用されることはなかった。
  • 2013年から「スタージェット」(球場外へ飛び出す可能性が低く、球場周辺の公園の環境面や、近くを走る電車への影響という安全面でも優れた風船)との専用の風船のみ使用可能となった。そして、同年より横浜ファンも風船の使用を開始し、7回表終了後に青色の風船、勝利時には水色の風船を飛ばしている。
    • ただしこの以前にも他球場において、例外的に横浜ファンが大々的にジェット風船飛ばしを行った事例がある。2006年5月27日のスカイマークスタジアムでのオリックス・バファローズ戦でスポンサーの神戸トヨペットが先着2万人に配った創立50周年記念のジェット風船は、横浜ファンも飛ばしていた。2011年6月12日の札幌ドーム(当時同球場でジェット風船の使用は禁止されていたが、この試合のみ限定で解禁。後に2012年シーズンより全面使用解禁)での北海道日本ハムファイターズ戦において、横浜ファンも青色のジェット風船を飛ばした。
  • アウトコールは9回以降にリードしている場面に限り行われ、巨人戦に限り「闘魂込めて」の一節を演奏してからアウトコールを行う。
  • 2007年より試合時、1-9の前に「勝利の輝き ファンファーレ」が演奏されるようになった(初期はビジターのみ)。
  • 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・クリネックススタジアム宮城ではトランペットおよび笛の使用が禁止されているため、メロディー部の口喇叭を含め応援歌の歌唱をアカペラで行う。ヒットによる出塁や盗塁時に「いいぞ いいぞ ○○(人名)」を、四死球や野手選択など相手のミスによる出進塁時に「Let's Go Let's Go ○○(人名)」を通常の三三七拍子に変えてコールする。宮城球場以外でも、鳴り物応援を自粛する22時以降にはこの応援を行う。
  • ヒットでの出塁の際はファンファーレ(三三七拍子)の後に、ヒットを打った選手の名前をスリーコールする。
  • 2010年から2011年に在籍したターメル・スレッジには、交流戦でのみ日本ハム時代の応援歌と横浜での応援歌を交互に演奏することがあった。
  • 2010年7月に、当時在籍していた内川聖一の応援歌(過去1993年に高木豊の応援歌として製作し使用されたもの)をサビに使用した楽曲「頑張って いつだって 信じてる」が、同年5月にデビューしたアイドルグループ・東京女子流によりリリースされた。同曲は、内川本人の出囃子として、実際に球場で使用されたことがあった。

私設応援団[編集]

DeNA球団ではNPB特別応援許可を受けた以下の団体が応援を指揮する。

  1. 横浜ベイスターズを愛する会
  2. 全国星覇会
  3. 湘南海坊主 (SHONAN SEABOSE)
  4. 横浜ベイスターズ下関ファン集いの会

戦いぶり[編集]

  • 1998年の日本シリーズで横浜スタジアムでの胴上げ(1960年の日本シリーズは毎日大映オリオンズの本拠地・後楽園球場)を果たしているが、リーグ優勝はいずれもビジターでの達成(1960年・1998年ともに阪神甲子園球場)である。
  • 現存するセ・リーグ6球団の中では唯一のシーズン勝率6割未到達球団。最高勝率は日本一を達成した1998年の.585。
  • 日本シリーズ出場は2回しかないが、その2回とも日本一を達成(日本シリーズ出場球団のうち、シリーズ敗退がないのはDeNAと東北楽天ゴールデンイーグルスの2球団)。また、試合勝率.800は出場全球団のうち最高。
  • 現存するセ・リーグ5球団全てに対して通算対戦成績が負け越している。
  • 現存するセ・リーグ6球団の中ではAクラス入り回数が最も少ない(2011年終了時点で15回)。
  • 3シーズン連続90敗を唯一記録している球団であり(2008年 - 2010年)、この球団では他に2シーズン連続90敗を記録している(1954年 - 1955年)。2シーズン連続90敗は過去にトンボユニオンズ・高橋ユニオンズ近鉄パールス・近鉄バファローが記録しているが、現存する12球団では唯一の記録である。3シーズン連続90敗はこれまで延べ5チームが喫した2シーズン連続を上回るプロ野球ワースト新記録。また、この球団のシーズン90敗以上は通算6回目。
  • シーズン最下位22回は、消滅した球団も含めて日本プロ野球の全ての球団では最多である。
  • 2008年~2012年まで5年連続で勝率.399以下を記録し、これは1957年~1961年の近鉄パールス以来50年ぶりの記録である。
  • 2007年シーズンから導入された「クライマックスシリーズ」に、2013年現在12球団で唯一、一度も出場経験がない。

営業・ファンサービス[編集]

  • レフト側外野指定席の一部を対戦カード別年間指定席として発売している。2007年は三塁側内野指定席の一部についても「ビジターシート」として対戦カード別年間指定席が発売された。
  • 2005年から、エグゼクディブ・アドバイザーの石橋貴明とんねるず)の意向で、横浜スタジアムの可動席前(一・三塁付近)にあったネットが撤去された。選手とファンとの距離感が縮まり、試合前や勝利時には選手とのコミュニケーションが取れるようになっている。この付近の席に人気が集中したため、2006年からFA席・FB席新設という形で事実上のチケット値上げが行われた。
  • 試合前や試合中に行われるイベントの種類と回数がかなり多く、攻守交代時のうち半分程度は何かイベントが行われている。
  • 2012年から読売ジャイアンツ東京ヤクルトスワローズとの合同で『GSDBプロジェクト』を立ち上げ、ファンクラブ会員限定イベントの実施の他該当試合の前売りチケット優先販売や球場DJ・チアチーム・マスコットキャラクターの相互訪問やファンクラブ会員ポイントの付与を行っている。
    以下は2007年時点のもの
    • スピードガンコンテスト(試合ごとに異なる募集形式で選ばれた10名がマウンドから投げる、ホーム最終戦はマスコミ記者対抗戦が行われるのが恒例。読売新聞グループ各社(読売新聞・日本テレビ・スポーツ報知)の記者には必ずブーイングが飛ぶ)
    • スタプリタイム(オーロラビジョンを使用した写真撮影、試合前と試合中に数回ずつ)
    • ベイスターズバズーカ(客席に子供向けのシャツやカラーボールを発射、試合中に3 - 4回程度)
    • ハマスタダンスコンテスト(5回裏終了後。オーロラビジョンを使用したダンスコンテスト、一番多く映った人に賞品が送られる。賞品は2006年がグローブ、2007年がデサント提供の年間指定席ペア招待券)
    • 帽子の投げ入れ(2007年、勝利した場合のみ)
    • 第二ヒーローインタビュー(試合勝利後に正面レストラン外に設置されたテラスから、影のヒーローなどを中心にインタビューが行われる。球場の外からテラスを見上げる形になり、当日試合を見られなかった人も勝利の余韻に浸ることが出来る。ただし天候状態不良、ナイターの試合終了時間が遅い場合は、行わない場合がある。)
    • 横浜スタジアムでは交流戦と相手チームのマスコットが来場している時、そして(本球場での)同一カードシーズン最終戦に限り、7回にビジターの応援歌が流れる。

株主構成[編集]

2013年3月31日現在
  1. 株式会社ディー・エヌ・エー 87万株(97.69%)
  2. 株式会社ニッポン放送 40万株 (30.77%)
  3. 株式会社東京放送ホールディングス 3万株(2.31%)

マルハからTBSへの筆頭株主交代[編集]

2001年11月16日、経営が悪化していた当時の親会社・マルハが球団株の第2位の株主だったニッポン放送への球団株譲渡(身売り)を発表し、NPBも一旦はこれを認めた。ところが10日以上も経ったところで読売ジャイアンツ渡邉恒雄オーナーが「ニッポン放送の持分法適用関連会社であるフジテレビヤクルトスワローズの球団株を所有しており、横浜球団のニッポン放送への売却は野球協約に抵触する」と異議を申し立て、これをきっかけにニッポン放送への球団株売却は頓挫。最終的に第3位株主のTBS(東京放送)に譲渡された。この際、TBSがもともとベイスターズの株主企業のひとつだったことから「筆頭株主の交代」という判断が下された。この判断により野球協約に規定されている新規加盟料30億円の支払いは不要とされた。

それまでの球団の身売りは球団名からユニホームまで一新されるケースばかりだったが、マルハ→TBSのケースは球団名もユニホームもそのまま残された。唯一変わったところは、ユニホームの袖についたTBSのロゴマークが入ったワッペンだけである。横浜ファンでもあるコラムニスト綱島理友は「ファンを悲しませない最もスマートなやり方。球団の身売りはこうあるべきだ」と高く評価している。

2005年10月、楽天がTBSの株式を大量購入して筆頭株主となった。しかし、楽天がすでに東北楽天ゴールデンイーグルスを運営していることから野球協約違反になる可能性が再浮上した。11月に楽天側は経営統合を撤回、資本・業務提携となったが、TBSが認定放送持株会社東京放送ホールディングス(TBSHD)に移行した事から楽天は買収を断念して反対株主の株式買取請求権を使い、TBSHDに保有全株式の買取請求を行ったことで問題は収束した。

TBS時代の放映権[編集]

放映権 (日本プロ野球) も参照

東京放送ホールディングスが筆頭株主(事実上のオーナーと目される)であった時代も、傘下(子会社)の放送局であるTBSテレビTBSラジオ&コミュニケーションズでは、週末午後に行っていた対巨人戦以外の中継は、大洋漁業~マルハ保有時代よりも減少し、散発的に行われた程度だった。巨人戦以外は視聴率聴取率が取れないことにも起因していた。テレビ中継は通常テレビ神奈川が単独で放送し、同局で放送しないデーゲーム分のみ、自社かテレビ東京系列(対中日戦はテレビ愛知、対阪神戦はテレビ大阪)の中継で補っていた。フジテレビもニッポン放送との資本関係上放映権は保有しているが、2006年以降自社での放送から撤退し、対戦相手の地元系列局(対阪神戦は関西テレビ、対ソフトバンク戦はテレビ西日本)制作中継のために使っていた。

CS放送については、2002年にマルハからTBSグループに譲渡されてからも、しばらくは巨人戦のTBS系中継実施時のみTBSニュースバードで放送するも、当時フジテレビ系のCSであったJ SPORTS(のちにスポーツ・アイESPNとの合併の際、TBSも資本参加)で中継していたが、2008年以後TBSニュースバードに放送チャンネルが移行している。尚、2014年シーズンよりTBSチャンネル2に移行された。。

ラジオ中継はTBSラジオが基幹局を務めるJRN系、ニッポン放送が基幹局を務めるNRN系で裏送りも含めて中継していた。主に対巨人戦が雨天中止になった時の予備カードや、対巨人戦がないときに放送された。親会社でなくなった2012年以降もベイスターズの株を保有しており、テレビもしくはラジオの放送を従前通り継続している。

その他[編集]

  • 球団関連会社からファンマガジン『月刊ベイスターズ』を発売(毎月25日)していた。2010年12月号を持って休刊。
  • TBS時代まで横浜スタジアム側から、選手強化費用として毎年3億円を球団に還元していた。
  • 株式会社煙草屋安兵衛が展開する食料品店チェーン「ベイスターズマート(旧名:ホエールズマート)」が神奈川県内に40店ほど存在する。

ユニフォームの変遷[編集]

一軍[編集]

下関時代[編集]

  • 1950年 - 1951年 白は「WHALES」。グレーは「Whales」と「WHALES」を併用。白とグレーの「WHALES」は球団ロゴが左胸についたサンフランシスコ・シールズ型。
  • 1951年 ロゴが筆記体の「W」に変更される。同時にビジター用の定番となる「TAIYO」の印が初登場。
  • 1952年 胸に「TAIYO WHALES」と書かれたビジター用が登場。この年監督に就任した小西得郎が当時のピッツバーグ・パイレーツのビジター用ユニフォームを参考にしたものである。このフルレターユニフォームはシーズンオフに松竹ロビンスと合併したため1年間しか使われなかったが、1959年に1年間だけ復活している。

大阪時代[編集]

  • 1953年 松竹ロビンスと合併し、球団名が大洋松竹ロビンスに変更。帽子は黒地にTとSの組み合わせ(Tが銀糸、Sが金糸)。黒いロゴと赤いロゴはホーム用で春・秋用。ノースリーブで赤いロゴのユニフォームは夏用であった。ビジター用は「Taiyo Shochiku Robins」の頭文字を取って筆記体で「TSR」。
  • 1954年 球団名が洋松ロビンスに変更。ホーム用とビジター用は同じデザイン。

川崎時代[編集]

  • 1955年 松竹が球団経営から撤退し、球団名が大洋ホエールズに戻る。同時にロゴの中に線が入ったユニフォームが登場。左袖に「KANAGAWA」の印が入る。
    • 左袖のマークはK・N・G・Wの4文字がAを取り囲む形となっている。この年に新しい本拠地に定めた神奈川(かながわ)の4文字がいずれも「あ」を母音とする点に着目したもので、神奈川に対する思いを表現したものとなっている。
  • 1955年 - 1958年 ブルックリン・ドジャース(現・ロサンゼルス・ドジャース)を参考にしたユニフォームに変更。左袖のワッペンは最初は「KANAGAWA」だったが、1957年から親会社・大洋漁業の社章「まるはマーク」に変更。
  • 1959年 - 1962年 クリーム地に橙色の「Whales」ロゴ。1959年のみ帽子マークは「T」と「W」を重ね合わせたものを使用し、ビジター用は「TAIYOWHALES」とチーム名を全て表記したものを使用。翌1960年から帽子マークは「T」となり、ビジター用は再び「TAIYO」表記に。この1960年から白地となり、胸番号が入る。1961年には左袖にチャンピオンマークが入る。
  • 1963年 1年間だけ白地に赤の「Whales」ロゴ(黒い縁取り入り)。ビジター用の「TAIYO」のロゴが太くなり、線がオレンジ色から赤に変更される。
  • 1964年 - 1972年 白地に黒の「Whales」ロゴ(赤い縁どり入り、レターが逆転)。1968年に帽子の印が筆記体の「W」となる。この「W」の書体は、当時のワシントン・セネタースの帽子と同じ[4]。背中に名前が入るのもこのユニフォームからである。ホーム用は「KAWASAKI」と本拠地の川崎市を意味する英文字が、ビジター用は選手の名前を英文字でそれぞれ使われた。その後、ホーム用は選手名のものと併用される。
  • 1973年 白地でオレンジ色のロゴが1シーズンだけ復活。背番号の上の「KAWASAKI」(ビジター用のみ。ホーム用は選手名)もこれが最後。
    • 帽子の色は黒にオレンジ色のW。アンダーシャツ・ストッキング・スパイクシューズの色は黒。(スパイクシューズはラインなし)ユニフォームはホーム用の地色が白でビジター用がライトグレー。ホーム用の筆記体のWhalesロゴとビジター用のTAIYOロゴ、胸背番号、背番号の上のネームがオレンジを黒で囲んだものとなり襟袖ズボンラインもオレンジを黒で囲んだものとなる。帽子のWマークはそれまでの筆記体から斜体がかったデザインに変更。左袖に○はマーク。
  • 1974年 - 1977年 基本色が湘南電車カラーと呼ばれたものになる(経緯については後述)。
    • 帽子はグリーン地にツバ・天ボタン・空気穴がオレンジ。マークはオレンジに白で囲われた「W」。
    • ホーム用は、白地でないものを採用。オレンジ色地に緑の「Whales」ロゴ(白い縁取り入り)が入ったユニフォームを使用。
    • ビジター用は緑地に橙色「TAIYO」ロゴ(白い縁取り入り)となっている。
    • パンツはホーム用・ビジター用ともベルトレス。
      • 1977年後半から、袖の「丸に『は』(まるは)」マークが「鯨に乗った少年」のイラストに変更。また、ビジター用の胸マーク、背番号、背ネームの白縁取りがなくなり、背番号が若干小さくなる。

横浜時代[編集]

大洋時代[編集]
  • 1978年 - 1992年 本拠地が川崎から横浜へ移転し、球団名が横浜大洋ホエールズに変更され、チームカラーが紺一色になる。帽子は紺色でマークは白で「W」。
    • ホーム用は、白地にマリンブルー(紺色)のライン。胸に本拠地名のロゴ「YOKOHAMA」(紺色)、左袖に「TAIYO」(同)。
    • ビジター用は、上着が紺色に白(ホーム用と逆)で「TAIYO」、左袖に「WHALES」。「TAIYO」、「WHALES」のロゴはこれが最後。パンツはグレー。
    • スパイクは、ローリングス(日本での発売元はアシックス)を使用し、当時の12球団では唯一の採用であった。
    • 1980年、ヘルメットの横に自分が打ったホームランの数だけ星印のシール(通称:ホームランスター)を貼る制度を導入。
横浜ベイスターズ時代[編集]
  • 1993年 - 2008年 球団名が横浜ベイスターズに変更され、ユニフォームも一新。チームカラーのマリンブルーと呼ばれる青を基調とし、スパイクも青地に白線となる。ユニホームは第3ボタンまで脱着可能(後は飾りボタン)のプルオーバータイプとなる。背番号、胸番号、選手名は日本球界で初めてカッパー・プレート・ゴシックと呼ばれる製版業で使われる書体を採用。途中若干のマイナーチェンジはあったが、球団史上最長の16シーズン採用されたデザインとなった。帽子は、青地に白の「β」、後ろに☆が3つ。
    • ホーム用は白地に青のピンストライプ。青地に白の縁取りの「BayStars」のロゴ。胸番号、背番号は黒、選手名は青となる。
    • ビジター用は上着が青、パンツが白で、袖とパンツに2本線(上着は白、パンツは青)が入る。胸ゴロは白ので「YOKOHAMA」の文字とβの印、選手名、背番号、胸番号は白。
      • 1996年 - 大矢明彦監督就任と同時に、帽子のマークの☆の数が3つから1つに変更(デザインは、☆の中にβが入る。色は白)。
      • 2001年 - スパイクの色が白地に青線になる。
      • 2003年 - パンツの2本線が細くなる。
      • 2004年 - 袖の2本線が細くなる。
      • 2006年 - ビジター用の左胸のβの後ろにある星のマークが消え、「YOKOHAMA β」のみとなる。ホーム用の白地が明るくなり、ピンストライプ部分が刺繍からプリントになる。
  • 2009年 - 2011年 横浜開港150周年に合わせてホーム・ビジターとも一新。胸元にyokohamaの頭文字にちなみ「Yネック」を採用。プロ野球では2001年のオリックス・ブルーウェーブ以来となる前開きでないプルオーバータイプを採用する。胸番号・背番号がゴシック体のような書体になる。アンダーシャツ、ベルト、スパイクの色が紺。帽子のマークから☆マークが消え、「β」のみになる。
    • ホーム用はピンストライプがなくなり、左胸に「β」の印、右腹部に背番号。両肩に銀色の星マークが入る。「BAYSTARS」の大文字ロゴがパンツの左側線に入る。背ネームは幅狭。
    • ビジター用はグレー地、白のピンストライプ、前面に筆記体の「Yokohama」の文字、左腹部に背番号。ビジター用のみ帽子のツバの色が青色。背ネームはホームに比べて幅広。
      • 2010年 主催ゲームの初戦に限り、ホーム用の両肩の星マークの色を「金星をつかむ」という意味を込めて金色に変更。但し、実際には初戦以外でも使われ、事実上「金星タイプ」がデフォルトとなった。
      • 2011年 主将の村田修一のユニフォームに「C」と「」を組み合わせたキャプテンマークをつけた。ホーム用は右袖、ビジター用は左胸に装着。
DeNA時代[編集]
  • 2012年 - 球団名が横浜DeNAベイスターズに変更され、新しい球団としてスタートした事に伴い、ユニフォームのデザインを一新。新しいユニフォームのデザインコンセプトは、チームロゴ、プライマリーマークと同様に、「継承と革新」。「ワクワク感」「強さ・かっこ良さ」等、ファンが球団に期待する要素をイメージしてデザイン。帽子のマークがホーム用とビジター用で違うなど、斬新なアイデアが盛り込まれた。
    • ホーム用は「継承と革新」をコンセプトに1993年~2008年まで使われたデザインを踏襲、4季ぶりに縦じまが採用され、1998年に日本一に輝いた当時のユニホームを彷彿とさせるデザインとなった。白を基調にライトブルーの縦線で、上下縦じまを採用。胸には新球団のロゴを据えられたほか、脇下には濃紺、袖口・首回りにはライトブルーのラインがそえられた。帽子は濃紺を地色にチームのシンボルマークの「B」。
    • ビジター用の上は濃紺がベースとした単一カラーで袖口や首回り、ラケットラインには薄い青。ズボンは白と濃紺の二種類を用意、上下とも濃紺のユニホームを着用することもある。背番号・胸番号と胸の「BAYSTARS」の文字は「横浜の海」をイメージし、白と水色のグラデーションがかかったデザインとなった。帽子には濃紺を地色にチームの象徴でもある「星」をあしらった。
      • 主将に任命された石川雄洋のユニフォーム左胸上部には、キャプテンマークの「C(ホーム用は白縁に赤、ビジター用は黒縁に金色)」の文字が入る。
      • 7月3〜5日の対巨人戦では、本拠地の横浜スタジアムでビジター用ユニフォームを着用するイベントを開催。ただし、ソックスはイベント用に作られたもの(紺色地にブルーの二本線)を使用。
  • 2013年 - 現在使用しているホーム用・ビジター用ユニフォームに加えて、新たに『第3のユニフォーム(サードユニフォーム)』が登場。3月29日の中日戦から年間を通して週末のビジターゲームを中心に着用する。(月曜日の試合も着用)
    • デザインは1993年~2008年まで使用していたビジターユニフォームを彷彿とさせる「ベイスターズブルー」をメインカラーに採用、首回りと袖口に水色が据えられた。左袖にチームロゴ、胸に「YOKOHAMA :DeNA」のロゴ、:DeNAの文字の下に胸番号。ロゴ・胸番号・背番号・背ネームは、白字でネイビーと水色で縁取り。ズボンは白で、水色の線が入る。帽子は青地に白字で「:De」(ネイビーと水色で縁取り)。
    • なお、現在使用しているユニフォームの背ネームに関して、井納翔一(『INOH』)や大原慎司(『S.OHHARA』)のようにヘボン式ローマ字表記とは別に、大田阿斗里(『ŌTA』)のように訓令式ローマ字(かつて、阪急ブレーブスが採用した)表記が混在する。
  • 2013年8月2日~4日の対中日3連戦では、選手プロデュースによるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2013』の一環として、選手プロデュースの『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』スペシャルユニフォームを着用。
    • スペシャルユニホームのデザインは、「横浜の街もチームも星のように輝いて」という選手の思いから星空をイメージしたもので青を基調に空に輝く星空をイメージして肩や胸、背中などにかけて白い星がちりばめられたデザイン。胸には「YOKOHAMA」の文字が入る。帽子はサードユニフォームと同じもので、青地に白字で「:De」(ネイビーと水色で縁取り)。
  • 2014年 - 前年使用したサードユニフォームの勝率が.575のハイアベレージを記録し、2014年はより多くの試合で日本一当時のブルーを継承して試合に臨み、更なる躍進を目指して、ビジターユニフォームとして導入。デザインは、胸ロゴが「:DeNA」に変更になり右袖に「YOKOHAMA」で、それ以外は前年のサードユニフォームと同じ。

二軍[編集]

  • 2000年 - 2010年 二軍の独立採算化と一軍との差別化を目的に、二軍の球団名を「湘南シーレックス」に変更し、ユニフォームも独自のものを使用。帽子は紺色を地色に白の「S」マーク、ツバはエメラルドグリーン。
    • ホーム用:シャツは白地にエメラルドグリーンの首元から胸にかけてのラケットラインと袖口のラインが入り、胸にエメラルドグリーンで筆記体の「Searex」ロゴ、胸番号・背ネーム・背番号は黒、パンツは白地に横に青緑色のライン、アンダーシャツは青緑色。
    • ビジター用:シャツはエメラルドグリーン(ラインなし)、胸に白で筆記体の「Shonan」ロゴ、胸番号・背ネーム・背番号は白、パンツは白地に横にエメラルドグリーンのライン、アンダーシャツは青。
  • 日本のプロ野球球団のユニフォームの多くは、背番号・背ネーム部分をユニフォームの生地に直付け(刺繍もしくはプリント)しているが、湘南のユニフォームの背ネーム部分は、アーチ状の生地にネームをプリントしたものをユニフォームの生地に縫い付けている。これは「シーレックスに定着されては困る」という励ましの意味で、2012年現在、日本のプロ野球球団に於いては唯一のケースである。

交流戦限定ユニフォーム[編集]

  • 2005年 - 2006年 ホーム用はピンストライプがなくなって左胸には「β」の印、右袖に背番号。左袖にTBSのロゴのワッペン。ビジター用は灰色の下地に前面に筆記体で「Yokohama」の文字、ホーム用と同じく右袖にも背番号。
  • 2007年 - 2008年 ホーム用のみとなり、チームカラーの青を一切使わない紺基本のユニフォーム。左胸には「β」の印、右胸に背番号が紺に金の縁取り。両脇には横浜赤レンガ倉庫をイメージした臙脂色が用いられる[注 5]
  • 2009年以降は登場していない。

夏季限定ユニフォーム[編集]

2004年から毎年原則で、夏季限定ユニフォームを採用しており、いずれも8月の主催ゲームで行われるのみである。

  • 2004年 - 2005年は白の下地の前面に「BayStars」のロゴが入り、脇下が青で当時の西武ライオンズのデザインとよく似ていた。両年とも期間終了後に選手のサインをいれてファンにプレゼントされる。背番号の氏名ローマ字は記載されていない。
  • 2006年 - 2007年は白地の前面にブロック体で「BAYSTARS」の刺繍、その左上の方に背番号、左肩に「yokohama」、背中には背番号のみで首周りは青色で肩付近にかけてマリンブルーにし、帽子はマリンブルー地に「B」のみ。「ベータ・キャップ」と称される。
  • 2010年は3年ぶりに夏季限定ユニフォームが登場した(2011年も同デザイン)。デザインは通常ホーム用をベースに、ラグランスリーブ部はグラデーション入りの青として背番号にも金の縁取りが入る。キャップは通常ビジター用をベースに、マーク部が金文字となる。

交流戦・夏季限定ともに、2年ごとにデザインが変更されている。

復刻ユニフォーム[編集]

  • 2010年8月にセ・リーグに於ける球団の主催で行われた「オールド・ユニフォーム・シリーズ」では横浜大洋時代のホーム用ユニフォームを使用した。
  • 2012年8 - 9月にセ・リーグに於ける球団の主催で行われた「レジェンド・ユニフォーム・シリーズ」では横浜ベイスターズ時代の1993年 - 2008年まで使用され、1998年の優勝・日本一時のビジター用ユニフォームを使用した。

この他、2006年のファン感謝デーには、大洋・横浜大洋時代の復刻ユニフォームを着用してアトラクションをこなしている。

ユニフォームのスポンサー[編集]

いずれもホーム用。太字斜線は現在掲出中のスポンサー。

左胸[編集]

袖部分[編集]

ズボン[編集]

ヘルメット[編集]

球団旗の変遷[編集]

一軍[編集]

  • 1950年 - 1953年:白地に赤文字で大洋漁業の社章(通称・まるはマーク)。
  • 1954年:球団名が洋松ロビンスに変更され、紫地に赤字で大洋漁業のまるはマークと松竹の社章を合体。
    • 上半分がまるはマーク、下半分が松竹の社章
  • 1955年 - 1963年:球団名が大洋ホエールズに戻り、合併前のデザインに大洋の社名が入る。「大(は)洋」
  • 1964年 - 1977年:漢字を「TAIYOWHALES」とアルファベットに変更。「TAIYO(は)WHALES」
    • 初期にはKAWASAKI(川崎)という文字が入るバージョンも存在した。「KAWA(は)SAKI」
  • 1978年 - 1992年:紺色地に白文字で「W」。その下に同じく白文字で小さく「YOKOHAMA TAIYO」
  • 1993年 - 2011年:中央に「YOKOHAMA BayStars」ロゴ、その下に小さく「REACH FOR THE STARS」(慣用句で“トップを目指せ”)。ホーム用は白地に青文字、ビジター用は青地に白文字。文字の後ろには☆のグラデーション。
  • 2012年 - :上下に青・青緑色のツートンカラーのライン、白地に青の横ストライプ、青いリボンが巻き付いた星形(☆の中央に「BAYSTARS」、巻きついたリボンの上に「DeNA」、下に「YOKOHAMA」)のプライマリーマークを使用。

二軍[編集]

  • 2000年 - 2010年:湘南シーレックス時代のもの。白地に渦潮を模したグラデーション、中央に「SHONAN Searex」ロゴ、その下に一軍のものと同様に「REACH FOR THE STARS」のスローガンが入る。

歴代本拠地[編集]

※本来は松竹ロビンスの本拠地であった衣笠球場と大洋ホエールズの本拠地であった下関球場のダブルフランチャイズであったが、実質的には松竹ロビンスの準本拠地とされていた大阪スタヂアムの方が集客能力が高いと言う事で、使用頻度が多くなった。

歴代監督[編集]

2016年から。ラミレス ※太字は優勝達成監督

※1 ここから大洋松竹ロビンス
※2 ここから洋松ロビンス
※3 ここから大洋ホエールズ(第2次)
※4 1972年は8月30日まで指揮、残り試合は青田昇宮崎剛が代行
※5 ここから横浜大洋ホエールズ
※6 1981年は9月24日まで指揮、残り試合は山根俊英が代行
※7 ここから横浜ベイスターズ
※8 2002年は9月25日まで指揮、残り試合は黒江透修が代行
※9 2009年は5月17日まで指揮、残り試合は田代富雄が代行
※10 ここから横浜DeNAベイスターズ

歴代オーナー[編集]

永久欠番[編集]

球団の永久欠番は次の通り。

  • なし
    • マルハ経営時代の1997年より、100永久欠番として球団に対して貢献のある複数の著名人に与えていたが、2013年より、育成ドラフト1位の今井金太投手が着用する事になり、欠番ではなくなった。

顕彰[編集]

DeNAでは、日本プロ野球名球会の入会条件である通算2000本安打、通算200勝、通算250セーブを記録した選手に対し、球団より貢献者として顕彰される。各人物は、横浜スタジアムの外野フェンス右翼部分にレリーフを飾り顕彰している。2012年よりリボンビジョンを設置したため、右翼外野席最上段の手すりに移動した。現在の対象者は以下の通り。

主な歴代の球団歌・応援歌[編集]

  • 熱き星たちよ(球団歌)
    1993年、球団名が「横浜ベイスターズ」となったのを機に製作。メインボーカルは、横浜出身の歌手・高尾直樹
    本拠地横浜スタジアムの最寄駅である関内駅日本大通り駅では、JRは2011年6月2日から、横浜市営地下鉄は2012年4月3日から、みなとみらい線は2013年4月2日から、それぞれ発車メロディとして使用されている。
    DeNAベイスターズとなった2012年、歌詞のうち球団名部分が「横浜ベイスターズ」から「DeNAベイスターズ」に変更され、中畑清監督以下5選手(三浦大輔・A.ラミレス・森本稀哲・高崎健太郎・石川雄洋)がヴォーカルを担当した「熱き星たちよ・2012年ヴァージョン」を発表。曲調は以前のものとは大きく異なるものとなった。なお、ベイスターズの得点時・勝利時にも応援団によりトランペット演奏が行われるが、この際の歌詞は従来通り「横浜ベイスターズ」のままである。
    2014年の新バージョンでは、中畑監督、三浦、金城、久保、ブランコ、バルディリス、石川、黒羽根、三嶋の9名が参加。旧バージョンで、ラミレス選手がアドリブでコールしたセリフは、ブランコとバルディリスによるスペイン語のコールとして継承されている。
  • 勝利の輝き(応援歌)
  • 横浜ベイスターズ球団テーマ(公式テーマ。インスト曲)
    1998年の優勝を記念して製作。主に横浜主催ゲームでの、横浜のスタメン選手発表時にBGMとして使用されていたが、横浜DeNAとなってからは一軍戦のスタメン発表では使用されていない模様。なお、二軍戦のスタメン発表時には従来通り使用されている。
  • 勇者の遺伝子
    2013年3月に作詞森雪之丞、作曲布袋寅泰によってつくられた新応援歌。他の球団歌にはあまりない骨太なロックテイストな歌になっている。レコーディングには抽選で選ばれたベイスターズファン50人が参加した。

過去[編集]

大洋・横浜大洋時代
  • 行くぞ大洋(球団歌)(歌:三鷹淳とチャッピーズ)
  • 勝利花(応援歌)(歌:三鷹淳とチャッピーズ)
横浜時代
湘南シーレックス
  • 若き王者たち(公式ソング)
  • Searex Horizon(公式テーマ。インスト曲)

主なキャンプ地[編集]

歴代開幕投手[編集]

開幕投手の一覧
開幕投手名 勝敗 得点 対戦相手
1950 今西錬太郎 2-0 国鉄
1951 高野裕良 4-2 名古屋
1952 高野裕良 4-2 阪神
1953 江田貢一 1-1 名古屋
1954 権藤正利 9-2 阪神
1955 権藤正利 2-8 広島
1956 江田孝 2-11 中日
1957 大石正彦 0-4 広島
1958 大石正彦 6-7 阪神
1959 鈴木隆 1-3 中日
1960 幸田優 3-4 中日
1961 秋山登 8-7 広島
1962 島田源太郎 1-3 国鉄
1963 稲川誠 1-4 広島
1964 稲川誠 7-4 中日
1965 稲川誠 1-0 国鉄
1966 秋山登 6-3 巨人
1967 森中千香良 3-2 中日
1968 森中千香良 8-5 巨人
1969 平岡一郎 1-0 阪神
1970 平松政次 2-3 広島
1971 平松政次 1-2 ヤクルト
1972 山下律夫 3-6 広島
1973 平松政次 3-1 阪神
1974 平松政次 1-2 阪神
1975 平松政次 8-4 巨人
1976 平松政次 0-1 中日
1977 渡辺秀武 15-7 広島
1978 平松政次 3-1 中日
1979 平松政次 9-0 ヤクルト
1980 平松政次 4-3 巨人
1981 斉藤明雄 1-2 巨人
1982 斉藤明夫 3-2 阪神
1983 遠藤一彦 2-5 巨人
1984 遠藤一彦 3-9 ヤクルト
1985 遠藤一彦 12-6 巨人
1986 遠藤一彦 8-7 阪神
1987 遠藤一彦 5-1 広島
1988 欠端光則 2-1 中日
1989 斉藤明夫 4-3 中日
1990 中山裕章 5-5 中日
1991 中山裕章 4-3 阪神
1992 野村弘樹 4-6 中日
1993 有働克也 2-5 巨人
1994 有働克也 4-3 中日
1995 野村弘樹 0-4 広島
1996 盛田幸希 1-2 ヤクルト
1997 盛田幸希 2-3 中日
1998 川村丈夫 8-0 阪神
1999 三浦大輔 5-10 ヤクルト
2000 川村丈夫 7-6 阪神
2001 小宮山悟 4-6 ヤクルト
2002 三浦大輔 1-2 広島
2003 吉見祐治 4-2 阪神
2004 三浦大輔 1-3 ヤクルト
2005 三浦大輔 0-4 中日
2006 三浦大輔 2-12 巨人
2007 三浦大輔 2-3 巨人
2008 寺原隼人 2-4 阪神
2009 三浦大輔 1-4 中日
2010 ランドルフ 1-2 広島
2011 山本省吾 5-4 中日
2012 高崎健太郎 5-5 阪神
2013 藤井秀悟 4-3 中日
2014 三嶋一輝 1-9 ヤクルト

主なエピソード[編集]

荒川事件[編集]

詳細は 荒川事件 を参照

湘南電車カラーのユニフォーム[編集]

1974〜1977年のシーズンに使われたユニフォームの事。ホーム用は橙色、帽子とビジター用は緑色を使っていたため、湘南電車を髣髴とさせる配色から「湘南電車カラー(湘南カラー)」と言われた。

このユニフォームが採用される契機になったのは山下大輔の入団である。当時の大洋は静岡県草薙総合運動場硬式野球場でキャンプを行うなど、静岡県とのつながりがあった。そこに静岡県出身の山下がドラフト1位で入団したため、ヘッドコーチの秋山登が「(静岡名産の)ミカンとお茶を題材にしたユニフォームは出来ないものか」とオーナーの中部謙吉に提案したところ、中部も「食品会社としてイメージアップにつながる」と了承。その結果、橙色と緑を使ったユニフォームが完成した。具体的なデザインは、オークランド・アスレチックスの当時のユニフォームを参考にしている。

2001年と2005年の順位[編集]

2001年のみセ・リーグの順位決定方法が通常と異なっていた。勝率の順位と勝利数の順位が異なる場合は、勝利数を優先して順位を決定し、勝率1位のチームと勝ち数1位のチームが異なる場合はその両チームによるプレーオフでリーグ優勝チームを決めることにした。

その2001年、横浜は69勝67敗4分けで、広島は68勝65敗7分けでシーズンを終えた。勝率は横浜.507、広島.511。前年までの順位決定方式なら広島が上位になるところだが、上述の通りこの年は「勝利数順」で決めていたため、勝ち数で上回っている横浜が3位に入り、5年連続でAクラス入りした。

この順位決定方式は、シーズン途中では試合を早く消化したチームが上位になりやすいという結果となり、実態が分かりづらいなどの理由からわずか1年で「勝率順」に戻した。

2005年は順位決定方法が勝率順に戻っていたため、69勝(70敗7分け、勝率.496)の横浜が3位、71勝(73敗2分け、勝率.493)のヤクルトが4位となった。

沖縄で公式戦[編集]

横浜時代の2010年6月29日6月30日の2日間、同年全面改築が竣工した沖縄セルラースタジアム那覇で対東京ヤクルトスワローズ2連戦を主催開催した。大洋ホエールズ時代の1975年5月17日5月18日に改築前の県営奥武山野球場(当時)で対広島東洋カープ2連戦を主催開催したが、沖縄県ではこの試合以来35年ぶりのプロ野球公式戦となった。また、この2試合は沖縄県でのプロ野球一軍公式戦としては史上初のナイター(19時開始)となった。以降も同球場ではセ・リーグ公式戦が毎年2試合行われている。

アツいぜ!チケット[編集]

2012年5月1日から6日までの5戦で「全額返金!?アツいぜ!チケット」を1枚4000円・50席限定で販売した。このチケットは観客の満足度によって、試合内容が気に入らなければ勝ち・引き分けの場合は半額の2000円まで、負けた場合は全額の4000円を上限に返金するものであった。初日に敗れた時は全員が返金を要求。金額にして9割に及ぶ返金額となったが、勝った試合でも半数以上の人間が返金を求め、5試合での売上100万円のうち半数近い47万円が返金となった。この結果に中畑監督はショックを受け、「ひどい負け方をしたならともかく、最高のプレーをして『金返せ!』じゃ選手のモチベーションを下げるだけ」として二度とやらないように求めている。

更に、2012年度のレギュラーシーズン最終戦(10月8日広島戦)において、「新・熱いぜ!チケット」というものが企画・発売された。これは、内野SS席ペアチケット(通常2人分で1万1000円)に2000円分(1人1000円)の追加負担をすれば、2016年度までにクライマックス・セで横浜DeNAが主管権(2位以上)を確保して初進出した場合、その主管試合の内野指定席での観戦ができる権利を得るというものである。ただし、この期間中にクライマックス・セ進出ができなかったり、進出しても3位で主管権を得られなかった場合、および同大会が廃止となって権利失効となった場合は追加負担分は神奈川県のアマチュア野球の振興に役立てる。

キーワード[編集]

明大五人衆[編集]

1956年明治大学から秋山登土井淳岩岡保宏黒木弘重沖山光利の5名が入団。同一校の選手が同一球団へ同時に5名も入団するのは極めて珍しく、彼らは「明大五人衆」と呼ばれて注目を集めた。

横浜大洋銀行[編集]

1980年代、横浜大洋ホエールズに対し、本拠地の横浜を主な営業エリアとする横浜銀行や当時存在した太陽神戸銀行(現在の三井住友銀行)をもじった「横浜大洋銀行」という呼び名が付けられていた。これは当時長年にわたって低迷し、毎年のように他球団に勝利を配給し続けてきた様を、勝敗数や勝率を預金や融資になぞらえて揶揄したもので、この不名誉な呼び名はいつしか定着してしまった。他球団のファンが大洋や大洋ファンを嘲る際のみならず、大洋ファンも自嘲の念を込めて使い、特に連敗が込んだ時やテレビでの露出機会が多い巨人戦の対戦成績が著しく悪いシーズンにはマスメディアでも頻繁に使われた。

1993年から球団名が横浜ベイスターズに改称されてからは「横浜銀行」と呼ばれるケースが多いものの、実際には球団と同行の間には直接的な関係はなかったが、2014年8月に行われる『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2014 第1弾』に横浜銀行が初めて協賛することとなった。詳細は横浜銀行#その他を参照のこと。

2012年に「横浜DeNAベイスターズ」に名前が変わってからは監督の中畑清の名前から「中畑銀行」と呼ばれた事もある。

スーパーカートリオ[編集]

詳細は スーパーカートリオ を参照

クアトロK[編集]

詳細は クアトロK を参照

注釈[編集]

  1. 中部兼市は1947年8月-1950年11月まで次男の謙吉副社長とともに公職追放され、長男の謙吉が社長を務めていたが、実質は兼市が経営を掌握しており、プロ球団化も彼の意向によるものであった。
  2. 「広島東洋カープ」の「東洋」は球団の筆頭株主であるマツダの旧社名・東洋工業に由来する。
  3. 俗に1-9と呼ばれる、当日のスタメン選手の応援歌をメドレー形式で演奏するもので、スタメン発表時や試合勝利後に行われる。
  4. 2000年頃以降に製作された楽曲は、製作者(作曲・作詞・編曲など)や曲調などが従来までと異なり、球場での演奏に不適なものが多くなったため、応援団側がこれらの使用を拒んだことも要因にある。
  5. 当時使用された楽天の交流戦ユニフォーム(ホーム用)とよく似ている。

出典[編集]

  1. なお、37年間リーグ優勝ができなかったのは日本球界最長記録である。
  2. [1]NPB公式サイト
  3. ただ、あまりにもずんぐりした体型のおかげで、転ぶと自力で立ち上がれなくなることが多々ある。
  4. 2005年にはワシントン・ナショナルズの帽子として復活した。

関連項目[編集]

人物(架空人物を含む)関連[編集]

野球漫画の登場人物関連[編集]

  • 左門豊作 - 巨人の星に登場する大洋の選手。1976〜1979年までの「新・巨人の星」では、最終章で球団名が横浜大洋となり、大リーグボール右1号(蜃気楼魔球)を打った場所も横浜スタジアムであり、飛雄馬と初めて会った場所も横浜である。
  • 土門剛介 - ドカベン
  • 橘英雄 - H2。ドラマ版では横浜を経由して大リーグへ挑戦していった。因みに、ドラマ版の制作局は当時の親会社・TBSである。

記録関連[編集]

試合関連[編集]

放送・新聞関連[編集]

本拠地の所在地である横浜市及び神奈川県関連[編集]

応援団関連[編集]

注釈[編集]


外部リンク[編集]

テンプレート:横浜ベイスターズ テンプレート:各年の横浜DeNAベイスターズ

日本プロ野球
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ

読売ジャイアンツ 阪神タイガース 広島東洋カープ 中日ドラゴンズ 横浜DeNAベイスターズ 東京ヤクルトスワローズ

東北楽天ゴールデンイーグルス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ 福岡ソフトバンクホークス オリックス・バファローズ 北海道日本ハムファイターズ